中東(場)

広告
中東小人種

エジプト人とアラブ人(サウジアラビアなど)は同じアラブ人か〜Y染色体ハプログループEとY染色体ハプログループJ〜

 エジプト人とサウジアラビアにおけるアラブ人は同じアラブ人と見なされてきた。けれども、俺らがエジプト人とアラブ人のY染色体ハプログループを見る時、俺らはエジプト人とアラブ人のY染色体ハプログループは互いに異なると審判する。 エジプト人 Y染色体ハプログループE  エジプト人のY染色体ハプログループ:エジプト人のY染色体ハプログループはY染色体ハプログループEである。  エジプト人のY染色体ハプログループはY染色体ハプログループEである。Y染色体ハプログループEはエジプトを含む北アフリカに高い頻度で分布している。つまり、Y染色体ハプログループEは北アフリカ人のY染色体ハプログループである。 それに対して、アラブ人のY染色体ハプログループはJである。Y染色体ハプログループから見ると、エジプト人はアラブ人よりも北アフリカ人に近い。また、Y染色体ハプログループEはY染色体ハプログループAやBに近い。それに対して、Y染色体ハプログループJはY染色体ハプログループIに近い。 なお、エジプト人の人種はコーカサス人種である。エジプト人の小人種は中東小人種である...
2021.07.13
中東小人種

ペルシャ人(イラン人)はアーリア人であるか?〜印欧語族とY染色体ハプログループR1a〜

 一般的に、ペルシャ人はアラブ人でなく、ペルシャ人と考えられてきた。けれども、俺らがペルシャ人やアラブ人を観察する時、彼らは同じ中東小人種に分類されるように感じてきた。実際、ペルシャ人の肌の色も骨格も体格や筋肉も欧州人とは異なる。 だから、俺らはペルシャ人とアラブ人の違いは遺伝的な違いでなく、文化的な違いであると感じてきた。例えば、ペルシャ人は印欧語族を持つ民族であり、アラブ人はセム語族を持つ民族である。しかし、俺らがY染色体ハプログループに関する情報を見る時、ペルシャ人とアラブ人は遺伝的にも異なることがわかった。 ペルシャ人の一部はY染色体ハプログループR1aを持つ一方、アラブ人はY染色体ハプログループJを持つ。では、ペルシャ人はアーリア人であるのだろうか?以下では、俺はペルシャ人のY染色体ハプログループR1aの意味を提示するつもりである。なお、以下では、俺はアラブ人をエジプト人を除き、サウジアラビアやレバントのアラブ人とした。 ペルシャ人(イラン人) Y染色体ハプログループR1a  ペルシャ人の男系(父系):ペルシャ人の男系(父系)はY染色体ハプロ...
中東小人種

ツタンカーメンのY染色体ハプログループR1bはコーカサス人種系統か?〜白人(欧州人)系統のY染色体ハプログループ〜

 2011年、スイスの研究機関iGENEAによりツタンカーメンの属するY染色体ハプログループが判明したと発表され、R1b1a2-M269という現在の西ヨーロッパの住民に見られる父系血統で、現在のエジプト人にはほとんど見られないハプロタイプであることが分かった。ツタンカーメン#ツタンカーメンのミイラ  上記の速報により、一部の人々はツタンカーメンは白人(欧州人)であったと主張したいように見える。しかし、俺はY染色体ハプログループRそれ自体がコーカサス人種系統でなく、モンゴロイド人種系統である可能性もあると憶測する。以下では、俺はツタンカーメンのY染色体ハプログループRを解釈する。 ツタンカーメンのY染色体ハプログループ ツタンカーメンのY染色体ハプログループRの意味  意味:ツタンカーメンのY染色体ハプログループRはモンゴロイド人種系統である可能性もある。  ツタンカーメンのY染色体ハプログループRはモンゴロイド人種系統である可能性もある。上記では、ツタンカーメンのY染色体ハプログループRは西欧州由来であると指摘されている。しかし、コーカサス人種系統の...
広告
ホモ・サピエンス生物種

Y染色体ハプログループEはネグロイド人種由来(黒人)であるか〜E1b1aとE1b1b〜

 俺がtakeonomadoの呟きを見た後、俺は彼の意見に賛成しないと感じた。なぜなら、Y染色体ハプログループE1b1がネグロイド人種系統であるのかは不明である。個人的には、俺はネグロイド人種系統のY染色体ハプログループはAとBであるように感じる。 以下では、俺はY染色体ハプログループEはネグロイド人種由来であるかを提示する。なお、俺はY染色体ハプログループが必ずしも人種を表現しないことを述べておく。Y染色体ハプログループEとDの人々は非常に謎の人々である。 Y染色体ハプログループEはE1とE2に大きく分類される。E1はE1はE1aとE1bに分類される。E1bがE1b1とE1b2に分類される。E1b1aとE1b1bに分類される。基本的に問題になるのがこのE1b1aとE1b1bである。前者がネグロイド人種に高頻度で観察される。後者がコーカサス人種で高頻度で観察される。 Y染色体ハプログループE Y染色体ハプログループE1b1b  Y染色体ハプログループE1b1b:Y染色体ハプログループE1b1bはコーカサス人種系統であるだろう。  The o...
2021.07.13
欧州小人種

