Y染色体ハプログループEはネグロイド人種由来(黒人)であるか〜E1b1aとE1b1b〜

ホモ・サピエンス生物種
https://unsplash.com/photos/HcgK4WoBwzg
広告

 俺がtakeonomadoの呟きを見た後、俺は彼の意見に賛成しないと感じた。なぜなら、Y染色体ハプログループE1b1がネグロイド人種系統であるのかは不明である。個人的には、俺はネグロイド人種系統のY染色体ハプログループはAとBであるように感じる。

以下では、俺はY染色体ハプログループEはネグロイド人種由来であるかを提示する。なお、俺はY染色体ハプログループが必ずしも人種を表現しないことを述べておく。Y染色体ハプログループEとDの人々は非常に謎の人々である。

Y染色体ハプログループEはE1とE2に大きく分類される。E1はE1はE1aとE1bに分類される。E1bがE1b1とE1b2に分類される。E1b1aとE1b1bに分類される。基本的に問題になるのがこのE1b1aとE1b1bである。前者がネグロイド人種に高頻度で観察される。後者がコーカサス人種で高頻度で観察される。

広告

Y染色体ハプログループE

Y染色体ハプログループE1b1b

 Y染色体ハプログループE1b1b:Y染色体ハプログループE1b1bはコーカサス人種系統であるだろう。

 The origins of E-M215 were dated by Cruciani in 2007 to about 22,400 yearsago in the Horn of Africa.[3][Note 1] E-M35 was dated by Batini in 2015 to between 15,400 and 20,500 years ago.[7]In June 2015, Trombetta et al. reported a previously unappreciated large difference in the age between haplogroup E-M215 (38.6 kya; 95% CI 31.4–45.9 kya) and its sub-haplogroup E-M35 (25.0 kya; 95% CI 20.0–30.0 kya) and estimated its origin to be in Northeast Africa, where the node separating the E-V38 and E-M215 branches occurs about 47,500 years ago (95% CI: 41.3–56.8 ka).[1]

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_E-M215_(Y-DNA)

 Y染色体ハプログループE1b1bはコーカサス人種系統であるだろう。ただし、分岐の年代は約2万年前から約四万五千年前まで幅広い。約2万年前の場合、コーカサス人種的な分岐はすでに形成されていただろう。四万五千年前の場合も、彼らはネグロイド人種的でなく、原コーカサス人種的であっただろう。

上記では、takeonomadoは「歴代のファラオはネグロイド系のE1b1が主流だった」と呟いた。けれども、もしhそのYs染色体Y染色体ハプログループE1bがY染色体ハプログループE1b1b1であったならば、そのYs染色体はネグロイド人種系統でなく、コーカサス人種系統やコーカサス人種の近縁種系統であるように感じる。

Y染色体ハプログループE1b1a

 Y染色体ハプログループE1b1a:Y染色体ハプログループE1b1aがネグロイド人種系統であるのかは不明であり、コーカサス人種系統であった可能性もある。

 Y染色体ハプログループE1b1aがネグロイド人種系統であるのかは不明であり、コーカサス人種系統であった可能性もある。wikipediaの情報によると、Y染色体ハプログループE1b1aは約4万年前に分岐した。Y染色体ハプログループEの誕生は約7万年前であったと憶測されている。

約7万年前の時点では、人種の分岐は未分化であったはずである。たとえY染色体ハプログループE1b1aとY染色体ハプログループE1b1bが約4万年前に分岐したとしても、彼らはネグロイド人種的でなく、コーカサス人種的であったか、またはサン人的であったかもしれない。

Y染色体ハプログループE1b1aを持つホモ・サピエンスがネグロイド人種的であるのは、分岐の後に環境的に遺伝的に適合してネグロイド人種的になったか、またはアフリカの未知の人種の雌と交雑したか、Y染色体ハプログループA及びBと対になっていた雌と交雑したかである。個人的には、俺はY染色体ハプログループEはコーカサス人種に近い系統であるように感じる。ネグロイド人種がY染色体ハプログループE1b1aを持つのは、ネグロイド人種のアメリカ国民がY染色体ハプログループR1bを持つことに似ているかもしれない。

ハム系民族

 ハム系民族:Y染色体ハプログループEはハム系民族である。

 Y染色体ハプログループEはハム系民族である。Y染色体ハプログループEはハム語族(エジプト語)を持つ。一般的に、北アフリカにおける文明やヒラミッドがハムの文明である。

それに対して、セム系民族はY染色体ハプログループJを持ち、セム語族を持つ。聖書では、セムの民とハムの民が描かれているらしい。Y染色体ハプログループEはハムの民であり、Y染色体ハプログループJはセムの民である。

エジプト人とサウジアラビアのアラブ人は地理的にも近いが、非常に異なる民族であるだろう。現在、エジプトや北アフリカ人はイスラム教になった。けれども、俺はイスラム教はY染色体ハプログループEの本当の姿でないと感じる。