土器前新石器時代B(Pre-Pottery-NeolithicB)〜Y染色体ハプログループE1b1b〜

広告

 以下では、俺は土器前新石器時代Bについて述べるつもりである。この文化はナフティアン文化(ナトゥーフ文化)に関係しているらしい。土器前新石器時代には、AとBとCがあり、1万2千年前から8500年前?まで継続する。

広告

土器前新石器時代B

 俺系統の認識1.1 土器前新石器時代は文化である、かつそれは1万年前から8500年前にメソポタミア北部(上部)とレヴァントで形成された。

 また、この文化はナフティアン文化と関連する可能性がある。土器前新石器時代はY染色体ハプログループE1b1bによって形成された。俺の印象では、彼らはいわゆる北アフリカ人であり、古代エジプト人に父系では近いように思える。この文化の主体はJ系統でなかった。

 Pre-Pottery Neolithic B fossils that were analysed for ancient DNA were found to carry the Y-DNA (paternal) haplogroups E1b1b (2/7; ~29%), CT (2/7; ~29%), E(xE2,E1a,E1b1a1a1c2c3b1,E1b1b1b1a1,E1b1b1b2b) (1/7; ~14%), T(xT1a1,T1a2a) (1/7; ~14%), and H2 (1/7; ~14%). The CT clade was also observed in a Pre-Pottery Neolithic C specimen (1/1; 100%).[15] Maternally, the rare basal haplogroup N* has been found among skeletal remains belonging to the Pre-Pottery Neolithic B,[16] as have the mtDNA clades L3[16] and K.[17]

https://en.wikipedia.org/wiki/Pre-Pottery_Neolithic_B

ナトゥーフ文化がレヴァントで生じた後、この土器前新石器時代が生じた。これらの文化の主体はY染色体ハプログループE1b1bであった。このEは中東へと進出していた。

タイトルとURLをコピーしました