スルタン・ヌール(エジプト出身)と庄内町議

日本社会
https://unsplash.com/photos/fj-p_oVIhYE
広告

庄内町議補選で初当選したエジプト出身の自営業スルタン・ヌール氏(49)=肝煎=は「これからが大事。一歩一歩進んでいきたい」と喜びを語った。

https://www.yamagata-np.jp/news/202107/19/kj_2021071900492.php

 上記のスルタン・ヌールは庄内町議補選で初当選したらしい。スルタン・ヌールは日本国籍を取得しているので、彼は日本国民である。以下では、俺はスルタン・ヌールに対する俺の違和感と大和民族の劣等性を提示するつもりである。

広告

スルタン・ヌール

人種

 人種:スルタン・ヌールの人種はコーカサス人種である。スルタン・ヌールの小人種は中東小人種である。スルタン・ヌールの民族はエジプト民族、または北アフリカ民族である。

 スルタン・ヌールの人種はコーカサス人種である。スルタン・ヌールの小人種は中東小人種である。スルタン・ヌールの民族はエジプト民族、または北アフリカ民族である。

人工的な概念

 人工的な概念:スルタン・ヌールはおそらくイスラム教徒である。スルタン・ヌールは日本国民である。

 スルタン・ヌールはおそらくイスラム教徒である。スルタン・ヌールは日本国籍を所有しているので、彼は日本国民である。

問題点

宗教的な問題

 宗教的な問題:スルタン・ヌールは日本列島の上の原住民をイスラム教の善悪や法で統治するのかを表現していない。

 スルタン・ヌールは日本列島の上の原住民をイスラム教の善悪や法で統治するのかを表現していない。俺はスルタン・ヌールが庄内町をどの系統の善悪やどの系統の宗教で統治するのかすら知ることができない。加えて、スルタン・ヌールはどの宗教の系統の社会を日本国に実現したいのかすら彼自身の言葉で表現していない。

二重国籍か

 二重国籍か:スルタン・ヌールはエジプト国籍を捨てたのかを明らかにしていない。

 スルタン・ヌールはエジプト国籍をきちんと捨てたのかを明らかにしていない。もしスルタン・ヌールがエジプト国籍を捨てていないならば、その時、彼は人間社会の維持をエジプトの上のエジプト人と日本列島の上の日本人に強制している