メラネシア人は黒人なのか

人間について

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

答えはいいえ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼らはサブサハラ人種(ネグロイド人種)でない。

白人種は黒人を「黒」と呼んできた。しかし、東洋人の一部はその呼び方に違和感を覚えてきた。なぜなら、人種と肌の色は厳密に結びつかない。

肌の色は紫外線量に関係する。厳密には、人種とは無関係である。その例として、アルビノのサブサハラ人は黒くない。しかし、彼の人種はサブサハラ人種である。過去における分岐とその維持が人種に関係する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エックスサーバー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記の画像はアボリジニの子供達である。彼らの肌の色も浅黒いが、彼らも黒人でない。彼らの人種はオーストラロイド人種である。

彼らはイギリス人によって虐殺されてきた。イギリス人は彼らを絶滅に追いやった。アメリカモンゴロイド人種のように。

この金髪も白人由来でないはず。彼らはコーカサス人種でない。人種や民族、部族、性別は分岐であり、それは肌の色や金髪と完全に一致しない。

しかし、白人種の一部は彼らですら「黒」と呼びそうである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なぜ白人種はこの種の思考的行為を好むのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それには、遺伝的な原因と文化的な理由が存在する。

・彼らの認識能力は東洋人のそれと異なる。

白人種は箪笥それ自体でなく、箪笥の引き出しを見る。彼らは the number of objects や the color of a human みたいな表現を好む。俺の印象によると、彼らは the number やthe color に注意を払う。

それに対して、東洋人は the objects や the human に注意を払う。彼らは黒人それ自体をみる。彼らはメラネシア人それ自体をみる。彼らは対象それ自体、箪笥それ自体をみる。色や数は後回し。

・英語話者は単語の名字?を気にしない。

日本語における黒人は黒+人である。その直訳はブラック・ヒューマンである。しかし、英語話者は黒人と「黒」と呼ぶ。要するに、白人種は対象の所属に注意を払わない。その結果、人種に関するある種の混乱が観察される。

 ブラック・ネグロイドやブラック・アボリジニと呼べば良い。そのとき、混乱が収まるだろう。

タイトルとURLをコピーしました