メラネシア人は黒人なのか

ホモ・サピエンス生物種
https://ja.wikipedia.org/wiki/メラネシア人
広告

 人々の一部はメラネシア人を「黒人」のように扱ってきた。実際、彼らの肌の色は黒いので、黒人と呼んでも間違いでないかもしれない。けれども、彼らの人種はネグロイド人種でない。

広告

1章 メラネシア人

 認識 メラネシア人の人種はオーストラロイド人種である。

 おそらく、メラネシア人の人種はオーストラロイド人種である。彼らは遺伝的にはアボリジニ人に近い。当然、小人種に関する遺伝的な違いは存在するだろう。

しかし、彼らの人種はネグロイド人種でない。彼らの肌の色は紫外線量の結果であり、ネグロイド人種には無関係である。実際、ネグロイド人種とオーストラロイド人種では、気質や体格や骨格が遺伝的に異なるように見える。

メラネシア人(メラネシアじん、Melanesian)は、西南太平洋メラネシアに住む人々の総称。広義にはパプア人を含める場合もある[1]。人種的にはモンゴロイドと混血したオーストラロイド系の民族であるが、島嶼間の交流の結果、様々な移住者が入ったことから体格・風貌も様々であり、人種的特徴を一概に挙げることは困難である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/メラネシア人

様々な移住者が白人であるならば、人種浄化や民族浄化が存在しただろう。メラネシア人がモンゴロイド人種やコーカサス人種の遺伝子を持っていることは彼らにとって不幸であり、遺伝子汚染の結果であった。遺伝子汚染は悪い(レッドカード)。

2章 人種と肌の色

 共通認識 人種と肌の色は基本的に一致しない。

 英語では、欧州人はwhiteと呼ばれる。英語では、ネグロイド人はblackと呼ばれる。アングロサクソンの言語は非常に直感的であり、彼らはまるで動物のように見たまんまを表現する。

動物は色を始めに捉え、次に形を捉える。アングロサクソンの言語も同様である。その結果、英語による人種の表現は非常に不正確であり、メラネシア人やネグロイド人種との中間種ですら、blackになる。

もし俺らが人間に対する正確な表現を求めるならば、この不正確さは悪い。俺らは黒人でなく、アフリカ人やネグロイド人と呼ぶべきである。繰り返すが、ネグロイド人種の肌の色は彼らの先祖が直射日光を長い間浴びてきたからである。