欧州半島(場)

広告
コーカサス人種

チェダーマン(Cheddar Man)はY染色体ハプログループI(I2)〜青い眼と黒い肌〜

Analysis of his nuclear DNA indicates that he was a typical member of the western European population at the time, with lactose intolerance, probably with light-coloured eyes (most likely green but could be blue or hazel), dark brown or black hair, and dark to black skin.Brown eyes, lactose tolerance, and light skin are common in the modern population of the area. These genes came from later immigration, most of it ultimately from two major waves, the first of Neolithic farmers from the Near Ea...
2021.09.18
欧州小人種

なぜフィンランド人(フィン人)はY染色体ハプログループNを持つか?〜ウラル語族〜

観察頻度はネネツ人に97%、ガナサン人に92%、ヤクート人に88%、フィン人に63%、チュクチ人に58%、サーミ人に47%、エストニア人に41%、ユカギール人に31%、ロシア人に20%などである。ウラル語族との関連が想定される。フィン・ウゴル系にN1a1、サモエード系にN1a2が多い。ハプログループN_(Y染色体)  上記の引用では、フィンランド人(フィン人)はY染色体ハプログループNを持つらしい。そして、彼らの言語はウラル語族であるらしい。けれども、フィン人の外見(人種的な形質)は完全なる欧州人(白人)である。以下では、俺はその理由を提示するつもりである。 フィンランド人 理由  俺の認識 フィンランド人はY染色体ハプログループNを持つ新モンゴロイド人種の雄に生存競争で完全に敗北した結果、彼らは自己のY染色体ハプログループと自己の語族を失った。  フィンランド人は新モンゴロイド人種の雄系統のY染色体ハプログループNを持ち、その語族(ウラル語族)を持った。フィンランド人の本来のY染色体ハプログループや語族は不明であるが、Y染色体ハプログループIでないか...
ネグロイド人種

ジャン・ベレニュク(Zhan Beleniuk)とウクライナ国民、そしてゼレンスキー大統領〜ウクライナ唯一の金メダリストでアフリカに帰れ〜

 東京五輪レスリング男子グレコローマン87キロ級で金メダルを獲得したジャン・ベレニュク(ウクライナ)が、帰国後にキエフ中心部で若者に人種差別を受けたことを明かし、同国のゼレンスキー大統領が怒りを見せている。ベレニュクは黒人としては同国初の国会議員で、五輪金メダリストという人物。ロシア「RT」によると、ベレニュクは若者に「アフリカに帰れ!」などと罵声を浴びせられたことをSNSに投稿した。(省略)この事実は同国で大きな波紋を呼び、すでに警察当局は捜査を開始。ウクライナのボロディミル・ゼレンスキー大統領はツイッターで「ジャン・ベレニュクのおかげでウクライナの国歌が流れた! 彼はウクライナの最も価値のある人間の一人です! 私たちの人々は彼を誇りに思っています! そして、ウクライナでは人種差別や排外主義は受け入れられない!」と怒りをあらわにしている。  以下では、俺は上記の速報の読み方を提示する。大和民族は宗教に無知であるが、この状態は非常に悪い。キリスト教徒の白人とユダヤ教徒の白人の仲の悪さは知識としては知っておいた方が良い。 ジャン・ベレニュク ジャン・ベレニュク ...
広告
大和民族

医師の小野昌弘(masahirono)とコロナとスイスチーズモデル〜イギリスのインペリアルカレッジロンドンで免疫学者〜

 小野昌弘が木下喬弘(救急医のTaka)などと問題になっている。彼らはコロナに関する政策やスイスチーズモデルに関する著作権について食い違っている。以下では、俺は異なる観点から見た大和民族の医者の問題を提示する。 小野昌弘 問題点  俺の認識 小野昌弘は自己の宗教を伝達せずに、ワクチン接種の善悪や社会における公平や平等について述べている。  小野昌弘は自己の宗教を明らかにしないので、誰も小野昌弘がどの宗教系統の善悪を持っているのかを知ることができない。小野昌弘は自己の発言や自己の行為に責任を負いたくないので、小野昌弘は彼自身の宗教を明らかにしないように思える。俺にとって、この種の状態は非常に卑怯であり、この卑怯は礼に反して、非常に悪い(レッドカード)。 例えば、小野昌弘がワクチン接種について語るとき、小野昌弘はワクチン接種が善であるのか、悪であるのかを判断する必要がある。そのとき、小野昌弘は接種行為の善悪をどの系統の宗教が与える善悪(レッドカード)で判断するのかを表現する必要がある。小野昌弘はサッカー系統の善悪で接種行為の善悪を明らかにするのかを表現する。...
2021.09.18
欧州小人種

