中東(場)

広告
中東小人種

ムハンマド・ビン・サルマーン(Mohammad bin Salman Al Saud)の人種と小人種と民族

 以下で、俺はムハンマド・ビン・サルマーン(Mohammad bin Salman Al Saud)の人種と小人種と民族を提示する。彼はイスラム教徒のサウジアラビア人である。彼は本物のエリートである。 1章 ムハンマド・ビン・サルマーンの人種と小人種と民族  俺の認識 ムハンマド・ビン・サルマーンの人種はコーカサス人種である。ムハンマド・ビン・サルマーンの小人種は中東小人種である。ムハンマド・ビン・サルマーンの民族はアラブ民族(サウジアラビア民族)である。  ムハンマド・ビン・サルマーンの人種はコーカサス人種である。ムハンマド・ビン・サルマーンの小人種は中東小人種である。ムハンマド・ビン・サルマーンの民族はアラブ民族(サウジアラビア民族)である。 ムハンマド・ビン・サルマーンはサウジアラビア人である。ムハンマド・ビン・サルマーンは中東人である。ムハンマド・ビン・サルマーンはコーカサス人である。 上記の画像を見ればわかるように、彼は典型的なアラブ人顔である。大きな目に高い鼻、そして彼の唇は暑く、日に焼けている。加えて、乾燥の適用により、彼の顔の堀は非常に深...
人家(システム)

古代ギリシアの民主制度の意味と島国及び半島と山岳地帯の意味

 ギリシャの国民国家はオスマン帝国からの独立戦争後の1830年に建国されたが、同国のルーツは全西洋文明の発祥地だと考えられる古代ギリシアの文明にさかのぼる。ギリシャ  上記の引用では、古代ギリシアは西洋文明の発祥地であるらしい。もしこの文が正確であるならば、俺は西洋文明は文明の程度に達していないと審判する。なぜなら、西洋人は島国の意味や大陸の意味を把握できない。 俺は民主制度に反対である。なぜなら、民主制度は古代ギリシアで生まれた。俺の曖昧な記憶では、古代ギリシアは半島であり、山岳地帯であった。 この時点で、俺は古代ギリシアから文明は生まれないと審判する。さらに、古代ギリシア由来の社会制度、ここでは民主制度はガラクタであると審判する。以下で、俺はなぜ半島で生まれた民主制度がガラクタであるかを提示しよう。 1 島国と半島の意味  島国と半島の意味 島国や半島の意味は未開である。  島国や半島の意味は未開である。未開の意味はジャングル(森林)である。森林の意味は猿が住んでいるである。 ホモ・サピエンスは森林から平野(大陸)へと出て行って、進化...
2020.05.18
ホモ・サピエンス生物種

女は人間でない?古代ギリシアのロゴスの意味

 サウジアラビア教育アカデミーと住民相談所は、「女性は人間か?」という挑発的な題名のレクチャーが開催されると発表した。「題名は次のような形で解釈する必要がある。それは高水準、あるいは中水準、または低水準の女性というものだ。残念ながら大勢の人が、女性を低水準と考えて題名を解釈した。」  日本人のgakushaは物事の意味を把握できてこなかった。キッズ・アイドルが性行為の意味を認識できないように、日本人のgakushaは古代ギリシアの「ロゴス」の意味を認識できない。彼らは欧州文明や地中海文明や中東文明、そして東洋文明ですら何かを認識できない。 以下で、俺は欧州文明や地中海文明や中東文明というコーカサス人種文明の意味を提示しよう。もし俺らがコーカサス人種の文明の意味を把握したいならば、俺らは女性や黒人奴隷やモンゴロイド人種奴隷(大和民族は欧州小人種でない)について深く思考するべきである。彼らの文明は奴隷文明である。 日本人のgakushaは社会性を持たないので、奴隷の意味を認識できない。そして、彼らはロゴスを論理となんとなく感じている。上記のサウジアラビアのアカデミーの「...
2020.11.10
歴史

イスラエルは十字軍国家のユダヤ教徒版か?イスラエルの将来と東洋人の対応

 無宗教の東洋人はイスラエルという宗教的人工国家の意味をいまいち認識できない。なぜ白人があそこに存在するかという疑問が初めに湧いて出てくる。ここで、俺はイスラエルの存在を歴史的観点から捉えて、納得のいく説明を提示しよう。 1:イスラエルは十字軍のユダヤ教徒版  無宗教の東洋人はイスラエルを十字軍のユダヤ教版と認識すると良い。十字軍では、キリスト教徒の白人は国家をなぜか中東のレヴァント地域に建設した。この十字軍国家に対する違和感と現代のイスラエル国に対する違和感は似ている。 イスラエルに対する東洋人の違和感  東洋人がイスラエルを見る時、なぜ白人がそこに存在するかと疑問に思う。ユダヤ教徒の白人はイスラエルを彼らの遺伝的原住地や先住地と信じきっているように思える。もしユダヤ教徒の白人は白人は中東に存在しないと認識しつつ、国家をモンゴル帝国のように建設するならば、東洋人は違和感を覚えない。 なぜなら、その種の行為はチンギス・ハンが西方へと領土を拡張したことに似ている。しかし、チンギス・ハンはペルシャや東欧をモンゴル人の原住地や先住地と考えなかった。それに対して...
2020.05.21
歴史

なぜイスラム教は偶像崇拝やアッラーやムハンマドの擬人化を禁じるか?

