中東文明

広告
中東文明

ウバイド文化とウバイド人

ウバイド文化(Ubaid culture,紀元前6500年ごろ -紀元前3500年ごろ)はメソポタミアに誕生した先史文化。灌漑農業の導入による農業の飛躍的発展、車輪の導入、銅器時代などがウバイド期に始まっている。ウバイド文化 TheUbaid period(c. 5500–3900 BC)is aprehistoricperiod ofMesopotamia. The name derives fromTell al-'Ubaidwhere the earliest large excavation of Ubaid period material was conducted initially in 1919 byHenry Halland later byLeonard Woolley.  ナトゥーフ文化の後、土器前新石器時代が始まった。カルディウム土器文化が始まった。その後、ウバイド文化も始まった。ウバイド文化では、銅器が使用された。 ウバイド文化 1.0 (俺系統の認識)ウバイド文化は文化である、それは7500年前にイラク南部(メソポタミア地域)で...
中東文明

カルディウム土器文化〜Y染色体ハプログループE1b1b〜

カルディウム土器(カルディウムどき、Cardium pottery)とは、新石器時代に南ヨーロッパでみられる土器である。以前はCardium edulis(現在はCerastoderma edule)と呼ばれる軟体動物の殻を用いて、土器の粘土に彫刻を施しているため、こう呼ばれる。Impressed wareという別称もある。レバントに起源を発し、バルカン半島南部を中心に、イタリア半島、イベリア半島などでも見られる。カルディウム土器 カルディウム土器文化  俺系統の認識1.0 カルディウム土器文化は文化である、かつそれは8400年前から7500年前にイタリア半島とイベリア北東及びバルカン半島で形成された。  7800年前にクロアチアで発掘された死体はY染色体ハプログループC1a2とE1b1bとG2aに所属するらしい。このE系統は北アフリカ人であった可能性がある。G2a系統はアナトリア農耕民であった可能性がある。mtDNAはH、K、Nであった。俺の印象では、この文化の担い手(カルディウム人)はアナトリア農耕民に遺伝的に類似していた可能性がある。E系統はエジプトから...
中東文明

ナトゥーフ文化(ナトゥフィアン文化)〜Y染色体ハプログループE1b1b〜

ナトゥーフ文化(英語:Natufian culture)は、紀元前12500年から紀元前9500年にかけてレバントに存在した亜旧石器文化。人類史において農耕が始まる前であるにも関わらず、定住あるいは定住に近い生活が行われていた点に特徴がある。 おそらく世界最古の都市であるとされるイェリコは、この時期に建設された。 いくつかの考古学的証拠は、穀物、特にライ麦の計画的な栽培が、ナトゥーフ文化期後半にテル・アブ・フレイラにおいて行われていたことを示しており、これは人類史における最初の農耕の証拠である。ナトゥーフ文化  ナトゥーフ文化(ナトゥフィアン文化)は最古の農耕とみなされる可能性がある。この文化の後に、土器前新石器時代Bが生じた。おそらく、これらの主体のどちらもが古代エジプト人の父系であるだろう。 ナトゥーフ文化(ナトゥフィアン文化)  俺系統の認識1.1 ナトゥーフ文化は文化である、かつそれは1万五千年前から1万年前にレヴァントでおそらくY染色体ハプログループE1b1によって形成された。  ナトゥーフ文化における主体がどの種の言語を話していたのかは不明で...
中東文明

土器前新石器時代B(Pre-Pottery-NeolithicB)〜Y染色体ハプログループE1b1b〜

 以下では、俺は土器前新石器時代Bについて述べるつもりである。この文化はナフティアン文化(ナトゥーフ文化)に関係しているらしい。土器前新石器時代には、AとBとCがあり、1万2千年前から8500年前?まで継続する。 土器前新石器時代B  俺系統の認識1.1 土器前新石器時代は文化である、かつそれは1万年前から8500年前にメソポタミア北部(上部)とレヴァントで形成された。  また、この文化はナフティアン文化と関連する可能性がある。土器前新石器時代はY染色体ハプログループE1b1bによって形成された。俺の印象では、彼らはいわゆる北アフリカ人であり、古代エジプト人に父系では近いように思える。この文化の主体はJ系統でなかった。  Pre-Pottery Neolithic B fossils that were analysed for ancient DNA were found to carry the Y-DNA (paternal) haplogroupsE1b1b(2/7; ~29%),CT(2/7; ~29%),E(xE2,E1a,E1b1a1a1c2...
2022.07.23
中東文明