ナフタリ・ベネット(Naftali Bennett)はユダヤ人なのか?〜jewの日本語訳はユダヤ教徒では?〜

 Naftali Bennett was born inHaifa, Israel, on 25 March 1972. He is the youngest of three sons born to Jim and Myrna (Lefko)Bennett, American-Jewish immigrants whomoved to IsraelfromSan Franciscoin 1967, a month after theSix-Day War. His father'sAshkenazi Jewishroots come from Poland, Germany, and the Netherlands. His maternal grandparents moved to San Francisco from Poland 20 years before the outbreak ofWorld War II, and relocated to Israel as seniors, settling on Vitkin Street in Haifa. Throug...
コーカサス人種

パウロ(サウロ)の人種と小人種は何か?〜ユダヤ人か中東人か地中海人か〜

Paul the Apostle,commonly known asSaint Pauland also known by his Hebrew nameSaul of Tarsus,was aChristian apostle(although not one of the Twelve Apostles) who spread the teachings ofJesusin thefirst-century world.Generally regarded as one of the most important figures of theApostolic Age,he foundedseveral Christian communities in Asia Minor and Europefrom the mid-30s to the mid-50s AD.  以下では、俺はパウロの人種を憶測してみる。俺は彼の遺伝子に関する情報を探ることができなかった。上記の英文をなぞると、キリスト教を実質的に完成させたのはパウロであるように見える。 パウロ(サウロ)の人種と...
中東小人種

カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)の人種と小人種と民族

 以下では、俺はカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)の人種と小人種と民族を提示する。 カルロス・ゴーンの人種と小人種と民族  カルロス・ゴーンの人種と小人種と民族:カルロス・ゴーンの人種はコーカサス人種である。カルロス・ゴーンの小人種は中東小人種である。カルロス・ゴーンの民族はレバント民族である。  カルロス・ゴーンの人種はコーカサス人種である。カルロス・ゴーンの小人種は中東小人種である。カルロス・ゴーンの民族はレバント民族である。個人的には、俺はカルロス・ゴーンはアサドと同じ民族であると認識する。 ただし、カルロス・ゴーンはアサドよりもより地中海人的であるように見える。彼の目は横に少し長い。この横長の目は地中海人の特徴である。彼の髪や体毛、目は黒い。堀は深く、鼻は高い。眉毛はこい。唇は薄い。肌は東洋人と同じか、すこし明るい。 ゴーンはフェニキア人? 卡洛斯·戈恩  俺の記憶では、フェニキア人はセム語族であった。俺は彼らはゴーンのような顔を持っていたのでないかと予想する。俺の霊感では、フェニキア人はアサド大統領よりも少し地中海人的...
中東小人種

バッシャール・アル=アサド(Bashar al-Assad )の人種と小人種と民族

 以下では、俺はバッシャール・アル=アサド(Bashar al-Assad )の人種と小人種と民族を提示する。 バッシャール・アル=アサドの人種と小人種と民族  バッシャール・アル=アサド人種と小人種と民族:バッシャール・アル=アサドの人種はコーカサス人種である。バッシャール・アル=アサドの小人種は中東小人種である。バッシャール・アル=アサドの民族は(おそらく)レバント民族である。  バッシャール・アル=アサドの人種はコーカサス人種である。バッシャール・アル=アサドの小人種は中東小人種である。バッシャール・アル=アサドの民族は(おそらく)レバント民族である。なお、レバント民族は中東のあの辺りに住んでいそうな人々の意味である。 アサドの顔は非常に独特である。彼の肌の色は黄褐色的である。彼の体毛の色は黒いが、目の色は必ずしも黒くない。体毛は濃い。彼は長身であり、コーカサス人種にしてはほっそりしている。 彼の目は横長でなく、比較的丸い。堀は深い。唇は厚くなく、薄い。鼻筋は通っていて、高い。両目は中央に寄ってる。目と眉毛の距離は短い。 アサドは地中海人...
ホモ・サピエンス生物種

シュメール人の人種(正体)は南インド人種か(ドラヴィダ)〜モンゴロイド人種とコーカサス人種と南インド人種〜

  シュメール人は民族系統不明の古代と呼ばれてきた。俺はシュメール人の人種を知りたい。彼らはモンゴロイド人種であったのか、コーカサス人種であったのか、あるいはそのほかの人種であったのか? シュメル人の墓(電飛)に関する速報はしばしば報道されるのに、彼らの人種に関する情報は出てこない。俺はなぜ彼らの人種はいつまでも明らかにならないのか奇妙に感じる。 シュメル人の人種 可能性  俺の憶測 シュメル人の人種は南インド人種(ドラヴィダ人)であった。  南インド人はオーストラロイド人種よりもむしろモンゴロイド人種とコーカサス人種の中間あたりに配置される人種であるように見える。西方に行くと、コーカサス人種になり、東方へと行くと、モンゴロイド人種になる。 南インド人種(ドラヴィダ人)はコーカサス人種とモンゴロイド人種の中間辺りに遺伝的にも地理的にも位置付けられる人種であるように思える。その場合、シュメル人のY染色体ハプログループはH系統であったかもしれない。 また、H系統であるならば、H系統はドラヴィダ語族に対応する。ただし、この場合、シュメル語はドラヴィ...
2021.09.20
広告