カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)の人種と小人種と民族

中東小人種
https://ja.wikipedia.org/wiki/カルロス・ゴーン
広告

 以下では、俺はカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)の人種と小人種と民族を提示する。

広告

カルロス・ゴーンの人種と小人種と民族

 カルロス・ゴーンの人種と小人種と民族:カルロス・ゴーンの人種はコーカサス人種である。カルロス・ゴーンの小人種は中東小人種である。カルロス・ゴーンの民族はレバント民族である。

 カルロス・ゴーンの人種はコーカサス人種である。カルロス・ゴーンの小人種は中東小人種である。カルロス・ゴーンの民族はレバント民族である。個人的には、俺はカルロス・ゴーンはアサドと同じ民族であると認識する。

ただし、カルロス・ゴーンはアサドよりもより地中海人的であるように見える。彼の目は横に少し長い。この横長の目は地中海人の特徴である。彼の髪や体毛、目は黒い。堀は深く、鼻は高い。眉毛はこい。唇は薄い。肌は東洋人と同じか、すこし明るい。

ゴーンはフェニキア人?

https://zh.wikipedia.org/wiki/卡洛斯·戈恩

 俺の記憶では、フェニキア人はセム語族であった。俺は彼らはゴーンのような顔を持っていたのでないかと予想する。俺の霊感では、フェニキア人はアサド大統領よりも少し地中海人的であったように思える。ゴーンとアサドを比較すると、ゴーンは少し地中海人に寄っていて、アサドはより中東的である。