北米大陸(場)

広告
大和民族

カナダの寄宿学校跡地における200人の子供の遺骨に対する大和民族の反応〜shichiromとkw_mtl〜

 カナダのカムループスで、先住民の子どもたちのために建てられた寄宿学校の跡地から200人を超える3歳以上の子どもたちの遺骨が発見された。同国のCBCニュースが報じている。同局によると、遺骨は特殊なレーダーで発見されたが、発掘はまだ行われていない。また、現在も捜索が続いていることから、発見される遺骨の数は増える可能性がある。  以下では、俺は上記の速報に対する大和民族の反応行為を提示する。俺らが上記の速報に対する大和民族の行為を見るとき、俺は大和民族は自己の人種を認識できないと審判する。たとえ大和民族がこの速報を見るとしても、彼らは他人事のように傍観するか、この速報を悪用して、日本政府や中国に対する批判のきっかけにしようとする。 この速報を読んだ後、俺は自己の人種(モンゴロイド人種)の子供たちが(おそらく)虐殺されて、非常に悲しくなった。俺は俺らの子供達に対する欧州人の行為を強く批判する。 大和民族の反応行為  大和民族の反応行為:たとえ大和民族がこの速報を見るとしても、彼らは自己の人種(モンゴロイド人種)が虐殺されたと "遺伝的に" 認識できない。 ...
欧州小人種

マージョリー・テイラー・グリーン(Marjorie Taylor Greene)とアングロ・サクソンの伝統の回帰

 テイラー・グリーンがアングロ・サクソン伝統の政治に回帰せよと主張したらしい。その主張に対して、アメリカ国民の大部分は反対した。以下では、俺はテイラー・グリーンの発言を分析してみよう。 テイラー・グリーンの人種と小人種と民族  テイラー・グリーンの人種と小人種と民族:テイラー・グリーンの人種はコーカサス人種である。テイラー・グリーンの小人種は欧州小人種である。テイラー・グリーンの民族は(名前の上では)イギリス民族である。  テイラー・グリーンの人種はコーカサス人種である。テイラー・グリーンの小人種は欧州小人種である。テイラー・グリーンの民族は(名前の上では)イギリス民族である。また、彼女の自己認識はアングロ・サクソンであるらしいので、彼女の部族はイングランド部族である。 人種  これは写真から自然に認識されるように、テイラー・グリーンの人種はコーカサス人種である。コーカサス人とはコーカサス人種の要素である。テイラー・グリーンはコーカサス人である。 小人種  これは写真から自然に認識されるように、テイラー・グリーンの小人種は欧州小人種である...
欧州文明

なぜユダヤ教徒の白人は問題をいつも引き起こすのか?〜アメリカ合衆国は乗っ取られているか?〜

 ユダヤ教徒の白人は米国で強力な経済能力を持っている。ユダヤ教徒の白人は多様性や米国への移民や白人の人種比率の低下に賛成している。キリスト教徒の白人はユダヤ教徒の白人の行為を米国を破壊するだろうと予想している。 そのため、彼らはユダヤ教徒の白人はキリスト教社会をいつも破壊する。彼らは米国も破壊しようとしていると考えてきた。以下では、なぜこの種の状態がいつも発生するのかを提示する。 つまり、キリスト教徒の白人が社会や国家を形成する。その後、ユダヤ教徒の白人がその社会へと入ってきて、学術や経済で力を持つ。その後、ユダヤ教徒の白人がキリスト教の社会を破壊して、キリスト教徒の白人が切れて、ユダヤ教徒の白人を虐殺する。 理由  理由:キリスト教の白人はユダヤ教徒の白人を適切に管理・統治できないので、ユダヤ教徒の白人が自己の社会を形成できないのに台頭する。  キリスト教の白人はユダヤ教徒の白人を適切に管理・統治できない。そのため、彼らは問題を引き起こすユダヤ教徒の白人も統治できない。その結果、キリスト教の白人のキリスト教社会はユダヤ教徒の白人によっていつも破壊さ...
広告
文明

