中東(場)

広告
コーカサス人種

イラン系農耕民とは誰であるのか?〜新石器イラン系農耕民と古代イラン系農耕民〜

 考古学には、イラン系農耕民(neolithic Iranian farmers)という単語が登場する。しかし、この単語の定義や実体はきちんと説明されていない。そこで、筆者はイラン系農耕民が誰であるのかを彼の憶測で提示する。イラン系農耕民とは、Y染色体ハプログループJ2を持つコーカサス人(コーカサス人種)であった。 1.0 イラン系農耕民 1.1(俺系統の認識) イラン系農耕民はY染色体ハプログループJ2を持つコーカサス人(コーカサス人種)であった。 イラン系農耕民はY染色体ハプログループJ2を持つコーカサス人(コーカサス人種)であった。彼らの先祖はコーカサス地域で生活していた可能性がある。彼らの下位分類は中東小人種であるか、または地中海小人種である。 彼の憶測では、Y染色体ハプログループJ2はより農耕民的であり、彼らは彼らは氷河期の後に、コーカサス地域からアナトリア半島やイランへと移動、または南下した可能性がある。または、彼らはイラン西部、ホトゥ洞窟に1万年前にもともと生息していた(wikipedia)。一方、Y染色体ハプログループJ1はより遊牧民的であり、...
コーカサス人種

エラム人とエラム語〜Y染色体ハプログループJ2とシュメール人〜

 エラム語(エラムご)は系統不明の言語で、古代のエラム帝国で紀元前2800年頃から紀元前550年頃に使われ、紀元前6世紀から紀元前4世紀にかけてペルシア帝国の公用語であった。最後のエラム語の文字による記録はアレクサンドロス大王によるアケメネス朝の征服の頃に残されている。現在は死語になっている。エラム語 1.0 エラム人 1.1(著者系統の憶測)エラム人はY染色体ハプログループJ2を持っていた。 または、エラム人はY染色体ハプログループG2aやE1b1bやHを持っていた。個人的には、筆者はエラム人もシュメール人もY染色体ハプログループJ2を持っていた可能性があるように感じる。その他の可能性としては、TやL系統が存在する。 氷河期の終わりの後、Y染色体ハプログループJ2はコーカサスあたりからアナトリアやイランへと拡散した。Y染色体ハプログループJ1もまたコーカサスあたりからメソポタミア及びアラビア半島へと拡散した。J2はJ1よりも農耕民族的であり、J1はJ2よりも牧畜民族的であったように感じる。 This finding was interpreted ...
コーカサス人種

エブラ人とエブラ語〜Y染色体ハプログループJ1a2(P-58)とJ2aとJ2bとアララハ遺跡〜

 エブラ語(英:Eblaite language)は、セム語派の消滅した言語で、紀元前23世紀に古代都市エブラ、現在の西シリアのアレッポとハマーの間にあるテル・マルディーフで用いられていた。エブラ語は、サルゴン以前のアッカド語に近い言語東セム語のひとつとして記述されてきた。たとえば、マンフレート・クレベルニクはエブラ語について、粘土板に出現する王名の一部は北西セム語に属するものの、「アッカド語にきわめて近いため、初期のアッカド語の方言として分類できる」と言っている。エブラ語 アフロ・アジア語族のセム語派は東セム諸語と中央セム諸語と南セム諸語に分類される。東セム諸語には、アッカド語とエブラ語が存在する。中央セム諸語には、北西セム諸語とアラビア語が存在する。 北西セム諸語には、カナン諸語とアラム語とウガリット語が存在する。カナン諸語には、フェニキア語とヘブライ語とその他が存在する。なお、フェニキア人はY染色体ハプログループJ2を持っていた可能性がある。 なお、著者は下記の情報が正確であると断定しない。 1.0 エブラ人 1.1(俺系統の認識)エブラ人はY染...
言語

能格言語〜わかりやすくと日本語〜

能格言語(のうかくげんご、Ergative language)とは文法において、自動詞の主語(S)と他動詞の目的語(P)が同列に扱われ、他動詞の主語(A)だけが別の扱いを受けるという性質(能格性、ergativity)をもつ言語のことである。能格言語  ここでは、俺は能格言語を定義することを目的とする。 1.0 能格言語 図1 図1では、自動詞の主語の格「円」が他動詞の目的語の格「円」に等しい。一方、自動詞の主語の格「円」は他動詞の主語の格「正方形」に等しくない。 1.1(能格言語) 1.11(能格言語の定義) 能格言語は、自動詞の主語の格が他動詞の目的語の格に等しい、かつ他動詞の主語の格は自動詞の主語の格に等しくない言語である。  1.111(絶対格の定義)  絶対格は自動詞の主語及び他動詞の目的語を表す格である。  1.112(能格の定義)  能格は他動詞の主語を表す格である。 俺は膠着語における能格を考えてみる。例えば、「俺が 行く」と「俺は 彼女が 好き」が存在する。または、「俺が 行く」と「彼女は 俺が 好き」が存在する。この時、自動詞「行く...
コーカサス人種

