イスラエルは十字軍国家のユダヤ教徒版か?イスラエルの将来と東洋人の対応

歴史

 無宗教の東洋人はイスラエルという宗教的人工国家の意味をいまいち認識できない。なぜ白人があそこに存在するかという疑問が初めに湧いて出てくる。ここで、俺はイスラエルの存在を歴史的観点から捉えて、納得のいく説明を提示しよう。

1:イスラエルは十字軍のユダヤ教徒版

 無宗教の東洋人はイスラエルを十字軍のユダヤ教版と認識すると良い。十字軍では、キリスト教徒の白人は国家をなぜか中東のレヴァント地域に建設した。この十字軍国家に対する違和感と現代のイスラエル国に対する違和感は似ている。

イスラエルに対する東洋人の違和感

 東洋人がイスラエルを見る時、なぜ白人がそこに存在するかと疑問に思う。ユダヤ教徒の白人はイスラエルを彼らの遺伝的原住地や先住地と信じきっているように思える。もしユダヤ教徒の白人は白人は中東に存在しないと認識しつつ、国家をモンゴル帝国のように建設するならば、東洋人は違和感を覚えない。

なぜなら、その種の行為はチンギス・ハンが西方へと領土を拡張したことに似ている。しかし、チンギス・ハンはペルシャや東欧をモンゴル人の原住地や先住地と考えなかった。それに対して、ユダヤ教徒の白人はイスラエルを彼らの人種的先住地または原住地と錯覚しているように思える。

もしモンゴル人が東欧やペルシャを彼らの人種的原住地や先住地と誤認したならば、東洋人の大部分はそれは違うと突っ込んだだろう。

十字軍とイスラエルの類似点

 中世における十字軍のキリスト教徒の白人と現代におけるユダヤ教徒の白人は非常に似ている。どちらも非常に宗教的であり、かつ主語が狂っている。俺の憶測によると、中世におけるキリスト教徒の白人もイスラエルを彼ら自身の人種的故郷と誤認していた。

ユダヤ教徒の白人のイスラエル国民を見ると、彼らは彼ら自身を古代のユダヤ人?と信じきっているように見える。俺の憶測によると、十字軍に関係した中世におけるキリスト教の白人もまた彼ら自身を古代のキリスト教徒の中東小人種や地中海小人種と信じ切っていたように思える。当然、彼らは宗教的には関係するが、人種的には無関係である。

アメリカとイスラエル

 アメリカは十字軍を支援していた欧州に対応する。アメリカとイスラエルの関係は欧州大陸と十字軍国家の関係に非常に似ている。欧州におけるキリスト教徒の王様が十字軍にお金をかけていたように、アメリカもまた大金をイスラエルに投じてきた。

当然、アメリカによるイスラエル支援はユダヤ教徒の白人のアメリカ国民による政治活動の結果もある。しかし、たとえ仏教徒の東洋人が強力なロビー活動をするとしても、キリスト教徒の白人は仏教の聖地を守ることやそのために戦争することに強く反対するだろう。結局、中世の王様が十字軍を支援したのが、彼らの宗教がキリスト教であったからであるように、米国がキリスト教国家だからこそイスラエル支援が成立しているように見える。

アメリカ合衆国の成立それ自体が ‘ キリスト教的な神の国家の建設 ‘ であった。国家成立それ自体がイスラエル地域に密接に関係している。イスラエル地域の存在なくして、アメリカ合衆国は存在しないだろう。

習近平
習近平

 ちなみ、アメリカ大陸は私たちモンゴロイド人種の先住地及び原住地、そして所有物である。アメリカ大陸をモンゴロイド 人種に返して!

 「アメリカ大陸を俺らモンゴロイド人種の手に取り戻す方法

 「シェールガスはモンゴロイド 人種の所有物

2:イスラエルの将来

 イスラエルの将来は暗いだろう。キリスト教徒の十字軍が滅亡したように、イスラエルも滅亡するだろう。

数の劣勢〜白人の数の減少〜

 イスラエルにおける白人の数は非常に少ない。それに対して、中東小人種の数は多い。たとえ白人がインドに国家を建設するとしても、その白人はやがてインド人に飲み込まれるだろう。同様に、白人も中東小人種に飲み込まれるだろう。

イスラエル国は表面的には ‘ ユダヤ教徒 ‘ の国家である。しかし、ユダヤ教徒の ‘ 白人 ‘ がいなくなると、イスラエル国は滅亡するだろう。イスラエル国は ‘ ユダヤ教徒 ‘ の数でなく、ユダヤ教徒の ‘ 白人 ‘ の数を増加させないと意味がない。

アメリカとの同盟の理由もユダヤ教徒の一部の優秀さの原因も、イスラエルの中心が白人の存在であるからである。アメリカ合衆国の超大国とその維持が白人のおかげであったように、イスラエル国の存在とその維持もまた白人のおかげである。もし白人の数が減少するならば、米国もイスラエル国も確実に滅亡するだろう。

