初期欧州農耕民(Early European Farmers)〜Y染色体ハプログループG2a〜

広告

 現代西欧人は西部草原牧畜民と西部狩猟採集民と初期欧州農耕民の交雑であるらしい。西部草原牧畜民は東部狩猟採集民とコーカサス狩猟採集民の等しい交雑であるらしい。西部草原牧畜民が欧州及び地中海へと移動した後、彼らは初期欧州農耕民と母系で交雑した。個人的には、俺は初期欧州農耕民の遺伝子は古代地中海文明及び西欧文明の創造に必要であったと感じる。

広告

初期欧州農耕民(早期欧州農耕民)

Massive migration from the steppe was a source for Indo-European languages in Europe」によると、サルデーニャ人は初期欧州農耕民の遺伝子を8割以上持っている。ギリシア人とスペイン人とイタリア人は7割持っている。いわゆる、西側地中海人は初期欧州農耕民の遺伝子を7割以上持っている。

一方、イギリス人とフランス人は初期欧州農耕民の遺伝子を5割持っている。東欧や北欧の白人は初期欧州農耕民の遺伝子を4割以下しか持っていない。例えば、エストニア人は2割以下持っている。東欧や北欧の白人は西部草原牧畜民の遺伝子や西部狩猟採集民の遺伝子をより多く持っている。エストニア人は西部狩猟採集民の遺伝子を3割持っている。

まとめると、地中海や欧州南部には、初期欧州農耕民の遺伝子がより多く観察される。

ハプログループ

 俺の認識 初期欧州農耕民の雄はY染色体ハプログループG2aを持っていた。

 個人的には、俺はこのY染色体ハプログループG2aがシュメール人の雄のY染色体ハプログループでないかと勘ぐる。下記でも述べるが、初期欧州農耕民は農耕民であったらしい。俺の勝手な印象では、シュメール人も牧畜民というよりは農耕民であったように見える。

人種的な形質

 俺の認識 初期欧州農耕民の身長は高くなかった。

 俺の印象では、初期欧州農耕民の人種的な形質は不明である。けれども、wikipediaによると、彼らは明るい肌の色と黒い髪と茶色の眼を持っていた。

欧州における西部狩猟採集民は高い身長を持っていたらしい。初期欧州農耕民が欧州へと移動した後、欧州における平均身長は低下した。しかし、その後、西部草原牧畜民の流入によって、欧州における身長は上昇した(wikipedia)。

移動経路

 俺の認識 初期欧州農耕民はアナトリア半島からバルカン半島、西側地中海、そして欧州の西部へと移動した。

 現時点では、8000年前から9000年前に、初期欧州農耕民はアナトリア半島からバルカン半島へと移動したように見える。彼らは土着の西部狩猟採集民を置換した。しかし、西部草原牧畜民が欧州へと流入して、Y染色体ハプログループG2aを置換した。

運転手と古代ギリシア人及び古代ローマ人

 「Massive migration from the steppe was a source for Indo-European languages in Europe」によると、ローマ人やギリシア人は初期欧州農耕民の遺伝子を多く持っているように見える。また、フランス人やイギリス人も初期欧州農耕民の遺伝子を東欧や北欧の欧州人よりも多く持っているように見える。

個人的には、俺はこの初期欧州農耕民の遺伝子が地中海文明の成立に深く関係したように見える。東欧の白人が自己の文明の形成に失敗して、西欧の白人が自己の文明の形成に成功した。この違いは初期欧州農耕民の遺伝子の有無であるように見える。

では、もしこの遺伝子が完全に自動的に運動するならば、この遺伝子が古代地中海文明を自動的に作ったのだろうか?俺が父系で伝達される何かを仮定する時、俺はこの遺伝子は古代地中海文明の創造に必要であったが、その創造の原因でなかったと感じたい。

遺伝子

 俺系統の認識 俺は次を認識する。もし遺伝子が自動的に運動するならば、遺伝子は文明の創造に必要である。

 ただし、遺伝子それ自体は文明の創造の原因でない。つまり、初期欧州農耕民の遺伝子は地中海文明の創造に必要であったが、その文明の創造の原因でない。宗教的には、その文明の創造の原因は父系(Y染色体ハプログループR1b)に対応して伝達される何か(運転手?魂?)である。

俺が自己の肉体を車体や畑、土壌と仮定する。この時、初期欧州農耕民の遺伝子は車体や畑、土壌である。この遺伝子は自動的に作動する。R1b系統の運転手が自動的に作動する車体や畑、土壌を必要な道具として使用した結果、その運転手が古代地中海文明の創造の原因になった。

上記の信仰を応用すると、もしG2a系統の運転手が白人の肉体を獲得するとしても、その運転手は古代地中海文明の創造の原因にならない。なぜなら、その運転手は別の何かを創造する力を持っていた可能性があった。原因と必要の両方が存在する時、文明aが生じるように見える。古代地中海文明はR1b系統の魂と初期欧州農耕民の遺伝子によって作られた。

文明の創造

 俺系統の信仰 x系統の運転手(魂)がx系統の文明をx系統の力で創造する。

 この時、肉体はx系統の文明の創造に必要なものである。俺はx系統の運転手(魂)はx系統の力を持つと信仰する。俺はそのx系統の力がx系統の文明を創造すると信仰する。しかし、たとえx系統の運転手(魂)はx系統の力を持つとしても、もしその魂がx系統の文明の創造に必要な対象を持たないならば、x系統の運転手はx系統の文明を創造することができない。

ただし、遺伝子は物質の階層では別の物質の運動の原因である。また、もし俺が現在の世界が毎秒ごとに創造されていると信仰するならば、遺伝子を含む物質それ自体も次の世界を毎秒ごとに創造している。しかし、運転手の階層や文明の階層から見ると、遺伝子は文明の創造の原因でなく、その創造の必要である。遺伝子それ自体が文明を自動的に創造していない。

電飛

タイトルとURLをコピーしました