ハッティ語とハッティ人〜Y染色体ハプログループG〜

ハッティ語(Hattic language)は、アナトリアで紀元前3千年紀-紀元前2千年紀にかけて話されていた、非インド・ヨーロッパ語族の言語。膠着語に属す。未分類言語であり、カスキアン語(英語版)との関係性が議論されているが、明らかではない。ハッティ語 ハッティ語とハッティ人 1.0 (事実)ハッティ語は膠着語である。 1.1 (俺系統の思考の規範)もしハッティ語が膠着語であるならば、その言語はY染色体ハプログループGに対応する。 または、その言語はEやHに対応する。Eの場合、Y染色体ハプログループE1b1bであり、それは古代エジプト人が話した。この場合、ナトゥーフ文化と前土器時代、そしてカルディウム土器時代を経て、E1b1bがアナトリアに居着いた。Gの場合、コーカサス山脈やアナトリア東部の民がハッティ語を話していた。 1.2 (俺系統の憶測)ハッティ人はY染色体ハプログループGを持ち、彼らはアナトリア農耕民や初期欧州農耕民に近い。 初期欧州農耕民はアナトリアとコーカサス山脈とイランに住んでいた可能性がある。彼らは地中海や欧州へと進出したが、彼...
中東文明

ウバイド文化とウバイド人

ウバイド文化(Ubaid culture,紀元前6500年ごろ -紀元前3500年ごろ)はメソポタミアに誕生した先史文化。灌漑農業の導入による農業の飛躍的発展、車輪の導入、銅器時代などがウバイド期に始まっている。ウバイド文化 TheUbaid period(c. 5500–3900 BC)is aprehistoricperiod ofMesopotamia. The name derives fromTell al-'Ubaidwhere the earliest large excavation of Ubaid period material was conducted initially in 1919 byHenry Halland later byLeonard Woolley.  ナトゥーフ文化の後、土器前新石器時代が始まった。カルディウム土器文化が始まった。その後、ウバイド文化も始まった。ウバイド文化では、銅器が使用された。 ウバイド文化 1.0 (俺系統の認識)ウバイド文化は文化である、それは7500年前にイラク南部(メソポタミア地域)で...
中東文明

ナトゥーフ文化(ナトゥフィアン文化)〜Y染色体ハプログループE1b1b〜

ナトゥーフ文化(英語:Natufian culture)は、紀元前12500年から紀元前9500年にかけてレバントに存在した亜旧石器文化。人類史において農耕が始まる前であるにも関わらず、定住あるいは定住に近い生活が行われていた点に特徴がある。 おそらく世界最古の都市であるとされるイェリコは、この時期に建設された。 いくつかの考古学的証拠は、穀物、特にライ麦の計画的な栽培が、ナトゥーフ文化期後半にテル・アブ・フレイラにおいて行われていたことを示しており、これは人類史における最初の農耕の証拠である。ナトゥーフ文化  ナトゥーフ文化(ナトゥフィアン文化)は最古の農耕とみなされる可能性がある。この文化の後に、土器前新石器時代Bが生じた。おそらく、これらの主体のどちらもが古代エジプト人の父系であるだろう。 ナトゥーフ文化(ナトゥフィアン文化)  俺系統の認識1.1 ナトゥーフ文化は文化である、かつそれは1万五千年前から1万年前にレヴァントでおそらくY染色体ハプログループE1b1によって形成された。  ナトゥーフ文化における主体がどの種の言語を話していたのかは不明で...
中東文明

土器前新石器時代B(Pre-Pottery-NeolithicB)〜Y染色体ハプログループE1b1bとガンジ・ダレ〜

 以下では、俺は土器前新石器時代Bについて述べるつもりである。この文化はナフティアン文化(ナトゥーフ文化)に関係しているらしい。土器前新石器時代には、AとBとCがあり、1万2千年前から8500年前?まで継続する。 1.0 土器前新石器時代B  俺系統の認識1.1 土器前新石器時代は文化である、かつそれは1万年前から8500年前にメソポタミア北部(上部)とレヴァントで形成された。  また、この文化はナフティアン文化と関連する可能性がある。土器前新石器時代はY染色体ハプログループE1b1bによって形成された。俺の印象では、彼らはいわゆる北アフリカ人であり、古代エジプト人に父系では近いように思える。この文化の主体はJ系統でなかった。 ナトゥーフ文化がレヴァントで生じた後、この土器前新石器時代が生じた。これらの文化の主体はY染色体ハプログループE1b1bであった。このEは中東へと進出していたかもしれない。 上記を見ると、イラン中石器時代には、J系統(おそらくJ2)がある。ガンジ・ダレ新石器時代には、P1とCTがある。イラン後期新石器には、G2aがある...
中東文明

