時刻と時間について

時刻及び時間
広告

Author: Kato Kazuya
Date: 2024. 03. 29
Place: Japanese Archipelago
Language: Japanese language

【目的】
 この文章では、俺は時刻と時間を定義する。時刻はエネルギの交換の順序数である。時間はある時刻と別の時刻との差である。

【単語】
 俺はエネルギを物富と翻訳する。この文章では、俺は物富という単語を使用する。俺はベクトルを矢印と翻訳する。俺はスカラーを目盛りと翻訳する。

広告

1章 時刻と時間の定義

【目標】
 この章では、俺は時刻と時間を定義する。時刻はエネルギの交換の順序数である。時間はある時刻と別の時刻との差である。

【単語】
 物富を交換するとは、物富を受け取る、または物富を与える、または物富を交換することである。現実的には、物体は光を発する、または光を受け取る、または光を同時に交換する。

【定義】
 物体Aが存在する。$t_{A}$を物体Aの時刻とする。$T_{A,n,m}$を物体Aの時刻nと時刻mの時間とする。$\boldsymbol{\vec{t_{A}}}$を物体Aの時刻の矢印とする。$\boldsymbol{\vec{e_{A}}}$を物体Aの単位時間の矢印とする。$n_{A}$を物富の交換の順序数とする。$n_{A,n}$を時刻nにおける物富の交換の順序数とする。$n_{A,m}$を時mにおける物富の交換の順序数とする。

$$\boldsymbol{\vec{t_{ A }}}=n_{ A } \boldsymbol{\vec{e_{ A }}}\tag{1.1}$$
$$t_{ A }=n_{ A }\tag{1.2}$$
$$\boldsymbol{\vec {T_{ A ,n,m}}}=(n_{ A,n } -n_{ A,m } )\boldsymbol{\vec {e_{ A }}}\tag{1.3}$$
$$T_{ A ,n,m}=n_{ A,n } -n_{ A,m }\tag{1.4}$$

 (1.2)と(1.4)はそれぞれの矢印の成分である。単位時間は時間である、そこでは物体Aは物富を一定間隔で交換する。現実的な例では、物体Aは光を一定間隔で発射し続ける。その間隔が単位時間である。
 なお、俺は順序数の差を次のように表示する。この時、(1.3)と(1.4)は次である。

$$\boldsymbol{\vec{dt_{ A }}}=(dn_{ A})\boldsymbol{\vec{e_{ A}}}\tag{1.5}$$
$$dt_{ A }=dn_ {A}\tag{1.6}$$

【単位】
 順序数の単位は無単位である。単位時間の単位は時間である。

【理屈】
 もし物体Aが物富を交換しないならば、時刻は存在しない。その時刻は0でなく未定義である。なぜなら、俺は時刻を物富の交換によって定義している。

【具体例】
 俺は時刻0を考える。時刻0は物体Aが物富を交換しないことでない。時刻0は物富の交換の順序数が0であることである。例えば、物体Aが光を1回発射する。俺がこの1回の順序を0と定義するとき、この時刻は0秒である。

【具体例】
 俺は時刻3分の2を考える。例えば、物体Aが光を1回発射する。俺がこの1回の順序を0と定義する。物体Aが光を1回受け取る。この回数の順序数が3分の2であるとき、物体Aの時刻は3分の2秒である。

関連

On Timepoint and Time.pdf

書き込み欄

  1. 俺ら 俺ら より:

    この文章の動画は「https://www.youtube.com/watch?v=r3SMolDE6iI」から

タイトルとURLをコピーしました