ウクライナ人はロシア人と同じ民族であるか?〜欧州人の奇妙な民族観〜

 俺はロシア人とウクライナ人は同じ東スラブ民族であると審判する。けれども、ウクライナ人はロシア人と同じ民族に括られることを嫌っているように見える。以下では、俺はロシア人とウクライナ人の人種と小人種と民族を東洋文明の視点から提示するつもりである。 ロシア人とウクライナ人に関する生物的な事実 人種(race)  人種:ロシア人の人種はコーカサス人種である。ウクライナ人の人種はコーカサス人種である。  ロシア人の人種はコーカサス人種である。ウクライナ人の人種はコーカサス人種である。従って、ロシア人の人種はウクライナ人の人種に等しい。 小人種(subrace)  小人種:ロシア人の小人種は欧州小人種である。ウクライナ人の小人種は欧州小人種である。  ロシア人の小人種は欧州小人種である。ウクライナ人の小人種は欧州小人種である。従って、ロシア人の小人種はウクライナ人の小人種に等しい。 民族(sub-subrace)  民族:ロシア人の民族は東スラブ民族である。ウクライナ人の民族は東スラブ民族である。  ロシア人の民族は東スラ...
大和民族

ウスマン・デンベレとアントワーヌ・グリーズマンによる日本人侮辱(大和民族)

 バルセロナに所属するフランス代表のFWウスマン・デンベレとFWアントワーヌ・グリーズマンが日本人と思われる男性を侮辱する映像がSNS上に流出し、物議を醸しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。映像に収められていたのは、滞在したホテルの部屋でPES(ウイニングイレブン欧州版)をプレーするため、現地のスタッフを呼んだ時の場面だ。 スタッフがテレビの設定などを行う中、デンベレが「こんな醜い顔をして恥ずかしくないのか」「どんな後進国の言葉なんだ」「お前の国は技術的に進んでいるのか、いないのか」などと発言したという。  撮影者はデンベレとみられ、離れた位置から男性スタッフの顔をアップで撮るシーンなどもあった。動画にはグリーズマンも映っており、何か聞き取れない言葉を口にした後、デンベレと一緒に笑っているところが確認されている。  俺が上記の速報(動画)を見た後、俺は感じた違和感を提示する。大和民族はなぜか黒人に同情するが、彼らは彼ら自身が黒人に人種的に侮辱されていることをいまいち認識していない。彼らは西側白人の真似をして、黒人に同情するので、笑える。 ウスマン・デ...
欧州小人種

ゲルマン語基層言語説は正しいか?〜Y染色体ハプログループIとY染色体ハプログループR(印欧語族)〜

 ゲルマン語基層言語説(Germanic substrate hypothesis)は、ゲルマン祖語の成立において、非印欧語の基層言語が存在したという説である。インド・ヨーロッパ語族の文脈の中でゲルマン語の独特の性質を説明しようとするもので、他のインド・ヨーロッパ語族では認識されていないように見える一般的なゲルマン祖語の語彙と構文の要素に基づき、ゲルマン祖語は非インド・ヨーロッパ語族の基層言語を包含したクレオール言語または接触言語であると主張する。ゲルマン語基層言語説  個人的には、俺はY染色体ハプログループIを持つ欧州人の言語は印欧語族でないかったと憶測する。以下では、俺はゲルマン語基層言語説は正しいかを俺の霊感で提示する。俺は欧州人の本当の言語はY染色体ハプログループIの言語であり、印欧語族でなかったと宗教的に結論づける。 ゲルマン語基層言語説は正しいか 白人の基層言語は? 俺の霊感:白人の本当の言語はY染色体ハプログループIの言語であった。  白人の本当の言語はY染色体ハプログループIの言語であった。個人的には、この言語が欧州人の言語であった...
欧州小人種

アルバート・アインシュタインのY染色体ハプログループがE1b1b1であったことはユダヤ人(ユダヤ教徒)を示唆するのか?

 Albert Einsteinis alleged to belong to YHaplogroup E.Tested Einsteins from Germany belong to E1b1b1b2* (cluster SNP PF1952, formerly known as the E-Z830-B or "Jewish cluster").A patrilineal descendant of Naphtali Hirsch Einstein (1733–1799), Albert Einstein's great-grandfather, Prince-Bishopric of Augsburg of the Holy Roman Empire, was tested and belonged toE-M35(E1b1b1).  上記の情報が事実であるのかは不明である。以下では、俺はアルバート・アインシュタインのY染色体ハプログループがE1b1b1であったことについて提示する。 アインシュタインのとY染色体ハプログループ アインシュタインのY染色体ハプ...
欧州小人種

北欧神話とY染色体ハプログループR1bとI〜アングロ・サクソンやゲルマン人やノルマン人〜

 北欧神話(ほくおうしんわ、アイスランド語:Norræn goðafræði、ノルウェー語:Norrøn mytologi、スウェーデン語:Nordisk mytologi、デンマーク語:Nordisk mytologi)は、キリスト教化される前のノース人の信仰に基づく神話。スカンディナビア神話とも呼ばれている。ゲルマン神話の一種で、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、アイスランドおよびフェロー諸島に伝わっていたものの総称。普通、フィンランド神話とは別系統のものとされる北欧神話  一般的に、北欧神話は北欧のゲルマン民族の神話であると考えられている。けれども、俺は北欧神話の視点はゲルマン民族でないように感じる。以下では、俺は北欧神話の視点を提示する。 北欧神話の始まり  北欧神話には、主神オーディーンの先祖と巨人族が登場する。巨人族の始祖ユミールは空間の隙間から生まれたらしい。その後、ユミールの体から、巨人の子孫たちが生まれた。 一方、主神オーディーンの父はボルであり、母は巨人族の娘である。そして、ボルの父はブリである。このブリは塩の岩から牛が舐めることによっ...
広告