なぜ豚肉はイスラム教やユダヤ教では禁止されるのか?〜教徒及び民族の定義〜

 一般的に、イスラム教やユダヤ教では、豚肉は禁止されている。そして、その理由はアッラーやヤハウェがそう言ったからである。以下では、俺はこの理由を別の観点から提示するつもりである。 理由  俺系統の思考の規範1.1 もしある主体がイスラム教徒であるならば、その主体は豚肉を食べない。  対偶を取ると、もしある主体が豚肉を食べるならば、その主体はイスラム教徒でない。口語的には、豚肉を食べる、または食べないは、ある主体がイスラム教徒であるのかを表現している。上記はイスラム教徒の行為的な定義である。 ある主体aが存在して、その主体が「俺はイスラム教徒である」と言った。しかし、その主体を観察すると、その主体は豚肉を食べた。この時、その主体の行為は上記の思考の規範1.1「その主体は豚肉を食べない」に反している。だから、その主体aはイスラム教徒でない。 つまり、上記の疑問への回答は次である。なぜイスラム教徒は豚肉を食べてはいけないのか?なぜなら、その行為がある主体がイスラム教徒であるのかどうかを判定している。イスラム教徒がある主体がイスラム教徒であるのかを区別するために...
ホモ・サピエンス生物種

牧畜民族の長所と短所〜軍事及び統治と文字及び官僚、都市と商業と過去〜

 以下では、俺は牧畜民族の長所と短所について述べるつもりである。牧畜民族とは、ある民族であり、その生活形態は牧畜である。有名な牧畜民族には、モンゴル民族や欧州人(ヤムナ文化)やセム系民族が存在する。俺は牧畜民族の民族を「生活形態族(生活様式)」と呼ぶ。その省略は生活族(生様族)である。 牧畜民族の長所  俺系統の思考の規範1.1 もしある主体が牧畜民族であるならば、その主体は高い統治能力を持つ。  その主体は家畜を上手に扱う。その主体はその手法をサピエンスへと応用して、サピエンスを管理・統治する。彼らは統治階級になりやすい。  俺系統の思考の規範1.2 もしある主体が牧畜民族であるならば、その主体は高い軍事能力を持つ。  経験的には、その主体は軍事的な成功を収めてきた。例えば、アーリア人は中東における戦争に勝利してきた。また、モンゴル人もモンゴル帝国を作り上げた。 牧畜民族の短所  俺系統の思考の規範2.1 もしある主体が牧畜民族であるならば、その主体は文字を持たない。  モンゴル人も欧州人も近年まで文字を持ってこなかった。または、彼ら...
ホモ・サピエンス生物種

人種の分類〜コーカサス人種とネグロイド人種とモンゴロイド人種とオーストラロイド人種とその他〜

ホモ・サピエンス(Homo sapiens、ラテン語で「賢い人間」の意味)は、現生人類が属する種の学名である。ヒト属で現存する唯一の種。種の下位の亜種の分類では現生人類をホモ・サピエンス・サピエンスとすることで、彼らの祖先だと主張されてきたホモ・サピエンス・イダルトゥと区別している。創意工夫に長けて適応性の高いホモ・サピエンスは、これまで地球上で最も支配的な種として繁栄してきた。ホモ・サピエンス  以下では、俺はホモ・サピエンスと呼ばれる対象達を東洋文明における儒教系統の認識及び新興宗教「俺らについて」における俺系統の認識に基づいて簡易的に分類する。下記の認識は東洋文明、または「俺らについて」に所属する。 人種の分類  俺は下記を認識する。俺はホモ・サピエンスという種の下位分類を「人種(race)」と置く。人種には、コーカサス人種とネグロイド人種とモンゴロイド人種とオーストラロイド人種とその他が存在する。 俺は人種の下位分類と「小人種(subrace)」と置く。この時、コーカサス人種には、欧州小人種と地中海小人種と中東小人種が存在する。または、コーカサス人種...
言語

アフロ・アジア語族は存在するか?セム語族とハム語族とY染色体ハプログループJ及びE

アフロ・アジア語族(アフロ・アジアごぞく、Afro-Asiatic)は、アラビア半島を中心とする西アジアおよび北アフリカに分布する語族。古くはセム=ハム語族(または「ハム=セム語族」)と呼ばれ、現在もこの語を使う学者もあるが、ひとつのまとまりをもつ「ハム語派」の存在は否定されている。アフロ・アジア語族  昔の研究では、セム語族とハム語族が存在した。その後、セム語族とハム語族はアフロ・アジア語族として纏められた。しかし、遺伝学によると、北アフリカ及びサハラ以南のサピエンスはY染色体ハプログループEを持ち、セム人はY染色体ハプログループJを持つ。正確には、北アフリカ人はY染色体ハプログループE1b1bを持つ。 以下では、俺はアフロ・アジア語族に対する俺系統の認識を提示するつもりである。結論から言って、俺はセム語族とハム語族は存在すると認識する。そして、エジプト人(ハム人)はセム人に敗北して、言語交代(言語置換)が生じた可能性がある。ハムの民はセムの民に言語的にも宗教的にも(父系)敗北した。 俺系統の認識 エジプト語(エジプトご)は、古代エジプト時代からイスラーム...
地中海小人種

