誰がアイヌ(民族)であるか〜琉球民族と縄文人のY染色体D1a2a〜

モンゴロイド人種
https://ja.wikipedia.org/wiki/縄文時代
広告

 人種や宗教や文明が異なるとき、人種や小人種、そして民族に対する定義や認識それ自体が異なる。一般的に、人種や小人種、そして民族は自己が所属するソサエティ(社会)から導かれる。以下では、俺はアイヌ民族を導くソサエティ(社会)を形成する。

広告

アイヌ人とは?

 アイヌ人:アイヌ人とはアイヌ部族の要素である。アイヌ部族とは縄文民族の部分集合である。

 アイヌ人とはアイヌ部族の要素である。アイヌ部族とは縄文民族の部分集合である。縄文民族には、琉球民族とアイヌ民族、そして本土に暮らしていた縄文人(本土民族?)が存在する。

縄文民族

 縄文人とは縄文民族の要素である。縄文民族はモンゴロイド人種の部分集合である。おそらく、縄文民族はアメリカ小人種の部分集合であり、アメリカ小人種はモンゴロイド人種の部分集合である。

縄文民族の部分集合としてのアイヌ

 上記の認識では、俺らはアイヌ人を縄文人の一派として認識する。縄文人の雄もアイヌ人の雄も琉球人の雄もY染色体D1a2aを持つ人々である。大和民族の雄の三割から四割はY染色体D1a2aを持っている。

アイヌとは?歴史的な観点から

 アイヌ人は琉球人や縄文人と同じ縄文民族の要素である。彼らは弥生人、正確には弥生人の雌と通婚しないで取り残された人々である。日本列島における東北地方や九州南部、そして山岳地帯には、顔の濃い日本人が存在する。

この種の大和民族は縄文人の強い遺伝子発現を持っている。アイヌ人や縄文人の場合、彼らはより強い縄文人の遺伝子を持っている。彼らは昔の日本人?の形態を保持し続けている。