なぜ豚肉はイスラム教やユダヤ教では禁止されるのか?〜教徒及び民族の定義〜

 一般的に、イスラム教やユダヤ教では、豚肉は禁止されている。そして、その理由はアッラーやヤハウェがそう言ったからである。以下では、俺はこの理由を別の観点から提示するつもりである。 理由  俺系統の思考の規範1.1 もしある主体がイスラム教徒であるならば、その主体は豚肉を食べない。  対偶を取ると、もしある主体が豚肉を食べるならば、その主体はイスラム教徒でない。口語的には、豚肉を食べる、または食べないは、ある主体がイスラム教徒であるのかを表現している。上記はイスラム教徒の行為的な定義である。 ある主体aが存在して、その主体が「俺はイスラム教徒である」と言った。しかし、その主体を観察すると、その主体は豚肉を食べた。この時、その主体の行為は上記の思考の規範1.1「その主体は豚肉を食べない」に反している。だから、その主体aはイスラム教徒でない。 つまり、上記の疑問への回答は次である。なぜイスラム教徒は豚肉を食べてはいけないのか?なぜなら、その行為がある主体がイスラム教徒であるのかどうかを判定している。イスラム教徒がある主体がイスラム教徒であるのかを区別するために...
中東文明

神話とは宗教的には何であるか?〜神話と認識、そして民族〜

 神話(しんわ、英:Myth、Mythology)は、人類が認識する自然物や自然現象、または民族や文化・文明などさまざまな事象を、世界が始まった時代における神など超自然的・形而上的な存在や文化英雄などとむすびつけた一回限りの出来事として説明する物語であり、諸事象の起源や存在理由を語る説話でもある。このような性質から、神話が述べる出来事などは、不可侵であり規範として従わなければならないものとして意義づけられている。神話  以下では、俺は神話の役割を提示する。近代科学の発達は神話の重要性を低下させた。けれども、俺は科学には人間の認識や善悪の判断は存在しないので、宗教書としての神話は "歴史的には" 非常に重要であると審判する。 神話 神話と認識に関する前提  神話と認識に関する前提:任意のホモ・サピエンスが自己の認識を必ずしも持っていない。  任意のホモ・サピエンスが自己の認識を必ずしも持っていない。言い換えると、ホモ・サピエンスと呼ばれる個体には、自己の認識がない個体や種族が存在する。この種の個体は自然界に対する知覚しか持っていない。 つまり、自...
2022.01.27
中東文明

いつ人類の文明は始まったのか?〜シュメール人のメソポタミア文明と神話(ギルガメッシュ)〜

 以下では、俺はいつ人類の文明が始まったのかを宗教的に提示してみる。一般的に、人類の文明は、氷河期の終わりの後、牧畜や農耕を伴って始まったと考えられてきた。この記事では、俺は牧畜や農耕を「生活形態の始まり」と考えて、俺は生活形態を「人類の文明」と認識しない。 人類の文明の始まり 認識の始まり  認識の始まり:人類の文明の始まりとは、ホモ・サピエンスが自己の認識を獲得して、その認識を表現して、かつ記録した時である。  人類の文明の始まりとは、ホモ・サピエンスが自己の認識を獲得して、その認識を表現して、かつ記録した時である。一見すると、上記の文章は当然であり、すごくないように感じる。けれども、俺らはホモ・サピエンスと呼ばれる個体には、自己の認識を持っていない個体が入り混じっていることを認識するとき、自己の認識の獲得を人類の文明の始まりと置くことはそれほどおかしくないように感じる。 例えば、子供は自己の認識を持たない対象である。だから、彼らはいじめという自己の行為を認識することができない。しかし、彼らが成長して、認識能力を獲得するとき、彼らは過去における自...
2021.12.11
中東文明

イスラエルは十字軍国家のユダヤ教徒版か?イスラエルの将来と東洋人の対応

 無宗教の東洋人はイスラエルという宗教的人工国家の意味をいまいち認識できない。なぜ白人があそこに存在するかという疑問が初めに湧いて出てくる。ここで、俺はイスラエルの存在を歴史的観点から捉えて、納得のいく説明を提示しよう。 1:イスラエルは十字軍のユダヤ教徒版  無宗教の東洋人はイスラエルを十字軍のユダヤ教版と認識すると良い。十字軍では、キリスト教徒の白人は国家をなぜか中東のレヴァント地域に建設した。この十字軍国家に対する違和感と現代のイスラエル国に対する違和感は似ている。 イスラエルに対する東洋人の違和感  東洋人がイスラエルを見る時、なぜ白人がそこに存在するかと疑問に思う。ユダヤ教徒の白人はイスラエルを彼らの遺伝的原住地や先住地と信じきっているように思える。もしユダヤ教徒の白人は白人は中東に存在しないと認識しつつ、国家をモンゴル帝国のように建設するならば、東洋人は違和感を覚えない。 なぜなら、その種の行為はチンギス・ハンが西方へと領土を拡張したことに似ている。しかし、チンギス・ハンはペルシャや東欧をモンゴル人の原住地や先住地と考えなかった。それに対して...
2021.11.25
中東文明