フェニキア人のY染色体ハプログループはJ2か?〜カルタゴ〜

フェニキア人  A 2008 study led byPierre Zallouafound that six subclades ofHaplogroup J-M172(J2)—thought to have originated between theCaucasus Mountains,Mesopotamiaand theLevant—were of a "Phoenician signature" and present amongst the male populations of coastal Lebanon as well as the wider Levant  フェニキア人の人種はコーカサス人種であった。フェニキア人の小人種は中東小人種、または地中海小人種であった。フェニキア人の民族は中東民族?またはメソポタミア民族?、レヴァント民族?(部族)、またはメソポタミア民族?(部族)であった。フェニキア人のY染色体ハプログループはJ2系統であった。 フェニキア人の言語はセム語族であった。フェニキア人の文字はアルファベットであった。フェニキア人の宗教はユ...
俺らについて

啓典宗教と思いつきについて

 この宗教では、俺はこの宗教を啓典宗教とする。一般的には、啓典宗教には、根拠になる啓典が存在する。例えば、旧約聖書や新約聖書やコーランがそれに該当する。俺はこの宗教における宗教書「俺書」を啓典とする。 啓典宗教  俺系統の契約 俺はこの宗教「俺らについて」を啓典宗教と約束する。  または、俺はこの宗教「俺らについて」を啓典宗教と決定する(決める)。俺は約束と決定と命令のどれを使用するのかを迷った。決定は認識や判断には、置換されないように思える。  俺系統の認識 啓典は根拠を信者に授ける。  例えば、啓典は善悪に関する根拠を信者に授ける。この時、信者は物事の善悪をその啓典に基づいて、または引き合いに出して、思考して、判断を下す。すると、信者は「俺はこの物事を善とx教系統の善悪で判断する」と表現することができるようになる。物事の善悪を判断するためには、うまく言った経験は不十分である。そこで、この不十分さを補うために、啓典がある。 俺系統の約束 俺は俺書を根拠とする。俺系統の命令 俺書に基づいて思考せよ。 思いつき  俺がこの宗教を啓典宗教に...
ホモ・サピエンス生物種

女性は人間か?〜サウジアラビアの学者が解明〜

 サウジアラビア教育アカデミーと住民相談所は、「女性は人間か?」という挑発的な題名のレクチャーが開催されると発表した。これを受け、フェイスブックやツイッターの大勢の利用者が、アカデミーに対して批判的なコメントを書き始めたため、アカデミーはフェイスブックで声明を表すことを余儀なくされた。アカデミーの声明の中では、次のように述べられている。「題名は次のような形で解釈する必要がある。それは高水準、あるいは中水準、または低水準の女性というものだ。残念ながら大勢の人が、女性を低水準と考えて題名を解釈した。」  以下では、俺は女性は人間かについて述べるつもりである。一般的に、コーカサス人種の遊牧民はホモ・サピエンスの雌を人間と定義していない。モンゴロイド人種とコーカサス人種とでは、人間観や性別観が根本的に異なるように見える。 人間  始めに、俺は人間が何であるのかを提示するつもりである。 ・人間  俺系統の認識 x系統の人間とは、x系統の人間性(humanity)を持つ対象である。  x系統の人間性には、x系統の善悪やx系統の言語やx系統の認識、x系統の刑罰や...
コーカサス人種

アーリア人とは誰であるか?〜Y染色体ハプログループR及び印欧語族を持つコーカサス人種〜

 アーリア人とは、Y染色体ハプログループRを持つコーカサス人種である。より正確には、アーリア人とは、Y染色体ハプログループR及び印欧語族を持つコーカサス人種である。感覚的には、アーリア人とは白人(欧州人)である。以下では、俺はアーリア人いついて述べるつもりである。 定義 ・定義  俺系統の認識(定義) アーリア人とは、Y染色体ハプログループR及び印欧語族を持つコーカサス人種である。  アーリア人は西アーリア人と東アーリア人に分類される。西アーリア人とは、Y染色体ハプログループR1b及び印欧語族を持つコーカサス人種である。東アーリア人とは、Y染色体ハプログループR1a及び印欧語族を持つコーカサス人種である。 西欧の白人と東欧の白人がアーリア人である。また、イベリア人やイタリア人やギリシア人を含む西地中海人の一部は西アーリア人である。ローマ人を含む古代地中海人は西アーリア人であった。また、ペルシャ人の人種はコーカサス人種でありペルシャ人はY染色体ハプログループR1a及び印欧語族をを持つので、アーリア人である。前者は狭義のアーリア人であり、後者は広義のアーリア...
コーカサス人種