 偶像は、神仏を人間の手で、石や粘土、金属、木など様々な材料を使って像にしたり、絵に描いたりしたもの。またそれを崇拝することが偶像崇拝。イスラーム教では、偶像は人間が作ったものにすぎず、神そのものではないから、それを崇拝することは間違えている、として厳しく禁止している。  イスラム教は偶像崇拝やアッラーやムハンマドの擬人化を禁じてきた。その結果、イスラム教には、ギリシア彫刻のような彫刻が存在してこなかった。なぜイスラム教は偶像崇拝を禁じるのか? 以下で、俺はなぜイスラム教は偶像崇拝を禁じるかについて述べる。また、イスラム教がアッラーやムハンマドの擬人化も禁じるのかについて述べる。ただし、以下では俺の勝手な憶測である。 1:創造主を崇拝するとは何か?  偶像崇拝を見る前に、俺らは創造主を崇拝する行為について考えよう。俺らが崇拝行為を思考するとき、俺らは何を崇拝するかという崇拝の ' 対象 ' について熟考すべきある。偶像崇拝が問題になる時、その問題の原因は崇拝すべき対象が間違っているからである。 1:創造主に対する崇拝行為とは何か?  創造主...
2020.05.21
歴史

メソポタミア文明の捉え方〜シュメルからアッシリア帝国まで

 東洋人が中東を感覚的に把握することは非常に困難である。そこで、俺は中東史を形式的に分類する。君が中東について考える時、君は東洋人としての君の先祖と他の文明を感覚的に測るための東洋文明を利用する。 前提  中東地域の面積はインド大陸と同じである。だから、君が中東史を考える時、インド大陸の中の物語を見るような感覚を持つ。 人種  古代メソポタミアにおける登場人種は中東小人種と地中海小人種である。ペルシャやエジプトやメソポタミアは中東人種であったはず。一方、ヒッタイトは地中海人種であっただろう。シュメル人はコーカソイド人種でなかっただろう。 シュメル人を除くと、古代メソポタミアはコーカサス人種のための文明であった。その下位分類として、地中海小人種と中東小人種が存在した。地中海小人種は西はイベリア半島から東はアルメニアまで東西に広く分布している。中東は中東小人種と南下してきた地中海人種によって形成されてきた。 南方の人間は言語と商業、北方の人間は軍事と製造に強い。中東は東洋の南部と東南アジアの北部に対応して、小人種の結節点のような地域であった...
2020.05.10
ホモ・サピエンス生物種

欧州のイスラム教はキリスト教徒の白人に勝利する?

 現在、欧州は移民政策によって混乱している。俺は欧州はイスラム教になるだろうと予想する。以下では、なぜ彼はイスラム教徒になるだろうかについて述べる。 俺の予想によると、白人種は滅亡するだろう。たとえ欧州がイスラム圏になるとしても、彼等の人種が残るならば、白人の将来は暗くない。しかし、人種浄化や民族浄化により、彼等が消えるならば、その状態はさらに悪いだろう。 白人は狩猟民族に近くイスラム教徒のアラブ人は農耕民族に近い  白人種は個人基準ではイスラム教徒のアラブ人よりも優秀である。しかし、その優秀さは古代ゲルマン人の優秀さに近い。たとえ古代ゲルマン人が個人基準で優秀であるとしても、集団を形成するローマ人には勝利できなかった。 俺は白人を個人基準で優秀であると審判してきた。しかし、彼等の優秀さは古代ゲルマン人の優秀さである。どんなに白人が個人基準で優秀で論理的であるとしても、もし彼等が組織や社会を形成できないならば、彼等は敗北する。 実際、白人は組織や社会を形成することを苦手とする。だから、白人の出生率は低下し続けてきた。一方、イスラム教徒のコーカ...
2020.08.05
歴史

中世中東の歴史〜イスラム教の勃興から東ローマ帝国の消滅まで

習近平  古代メソポタミア文明は「こちら」から  無宗教の東洋人、特に日本人や朝鮮人は中東の歴史を感覚的に把握することは非常に難しい。ここで、俺は東洋人が中東の歴史を捉える方法を提示する。 ここで、俺は中世中東の歴史をイスラム教の勃興600年〜東ローマ帝国の滅亡1400年までと認識する。特に意味はない。  三分割法:君は任意の時代を三分割する。その後、君は分割された単位時代をさらに分割する。3^nになるように!  上記の方法を採用するとき、中世中東の歴史は「イスラム教の勃興600年〜十字軍1100」と「十字軍〜モンゴル帝国1200」と「モンゴル帝国〜東ローマ帝国1400」に分割する。その後、君は各時代をさらに分割しよう。 イスラム教の勃興の前の状態(初期状態)  イスラム教の勃興時の初期状態:ササン朝ペルシアが存在した。東ローマ帝国(ピザンツ)も存在した。  パルティア(紀元前200〜紀元後200年で漢帝国に対応)が滅びた後、ササン朝ペルシアが起こった。当時、ローマ帝国も健在であったが、約500年にゲルマン人による侵略と破壊によって...
2020.05.19
広告
タイトルとURLをコピーしました