初期欧州農耕民(Early European Farmers)〜Y染色体ハプログループG2a〜

コーカサス人種
https://unsplash.com/photos/H7KjQkfV8BQ
広告

広告

初期欧州農耕民(早期欧州農耕民)

ハプログループ

 俺の認識 初期欧州農耕民の雄はY染色体ハプログループG2aを持っていた。

 個人的には、俺はこのY染色体ハプログループG2aがシュメール人の雄のY染色体ハプログループでないかと勘ぐる。下記でも述べるが、初期欧州農耕民は農耕民であったらしい。俺の勝手な印象では、シュメール人も牧畜民というよりは農耕民であったように見える。

人種的な形質

 俺の認識 初期欧州農耕民の身長は高くなかった。

 俺の印象では、初期欧州農耕民の人種的な形質は不明である。けれども、wikipediaによると、彼らは明るい肌の色と黒い髪と茶色の眼を持っていた。

欧州における西部狩猟採集民は高い身長を持っていたらしい。初期欧州農耕民が欧州へと移動した後、欧州における平均身長は低下した。しかし、その後、西部草原牧畜民の流入によって、欧州における身長は上昇した(wikipedia)。

移動経路

 俺の認識 初期欧州農耕民はアナトリア半島からバルカン半島、西側地中海、そして欧州の西部へと移動した。

 現時点では、8000年前から9000年前に、初期欧州農耕民はアナトリア半島からバルカン半島へと移動したように見える。彼らは土着の西部狩猟採集民を置換した。しかし、西部草原牧畜民が欧州へと流入して、Y染色体ハプログループG2aを置換した。

電飛