アケメネス朝ペルシアはY染色体ハプログループR1aを持つか?〜キュロスとダレイオス〜

 2500年前に、アケメネス朝ペルシアは古代中東地域を統一した。この行為は中東地域の先進性を表している。その一方で、欧州大陸は近世から近代になるまで2500年間未開であったとされる。しかし、俺がアケメネス朝ペルシアを印欧語族とY染色体ハプログループから捉えると、欧州人(アーリア人)の先進性が浮かび上がる。 アケメネス家 Y染色体ハプログループ  俺の認識 アケメネス家はY染色体ハプログループR1aを持っていた。  一般的に、アケメネス朝ペルシアは印欧語族を持つ民族によって建国された。アケメネス家がその一族である。キュロスはアケメネス朝ペルシアを実際に建国した。ダレイオスは(血が繋がっているのかは不明であるが)その後の統治者であった。このキュロスが印欧語族を話す人間であった。 もしキュロスが印欧語族を持っていたならば、キュロスのY染色体ハプログループはR1aであった可能性がある。なぜなら、しばしば、語族はY染色体ハプログループに対応する。ペルシャからインドには、Y染色体ハプログループR1aが観察される。もしキュロスがY染色体ハプログループR1aを持っていた...
コーカサス人種

ゾロアスター教のザラスシュトラはY染色体ハプログループR1aやJ2を持つか?〜アヴェスターと印欧語族〜

 ザラスシュトラ(アヴェスタ語: Zaraθuštra‎、ペルシア語: زرتشت‎ Zartošt、紀元前18世紀?~紀元前7世紀?)は、ゾロアスター教の開祖。古代アーリア人の宗教の神官。その生涯については謎が多い。ザラスシュトラはアフラ神群とマズダー(叡智)を結び付け、アフラ・マズダーとして唯一の崇拝対象とした。ザラスシュトラ  以下では、筆者はゾロアスター教のザラスシュトラのY染色体ハプログループを憶測する。彼の印象では、ゾロアスター教の教祖のY染色体ハプログループはR1a、またはJ2(J2aやJ2b)であった。 1.0 ザラスシュトラ 1.1 Y染色体ハプログループ 1.1(著者系統の認識)ザラスシュトラのY染色体ハプログループはR1a、またはJ2(J2aかJ2b)であった。  俺の認識 もしザラスシュトラがY染色体ハプログループR1aを持っていたならば、ザラスシュトラの創造主(神)は欧州人の父(R1a)であっただろう。  言い換えると、ゾロアスター教では、欧州人の父がゾロアスター教における創造主であった。ザラスシュトラの父の父の父...
中東小人種

エジプト人とアラブ人(サウジアラビアなど)は同じアラブ人か〜Y染色体ハプログループEとY染色体ハプログループJ〜

 エジプト人とサウジアラビアにおけるアラブ人は同じアラブ人と見なされてきた。けれども、俺らがエジプト人とアラブ人のY染色体ハプログループを見る時、俺らはエジプト人とアラブ人のY染色体ハプログループは互いに異なると審判する。 エジプト人 Y染色体ハプログループE  エジプト人のY染色体ハプログループ:エジプト人のY染色体ハプログループはY染色体ハプログループEである。  エジプト人のY染色体ハプログループはY染色体ハプログループEである。Y染色体ハプログループEはエジプトを含む北アフリカに高い頻度で分布している。つまり、Y染色体ハプログループEは北アフリカ人のY染色体ハプログループである。 それに対して、アラブ人のY染色体ハプログループはJである。Y染色体ハプログループから見ると、エジプト人はアラブ人よりも北アフリカ人に近い。また、Y染色体ハプログループEはY染色体ハプログループAやBに近い。それに対して、Y染色体ハプログループJはY染色体ハプログループIに近い。 なお、エジプト人の人種はコーカサス人種である。エジプト人の小人種は中東小人種である...
中東小人種

ペルシャ人(イラン人)はアーリア人であるか?〜印欧語族とY染色体ハプログループR1a〜

 一般的に、ペルシャ人はアラブ人でなく、ペルシャ人と考えられてきた。けれども、俺らがペルシャ人やアラブ人を観察する時、彼らは同じ中東小人種に分類されるように感じてきた。実際、ペルシャ人の肌の色も骨格も体格や筋肉も欧州人とは異なる。 だから、俺らはペルシャ人とアラブ人の違いは遺伝的な違いでなく、文化的な違いであると感じてきた。例えば、ペルシャ人は印欧語族を持つ民族であり、アラブ人はセム語族を持つ民族である。しかし、俺らがY染色体ハプログループに関する情報を見る時、ペルシャ人とアラブ人は遺伝的にも異なることがわかった。 ペルシャ人の一部はY染色体ハプログループR1aを持つ一方、アラブ人はY染色体ハプログループJを持つ。では、ペルシャ人はアーリア人であるのだろうか?以下では、俺はペルシャ人のY染色体ハプログループR1aの意味を提示するつもりである。なお、以下では、俺はアラブ人をエジプト人を除き、サウジアラビアやレバントのアラブ人とした。 ペルシャ人(イラン人) ・Y染色体ハプログループR1a  ペルシャ人の男系(父系):ペルシャ人の男系(父系)はY染色体ハプロ...
中東小人種