人工的すぎる〜自然の否定と自然な生態系の破壊〜

 イスラエルは人工的すぎる。白人の弱点は自然の否定と超人工性である。性欲という自然が否定されると、その集団は滅亡するように、自然を否定した国家はその状態を維持できないだろう。

白人がアメリカ大陸や中東地域に住んでることはホッキョクグマがインド大陸に住んでることに等しい。その状態は不自然である。この種の不自然さは自然な生態系の破壊の結果である。

白人の肌の色が白いのは彼らが紫外線量のない地域に住んできたからである。不自然な状態は一時的な状態であり、その状態は基本的に継続しない。インド大陸におけるホッキョクグマがその土地に遺伝的に適応しない限り、そのホッキョクグマは生存競争に敗北するだろう。

 カナダ及びアメリカを含む北米がおかしくなり始めているのは、アメリカ大陸における白人及び黒人の存在の ‘ 不自然さ ‘ である。不自然な状態とは、生物学的には、自然な生態系が破壊された状態である。不自然な状態とは、人間社会的には、自然な原住民(俺らモンゴロイド人種)が奴隷化され家畜化された状態である。

モンゴロイド人種がアメリカ大陸を取り戻そうとするとき、北米は崩壊するように、中東小人種がイスラエル地域を白人から取り戻そうとするとき、イスラエル地域における白人は滅亡するだろう。

中東小人種に対する白人小人種の文明的な劣等さ

 ユダヤ教もキリスト教もイスラム教も中東やレヴァント地域発祥である。それらは欧州大陸発祥でない。東洋人が東南アジア人やアメリカ人(アメリカモンゴロイド 人種)を尊敬しないように、中東人は白人を尊敬しない。

白人が彼ら自身の文明を形成しない限り、イスラエルは存続しないだろう。なぜなら、白人小人種に対する中東小人種の文明的な尊敬が存在しない。ユダヤ教徒の白人の優秀さは彼らの遺伝的な優秀さである(キリスト教の白人も同じ)。

http://oreranitsuite.com/2020/01/11/なぜ白人やナチスは優生学を好んだか?白人至上/

3:東洋人の対応

 東洋人がイスラエル国や白人を見るとき、東洋人は強烈な違和感を覚えるだろう。東洋人は彼らを否定したり、批判したりすべきでない。東洋人は白人はあの種の思考を遺伝的に好むと考えて、きちんと対策をとるべきである。

俺の印象によると、白人の奇妙な性質はふざけているのでなく、遺伝的な原因由来である。そのため、たとえ東洋人が白人をその性質に関しておかしいと批判するとしても、彼らは何を指摘されているかをいまいち ‘ 認識 ‘ できない。

中東は昔からあんな感じなので、放置〜損害的正当性〜

 中東は昔から紛争地域である。だから、東洋人はあの状態が平常であると認識する。ほとんどの東洋人はイスラエルにもパレスチナにも興味を持っていないだろう。

東洋人がイスラエルを含む他国に関係するとき、照合的正当性でなく、損害的正当性を試みる。損害的正当性とは、物事の是非を自己への損害で測定する状態である。それに対して、照合的正当性とは、物事の是非を文字との照合で測定する状態である。

たとえインド人がインド大陸で他のインド人を食べるとしても、もしその行為が東洋人に対する損害にならないのであれば、東洋人に無関係であるので、その行為は正当である。だから、東洋人はそのインド人に干渉すべきでない。なぜなら、その行為はインド人の問題であり、彼らが解決すべき問題である。

白人は主語がおかしい〜脳みそワキガ〜

 白人は主語に対する認識能力を持っていない。これは遺伝的な性質である。だから、たとえ君が白人はイスラエルの緯度に存在しないと主張するとしても、彼らはそれを把握できない。

東洋人が白人に接するとき、東洋人は白人は主語を認識・把握できないと思うべきである。白人は主語を正確に認識できないので、彼らは彼ら自身が誰であるかをいまいち認識できてこなかった。だから、彼らの形成する社会は ‘ 脳みそワキガ的 ‘ である。

白人は構成を得意とするが、認識や把握が苦手

 白人は ‘ 構成的思考 ‘ を持ち、世界を人工的に構成することに長けている。例えば、国家や ‘ 試合としての戦争 ‘ を人工的に構成することに長けている。しかし、彼らは現実を把握することを苦手とする。だから、白人の宗教的な問題や中東情勢は東洋人にとって意味不明である。

白人は世界を文字を用いて人工的に構成しようとする。白人はその構成された情報が現実と対応するかに注意する。白人の思考は非常に実験科学的である。

http://oreranitsuite.com/2020/01/01/なぜホロコースト否定は欧州(ドイツ)では違法/

タイトルとURLをコピーしました