アメリカ合衆国が分裂する時、大和民族(日本人)が発言・行動するべきこと

 俺はアメリカ合衆国は分裂するだろうと予想する。以下では、俺はアメリカの分裂に関して、日本人が主張すべき行為を提示する。なお、俺らは傍観行為も実行すべきでない。 善な発言〜すべき発言〜  善な発言:俺らは「俺らはアメリカ大陸における欧州人(非自然民)の国民国家を永遠に正当と認識しない」と宣言する。  俺らは「俺らはアメリカ大陸における欧州人(非自然民)の国民国家を正当と認識しない」と宣言する。要点は「非自然民」と「国民国家」と「永遠に正当と認識しない」である。以下では、俺らは3つの理由を提示する。 非自然民  欧州人は欧州大陸における自然なホモ・サピエンスであってきた。だから、彼らは彼ら自身の国家を欧州大陸で建設することが自然である。たとえアメリカ合衆国が崩壊するとしても、分裂してできた国家たちはアメリカ大陸における自然なホモ・サピエンスによる国家でない。 その状態は欧州人がサブサハラ地域に新たな国家を建設することに似ている。その場合、ネグロイド人種はアフリカ分割の継続をその国家群に見出すだろう。もし俺らが近代から継続してきた白人帝国主義を完全...
欧州小人種

ハンター・バイデンのスキャンダル(薬物コカインと猥褻動画)〜なぜ白人貴族は駄目なのか?〜

 ハンター・バイデンは米国大統領ジョー・バイデンの息子である。彼には、薬物疑惑や猥褻動画の流出などのスキャンダルが生じている。俺がこの種の白人貴族のだらしなさを見るとき、俺はなぜ彼らは統治者であるのにこのように駄目であるのかを疑問に思ってきた。 以下では、俺は白人貴族の駄目さの理由を提示する。さらに、俺はなぜ西洋文明は民主制度を採用したのかを提示する。 駄目さの理由  駄目さの理由:未開人や未開地域では、管理者や統治者が基本的に無能である。  未開人や未開地域では、管理者や統治者が基本的に無能である。なぜなら、文明と未開の違いの一つには、「統治(管理)の有無」が存在する。未開人は統治が何であるのかを認識できないので、彼らは自己の社会や国家や文明、宗教を彼ら自身で発達させれない。 ハンター・バイデン  ハンター・バイデンの駄目さは彼自身の駄目さでない。白人貴族や白人の統治者の駄目さの象徴である。西洋の本格的な台頭は産業革命以降であり、西洋の世界覇権はアヘン戦争以後である。 彼らは世界史における新入りであり、それまでは未開であって...
欧州文明

Twitchの削除人Steph Loehr(ステフ ローアー)の鹿ジェンダーに対する対処(yousayblah)

 Steph Loehrの性自認?は鹿であるらしい。俺は彼の発言がどこまで本気であるのかを把握できない。以下では、俺はこの種の奇怪な動物に対する対処を提示する。 アングロ・サクソンの文化圏では、自由が最も重視される。その世界では、人間は自己の認識を彼ら自身で自由に導出することができる。その結果、上記のような「性自認?が鹿であるSteph Loehr」が登場する。 大局的自立と自己認識(identity)  大局的自立と自己認識(identity):もしある人間集団が自己の社会をある自己認識aで大局的に自立して形成できないならば、そのとき、その自己認識aは善でない、または悪である。  もしある人間集団が自己の社会をある自己認識aで大局的に自立して形成できないならば、そのとき、その自己認識aは善でない、または悪である。 鹿で人間社会を形成できるか?  Steph Loehrの性自認?は鹿であるらしい。しかし、俺はSteph Loehrは自己の社会を鹿という自己認識で大局的に自立して形成できないと審判する。性自認を鹿と認識するホモ・サピエンスから...
ホモ・サピエンス生物種