ツタンカーメンのY染色体ハプログループR1bはコーカサス人種系統か?〜白人(欧州人)系統のY染色体ハプログループ〜

 2011年、スイスの研究機関iGENEAによりツタンカーメンの属するY染色体ハプログループが判明したと発表され、R1b1a2-M269という現在の西ヨーロッパの住民に見られる父系血統で、現在のエジプト人にはほとんど見られないハプロタイプであることが分かった。ツタンカーメン#ツタンカーメンのミイラ  上記の速報により、一部の人々はツタンカーメンは白人(欧州人)であったと主張したいように見える。しかし、俺はY染色体ハプログループRそれ自体がコーカサス人種系統でなく、モンゴロイド人種系統である可能性もあると憶測する。以下では、俺はツタンカーメンのY染色体ハプログループRを解釈する。 ツタンカーメンのY染色体ハプログループ ツタンカーメンのY染色体ハプログループRの意味  意味:ツタンカーメンのY染色体ハプログループRはモンゴロイド人種系統である可能性もある。  ツタンカーメンのY染色体ハプログループRはモンゴロイド人種系統である可能性もある。上記では、ツタンカーメンのY染色体ハプログループRは西欧州由来であると指摘されている。しかし、コーカサス人種系統の...
ホモ・サピエンス生物種

Y染色体ハプログループと人種〜変異と先祖の分岐〜

 以下では、俺はY染色体の変異とY染色体ハプログループについて述べるつもりである。例えば、Aが変異aを持ち、xが変異aと変異bを持つ時、俺はxはAから分岐したY染色体と推論する。そして、俺はBという名前をxに名付ける。なお、俺はSNPや集団内のパーセンテージの意味を把握することができない。また、俺は変異の欠損や回復の考慮などについて知らない。また、Y染色体を特徴付ける変異の数は必ずしも一つでないように見える。 Y染色体ハプログループと変異  上記の図は同じ変異を持つ集合を表現している。もしあるホモ・サピエンスがD系統(CTS3946)を持つならば、そのホモ・サピエンスはYAP変異を持つ。もしそのホモ・サピエンスがYAP変異を持つならば、そのホモ・サピエンスはCT系統(M168)を持つ。 変異(M168)〜CT系統〜  Haplogroup CTis ahuman Y chromosome haplogroup, defining one of the major paternal lineages of humanity.Men who carry t...
ホモ・サピエンス生物種

Y染色体ハプログループEはネグロイド人種由来(黒人)であるか〜E1b1aとE1b1b〜

 俺がtakeonomadoの呟きを見た後、俺は彼の意見に賛成しないと感じた。なぜなら、Y染色体ハプログループE1b1がネグロイド人種系統であるのかは不明である。個人的には、俺はネグロイド人種系統のY染色体ハプログループはAとBであるように感じる。 以下では、俺はY染色体ハプログループEはネグロイド人種由来であるかを提示する。なお、俺はY染色体ハプログループが必ずしも人種を表現しないことを述べておく。Y染色体ハプログループEとDの人々は非常に謎の人々である。 Y染色体ハプログループEはE1とE2に大きく分類される。E1はE1はE1aとE1bに分類される。E1bがE1b1とE1b2に分類される。E1b1aとE1b1bに分類される。基本的に問題になるのがこのE1b1aとE1b1bである。前者がネグロイド人種に高頻度で観察される。後者がコーカサス人種で高頻度で観察される。 Y染色体ハプログループE Y染色体ハプログループE1b1b  Y染色体ハプログループE1b1b:Y染色体ハプログループE1b1bはコーカサス人種系統であるだろう。  The o...
欧州小人種

ナフタリ・ベネット(Naftali Bennett)はユダヤ人なのか?〜jewの日本語訳はユダヤ教徒では?〜

 Naftali Bennett was born inHaifa, Israel, on 25 March 1972. He is the youngest of three sons born to Jim and Myrna (Lefko)Bennett, American-Jewish immigrants whomoved to IsraelfromSan Franciscoin 1967, a month after theSix-Day War. His father'sAshkenazi Jewishroots come from Poland, Germany, and the Netherlands. His maternal grandparents moved to San Francisco from Poland 20 years before the outbreak ofWorld War II, and relocated to Israel as seniors, settling on Vitkin Street in Haifa. Throug...
コーカサス人種

パウロ(サウロ)の人種と小人種は何か?〜ユダヤ人か中東人か地中海人か〜

Paul the Apostle,commonly known asSaint Pauland also known by his Hebrew nameSaul of Tarsus,was aChristian apostle(although not one of the Twelve Apostles) who spread the teachings ofJesusin thefirst-century world.Generally regarded as one of the most important figures of theApostolic Age,he foundedseveral Christian communities in Asia Minor and Europefrom the mid-30s to the mid-50s AD.  以下では、俺はパウロの人種を憶測してみる。俺は彼の遺伝子に関する情報を探ることができなかった。上記の英文をなぞると、キリスト教を実質的に完成させたのはパウロであるように見える。 パウロ(サウロ)の人種と...
中東小人種

カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)の人種と小人種と民族

 以下では、俺はカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)の人種と小人種と民族を提示する。 カルロス・ゴーンの人種と小人種と民族  カルロス・ゴーンの人種と小人種と民族:カルロス・ゴーンの人種はコーカサス人種である。カルロス・ゴーンの小人種は中東小人種である。カルロス・ゴーンの民族はレバント民族である。  カルロス・ゴーンの人種はコーカサス人種である。カルロス・ゴーンの小人種は中東小人種である。カルロス・ゴーンの民族はレバント民族である。個人的には、俺はカルロス・ゴーンはアサドと同じ民族であると認識する。 ただし、カルロス・ゴーンはアサドよりもより地中海人的であるように見える。彼の目は横に少し長い。この横長の目は地中海人の特徴である。彼の髪や体毛、目は黒い。堀は深く、鼻は高い。眉毛はこい。唇は薄い。肌は東洋人と同じか、すこし明るい。 ゴーンはフェニキア人? 卡洛斯·戈恩  俺の記憶では、フェニキア人はセム語族であった。俺は彼らはゴーンのような顔を持っていたのでないかと予想する。俺の霊感では、フェニキア人はアサド大統領よりも少し地中海人的...
中東小人種

バッシャール・アル=アサド(Bashar al-Assad )の人種と小人種と民族

 以下では、俺はバッシャール・アル=アサド(Bashar al-Assad )の人種と小人種と民族を提示する。 バッシャール・アル=アサドの人種と小人種と民族  バッシャール・アル=アサド人種と小人種と民族:バッシャール・アル=アサドの人種はコーカサス人種である。バッシャール・アル=アサドの小人種は中東小人種である。バッシャール・アル=アサドの民族は(おそらく)レバント民族である。  バッシャール・アル=アサドの人種はコーカサス人種である。バッシャール・アル=アサドの小人種は中東小人種である。バッシャール・アル=アサドの民族は(おそらく)レバント民族である。なお、レバント民族は中東のあの辺りに住んでいそうな人々の意味である。 アサドの顔は非常に独特である。彼の肌の色は黄褐色的である。彼の体毛の色は黒いが、目の色は必ずしも黒くない。体毛は濃い。彼は長身であり、コーカサス人種にしてはほっそりしている。 彼の目は横長でなく、比較的丸い。堀は深い。唇は厚くなく、薄い。鼻筋は通っていて、高い。両目は中央に寄ってる。目と眉毛の距離は短い。 アサドは地中海人...
ホモ・サピエンス生物種

シュメール人の人種(正体)は南インド人種か(ドラヴィダ)〜モンゴロイド人種とコーカサス人種と南インド人種とY染色体ハプログループE1b1bやG2a〜

 一般的に、シュメール人の民族系統は不明であってきた。加えて、彼らの人種は不明である。そのため、誰も知らないのは、彼らがモンゴロイド人種であったのか、コーカサス人種であったのか、あるいはそのほかの人種であったのかである。 以下では、俺はシュメール人種の人種とY染色体ハプログループを憶測してみる。俺はその人種はほとんどコーカサス人種であり、Y染色体ハプログループはE1b1bかG2aでないかを勘ぐる。彼らは北アフリカや東アフリカから来たか、またはザグロス山脈からメソポタミアへと侵入した。 または、俺はシュメール人の人種は南インド人種(オーストラロイド人種系統)であり、Y染色体ハプログループHを持っていたと憶測する。あるいは、シュメール人はJ1やJ2であったと憶測する。 シュメル人 事実?  俺系統の認識0.0 シュメール人はシュメール語を話していた。  シュメール語は膠着語である。俺は上記の事実を使用する。  俺系統の認識0.1 シュメール人は黒い頭を持っていた。  上記はシュメール人の自称である。また、アッカド人たちも彼らを黒い頭...
中東小人種

ムハンマド・ビン・サルマーン(Mohammad bin Salman Al Saud)の人種と小人種と民族

 以下で、俺はムハンマド・ビン・サルマーン(Mohammad bin Salman Al Saud)の人種と小人種と民族を提示する。彼はイスラム教徒のサウジアラビア人である。彼は本物のエリートである。 1章 ムハンマド・ビン・サルマーンの人種と小人種と民族  俺の認識 ムハンマド・ビン・サルマーンの人種はコーカサス人種である。ムハンマド・ビン・サルマーンの小人種は中東小人種である。ムハンマド・ビン・サルマーンの民族はアラブ民族(サウジアラビア民族)である。  ムハンマド・ビン・サルマーンの人種はコーカサス人種である。ムハンマド・ビン・サルマーンの小人種は中東小人種である。ムハンマド・ビン・サルマーンの民族はアラブ民族(サウジアラビア民族)である。 ムハンマド・ビン・サルマーンはサウジアラビア人である。ムハンマド・ビン・サルマーンは中東人である。ムハンマド・ビン・サルマーンはコーカサス人である。 上記の画像を見ればわかるように、彼は典型的なアラブ人顔である。大きな目に高い鼻、そして彼の唇は暑く、日に焼けている。加えて、乾燥の適用により、彼の顔の堀は非常に深...
中東文明