なぜイスラム教は偶像崇拝やアッラーやムハンマドの擬人化を禁じるか?

 偶像は、神仏を人間の手で、石や粘土、金属、木など様々な材料を使って像にしたり、絵に描いたりしたもの。またそれを崇拝することが偶像崇拝。イスラーム教では、偶像は人間が作ったものにすぎず、神そのものではないから、それを崇拝することは間違えている、として厳しく禁止している。  イスラム教は偶像崇拝やアッラーやムハンマドの擬人化を禁じてきた。その結果、イスラム教には、ギリシア彫刻のような彫刻が存在してこなかった。なぜイスラム教は偶像崇拝を禁じるのか? 以下で、俺はなぜイスラム教は偶像崇拝を禁じるかを憶測する。また、イスラム教がアッラーやムハンマドの擬人化も禁じるのかについて述べる。ただし、以下では俺の勝手な憶測である。 宗教的な理由  理由:創造主の偶像や肉体を崇拝することは創造主それ自体の崇拝でない。  創造主が自己の肉体や形を持つかどうかはここでは問題にしない。上記では、「偶像は人間が作ったものにすぎず、神そのものではないから、それを崇拝することは間違えている」と提示されている。当然、その解釈も間違いでないだろう。 創造主の形≠創造主  創...
2021.04.04
中東文明

メソポタミア文明の捉え方〜シュメルからアッカド帝国とアッシリア帝国まで

 以下では、俺はメソポタミア文明に対する俺の認識を提示するつもりである。なお、俺は古代エジプト文明を述べない。なぜなら、エジプト人はY染色体ハプログループEに所属する。 一方、古代メソポタミアにおける人々はY染色体ハプログループJに所属するだろう。エジプトと中東は地理的には近いけれども、エジプトは北アフリカであるように感じる。なお、中東地域の面積はインド大陸と同じである。だから、君が中東史を考える時、インド大陸の中の物語を見るような感覚を持つ。 古代メソポタミアにおける登場人種は中東小人種と地中海小人種である。ペルシャやエジプトやメソポタミアは中東人種であったはず。一方、ヒッタイトは地中海人種であっただろう。地中海小人種は西はイベリア半島から東はアルメニアまで東西に広く分布している。 登場人物 Y染色体ハプログループJ(セム語族)  登場人物:Y染色体ハプログループJが古代メソポタミア文明における実質的な主役である。  Y染色体ハプログループJが古代メソポタミア文明における実質的な主役である。おそらく、アッカド帝国のサルゴン王がY染色体ハプログ...
2021.07.16
中東文明

中世中東の歴史〜イスラム教の勃興から東ローマ帝国の消滅まで

習近平  古代メソポタミア文明は「こちら」から  無宗教の東洋人、特に日本人や朝鮮人は中東の歴史を感覚的に把握することは非常に難しい。ここで、俺は東洋人が中東の歴史を捉える方法を提示する。 ここで、俺は中世中東の歴史をイスラム教の勃興600年〜東ローマ帝国の滅亡1400年までと認識する。特に意味はない。  三分割法:君は任意の時代を三分割する。その後、君は分割された単位時代をさらに分割する。3^nになるように!  上記の方法を採用するとき、中世中東の歴史は「イスラム教の勃興600年〜十字軍1100」と「十字軍〜モンゴル帝国1200」と「モンゴル帝国〜東ローマ帝国1400」に分割する。その後、君は各時代をさらに分割しよう。 イスラム教の勃興の前の状態(初期状態)  イスラム教の勃興時の初期状態:ササン朝ペルシアが存在した。東ローマ帝国(ピザンツ)も存在した。  パルティア(紀元前200〜紀元後200年で漢帝国に対応)が滅びた後、ササン朝ペルシアが起こった。当時、ローマ帝国も健在であったが、約500年にゲルマン人による侵略と破壊によって...
2021.11.25
広告
タイトルとURLをコピーしました