【オーレ・レーマー】光の速度の有限性

物質の運動
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC#/media/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Ole_R%C3%B8mer.jpg
広告
広告

1章 光の速度の有限性

目標
 この章では、俺は光の速度の有限性を提示する。

背景
 349年前に、レーマーが光の速度が有限であることを証明した。レーマーはデンマーク人であった。レーマーの表示はRomerである。oはslashed oである。彼は木星とその衛星イオを使用した。

証明
 俺が存在する。君が存在する。君が光を俺に1回目に発射する。掛かった時間は1秒であった。君が光を2回目に発射する。もし俺が君から非常に速く遠ざかるならば、君から俺への光の到達時間は1秒よりも大きくなる。このとき、光の速度は有限である。

 なぜなら、俺が光の速度は無限であると仮定する。もし光の速度は無限であるならば、君から俺への光の到達時間は1秒である。しかし、実際では、 君から俺への光の到達時間は1秒でない。この文は仮定に違反する。だから、光の速度は無限でない。もし 光の速度は無限でないが光の速度は有限であるならば、そのとき、光の速度は有限である。

関連

レーマーが光速度を計算した方法(1676年) (fnorio.com)

書き込み欄

タイトルとURLをコピーしました