イスラエルは十字軍国家のユダヤ教徒版か?イスラエルの将来と東洋人の対応

 無宗教の東洋人はイスラエルという宗教的人工国家の意味をいまいち認識できない。なぜ白人があそこに存在するかという疑問が初めに湧いて出てくる。ここで、俺はイスラエルの存在を歴史的観点から捉えて、納得のいく説明を提示しよう。 1:イスラエルは十字軍のユダヤ教徒版  無宗教の東洋人はイスラエルを十字軍のユダヤ教版と認識すると良い。十字軍では、キリスト教徒の白人は国家をなぜか中東のレヴァント地域に建設した。この十字軍国家に対する違和感と現代のイスラエル国に対する違和感は似ている。 イスラエルに対する東洋人の違和感  東洋人がイスラエルを見る時、なぜ白人がそこに存在するかと疑問に思う。ユダヤ教徒の白人はイスラエルを彼らの遺伝的原住地や先住地と信じきっているように思える。もしユダヤ教徒の白人は白人は中東に存在しないと認識しつつ、国家をモンゴル帝国のように建設するならば、東洋人は違和感を覚えない。 なぜなら、その種の行為はチンギス・ハンが西方へと領土を拡張したことに似ている。しかし、チンギス・ハンはペルシャや東欧をモンゴル人の原住地や先住地と考えなかった。それに対して...
中東文明

なぜイスラム教は偶像崇拝やアッラーやムハンマドの擬人化を禁じるか?

 偶像は、神仏を人間の手で、石や粘土、金属、木など様々な材料を使って像にしたり、絵に描いたりしたもの。またそれを崇拝することが偶像崇拝。イスラーム教では、偶像は人間が作ったものにすぎず、神そのものではないから、それを崇拝することは間違えている、として厳しく禁止している。  イスラム教は偶像崇拝やアッラーやムハンマドの擬人化を禁じてきた。その結果、イスラム教には、ギリシア彫刻のような彫刻が存在してこなかった。なぜイスラム教は偶像崇拝を禁じるのか? 以下で、俺はなぜイスラム教は偶像崇拝を禁じるかを憶測する。また、イスラム教がアッラーやムハンマドの擬人化も禁じるのかについて述べる。ただし、以下では俺の勝手な憶測である。 宗教的な理由  理由:創造主の偶像や肉体を崇拝することは創造主それ自体の崇拝でない。  創造主が自己の肉体や形を持つかどうかはここでは問題にしない。上記では、「偶像は人間が作ったものにすぎず、神そのものではないから、それを崇拝することは間違えている」と提示されている。当然、その解釈も間違いでないだろう。 創造主の形≠創造主  創...
中東文明

中世中東の歴史〜イスラム教の勃興から東ローマ帝国の消滅まで

習近平  古代メソポタミア文明は「こちら」から  無宗教の東洋人、特に日本人や朝鮮人は中東の歴史を感覚的に把握することは非常に難しい。ここで、俺は東洋人が中東の歴史を捉える方法を提示する。 ここで、俺は中世中東の歴史をイスラム教の勃興600年〜東ローマ帝国の滅亡1400年までと認識する。特に意味はない。  三分割法:君は任意の時代を三分割する。その後、君は分割された単位時代をさらに分割する。3^nになるように!  上記の方法を採用するとき、中世中東の歴史は「イスラム教の勃興600年〜十字軍1100」と「十字軍〜モンゴル帝国1200」と「モンゴル帝国〜東ローマ帝国1400」に分割する。その後、君は各時代をさらに分割しよう。 イスラム教の勃興の前の状態(初期状態)  イスラム教の勃興時の初期状態:ササン朝ペルシアが存在した。東ローマ帝国(ピザンツ)も存在した。  パルティア(紀元前200〜紀元後200年で漢帝国に対応)が滅びた後、ササン朝ペルシアが起こった。当時、ローマ帝国も健在であったが、約500年にゲルマン人による侵略と破壊によって...
コーカサス人種

セムはY染色体ハプログループJ(セム語族)で、ハムはY染色体ハプログループE(ハム語族)で、ヤペテはY染色体ハプログループR(印欧語族)か?〜Y染色体ハプログループと語族〜

 以下では、俺はセムとハムとヤペテが誰であるのかを提示するつもりである。以下の文章は俺の霊感であり、実際であるのかは不明である。 セムとハムとヤペテ セムの民  セムの民:セムの民とは、Y染色体ハプログループJを持ち、かつセム語族を持つ民である。  セムの民とは、Y染色体ハプログループJを持ち、かつセム語族を持つ民である。いわゆる、アラビア語を話すアラブ人がセムの民である。セムの民はアラビア半島やレヴァント地域、そしてトルコの一部やペルシャの一部に住んでいる。 セムの民はユダヤ教やキリスト教やイスラム教を作った民であるように思える。彼らは商業や宗教や社会設計、統治などに長けている。一方で、彼らは軍事や建築を苦手とする。セムの民の人種はコーカサス人種であり、セムの民の小人種は中東小人種であり、セムの民の民族はアラブ民族である。 ハムの民  ハムの民:ハムの民とは、Y染色体ハプログループEを持ち、かつハム語族を持つ民である。  ハムの民とは、Y染色体ハプログループEを持ち、かつハム語族を持つ民である。ハムの民の代表例はエジプト人であ...
広告
タイトルとURLをコピーしました