デブ・ハーランドはアメリカ先住民か?〜バイデン政権の内務長官〜

先日、バイデン政権の内務長官に、下院議員のデブ・ハーランド氏が就任した。米国で初の先住民の閣僚だ。実は彼女は、2018年に先住民女性で初の連邦議員となった人物でもある。当選直後に取り上げた当時のナショジオの記事から、彼女の人となりと、内務長官として期待される背景に迫ってみよう。2018年の米中間選挙で起きた歴史的な出来事の一つは、連邦議会で初めて先住民女性議員が誕生したことだ。  上記の記事はNIKKE STYLEの記事である。俺はこの記事を非常に悪い記事と判断する。なぜなら、この記事は白人に都合の良い白人視点の記事である。以下では、俺はデブ・ハーランドの問題点を提示する。 なお、俺はデブ・ハーランドが内務長官として採用されたことを歓迎する。そして、俺はその採用が当然であると審判する。 デブ・ハーランドはアメリカ先住民か?  俺の認識:デブ・ハーランドはアメリカ先住民でなく、アメリカ先住民との中間種である。  1960年12月2日にアリゾナ州ウィンズローに誕生した。ラグナ・プエブロ族の一員として登録されている。母のメアリー・トヤもネイテ...
大和民族

板前パンクロッカーのすけちゃん(AgingAnarchist)の異常で未開な呟き

 現在、アメリカ大陸では、モンゴロイド人種に対する人種的な暴力が発生している。この状態に対して、すけちゃんという関西人は下記のように呟きた。俺が彼の呟きを読んだ後、俺は大和民族の異常性と未開性を感じ取った。 すけちゃんの発言  上記の発言は大和民族に比較的に頻繁に観察される。以下では、俺は彼の発言の問題点を提示する。端的にいって、俺は(彼は悪い人でないが)異常者でかつ未開人であるように感じた。 上記の発言の問題点  問題点:大和民族は人種的な暴力にさらされると、彼らは暴力の主体を批判せずに、彼らは暴力の主体から尊敬を獲得しようとする。  上記が大和民族の典型的な発言である。大和民族は人種的な暴力にさらされると、彼らは暴力の主体を批判せずに、彼らは暴力の主体から尊敬を獲得しようとする。正常な反応とは、「大和民族を含むモンゴロイド人種が暴力を振るった主体を批判する」ことである。 しかし、すけちゃんは暴力を振るった主体を決して批判しようとしない。彼は暴力を振るった主体(白人や黒人)から尊敬を獲得しようとする。もしある子供がパパやママから暴力を...
2021.04.09
日本社会

第二次世界大戦における東京大空襲の問題点

 太平洋戦争中の東京大空襲から76年となった10日、東京都慰霊協会主催の法要が都慰霊堂(墨田区)で開かれた。新型コロナウイルス対策で昨年に続いて参列者の人数を限定し、数十人が犠牲者を追悼した  以下では、俺は東京大空襲の問題点を提示する。東京大空襲の問題点には、人種的な問題と解釈的な問題、そして国家制度的な問題が存在する。 人種的な問題  人種的な問題:アメリカ大陸の上の欧州人が日本列島の上のモンゴロイド人種(の民間人)を人種的に虐殺した。  アメリカ大陸の上の欧州人が日本列島の上のモンゴロイド人種(の民間人)を人種的に虐殺した。東京大空襲の問題点とは、アメリカ大陸の上のアメリカ先住民でなく欧州人が日本列島の上のモンゴロイド人種を虐殺したことである。大和民族の人種はアメリカ先住民やイヌイットと同じモンゴロイド人種である。 東京大空襲における問題とは、欧州人がケニアからカメルーン人の民間人を虐殺するような行為である。もしアメリカ先住民がアメリカ大陸から日本人を虐殺したならば、その時、その虐殺は大して問題にならなかっただろう。もし欧州人が欧州から日本人を...
広告