東洋文明における人種(race)

言語
広告

 人種や宗教や文明が異なるとき、人種(race)に対する認識それ自体が異なる。つまり、西洋文明におけるraceは東洋文明における人種に等しくない。以下で、俺は東洋文明における人種を俺の認識に基づいて提示する。

広告

1章 人種(race)

 共通認識 人種とは、サピエンス遠人種の部分集合である。

 人種とは、サピエンス遠人種の部分集合である。下記で見るように、人種には、コーカサス人種とモンゴロイド人種とネグロイド人種が存在する。加えて、俺はオーストラロイド人種と南インド人種を認識している。

俺の認識では、それぞれの人種は異なる猿から進化した。または、進化論によると、それぞれの人種は3万年〜5〜7万年の遺伝的な分岐の結果として生じた。それぞれの人種は交雑を可能とするが、子孫が不妊にならないのかは不明である。また、人種は人工的な概念でなく、生物的な事実である。

2章 人種の具体例

 人種には、コーカサス人種とモンゴロイド人種とネグロイド人種が存在する。加えて、俺はオーストラロイド人種と南インド人種を認識している。

1節 コーカサス人種

 コーカサス人種とは、サピエンス遠人種の部分集合である。彼らは欧州、地中海、そして中東を彼らの自然な生息地として所有する。コーカサス人とは、コーカサス人種の要素である。

2節 モンゴロイド人種

 モンゴロイド人種とは、サピエンス遠人種の部分集合である。彼らは東洋、東南アジア、そしてアメリカ大陸を彼らの自然な生息地として所有する。モンゴロイド人とは、モンゴロイド人種の要素である。

3節 ネグロイド人種

 ネグロイド人種とは、サピエンス遠人種の部分集合である。彼らはサブ・サハラを彼らの自然な生息地として所有する。ネグロイドとは、ネグロイド人種の要素である。

4節 オーストラロイド人種

 オーストラロイド人種とは、サピエンス遠人種の部分集合である。彼らはオーストラリア大陸を彼らの自然な生息地として所有する。オーストラロイド人とは、オーストラロイド人種の要素である。

5節 南インド人種

 南インド人種人種とは、サピエンス遠人種の部分集合である。彼らはインド大陸を彼らの自然な生息地として所有する。南インド人種人とは、南インド人種の要素である。

人種や宗教や文明が異なるとき、人種(race)や小人種(subrace)に対する認識それ自体が異なる。つまり、西洋文明におけるraceは東洋文明における人種に等しくない。以下で、俺は東洋文明における小人種を俺の認識に基づいて提示する。

東洋文明における小人種(subrace)

1章 小人種(subrace)

 共通認識 小人種とは、人種の部分集合である。

 モンゴロイド人種の小人種には、東洋小人種と東南アジア小人種とアメリカ小人種が存在する。コーカサス人種の小人種には、欧州小人種と地中海小人種と中東小人種が存在する。ネグロイド人種の小人種には、西アフリカ小人種と中南部アフリカ小人種と東アフリカ小人種が存在する。

人種と同様に、小人種も遺伝的な分岐の結果として生じる。俺の認識では、小人種は1万年〜3万年の遺伝的な結果として生じる。なお、小人種も人工的な概念でなく、生物的な事実の結果である。

2章 モンゴロイド人種の小人種の具体例

1節 東洋小人種

 東洋小人種とは、モンゴロイド人種の部分集合である。彼らの自然な生息地は東洋地域である。東洋人とは、東洋小人種の要素である。

2節 東南アジア小人種

 東南アジア小人種とは、モンゴロイド人種の部分集合である。彼らの自然な生息地は東南アジア地域である。東南アジア人とは、東南アジア小人種の要素である。

3節 アメリカ小人種

 アメリカ小人種とは、モンゴロイド人種の部分集合である。彼らの自然な生息地はアメリカ地域である。アメリカ人とは、東南アジア小人種の要素である。

言語
広告
俺らについて