稲と麦(小麦)の違い〜稲と麦は何が異なるのか?〜

植物
https://unsplash.com/photos/Y678onxFoJI
広告

 事実:俺は稲と麦の違いを区別できてこなかった。事実:しかし、稲と麦は文明的にも神話的にも非常に重要であるように見える。意志:以下では、俺は稲と麦の違いを提示するつもりである。

稲と小麦とトウモロコシは有名な穀物であるらしい。人々は稲とトウモロコシや麦とトウモロコシの違いを把握できるが、稲と麦の違いをパッと把握できないように思える。当然、稲は米であり、麦(小麦)はパンである。

稲や麦の他にも、豆やジャガイモが存在する。個人的には、俺は稲系統と豆系統とジャガイモが主食であるように感じた。

広告

稲と麦

見た目

 認識 稲の先端は垂れている粒々である。一方、麦の先端はゲジであるように見える。

 稲も麦も細くて長い植物であり、緑色を持つ。そのため、俺らは稲と麦をぱっと見区別できないように感じる。けれども、俺らが先端(実)の部分を観察するとき、俺らは稲と麦の違いを把握することができる。

稲の先端を見ると、稲は垂れ下がっている粒々を持っている。一方、麦はヒゲのような緑色の線を持っている。そのため、麦は先端にゲジ(虫)が付いているように見える。また、麦の稲のように垂れ下がっていない。

印象では、麦は髭を持つので、ふさっとしている。稲(米)はポツポツしているので、バラバラで細い印象を与える。一方、麦の実のつき方はより密集しているように見えるので、芯があるように見える。また、麦(1m以上)は稲(1m以下)よりも高いように思える。

状態

 認識 稲は水田の上に栽培されている。麦は土の上に栽培されている。

 上記の印象は実際であるのかは不明である。けれども、俺は稲は水が張ってある土地の上で生きている。一方、麦は野菜のように土の上で生きているという印象を持っている。

稲は水に密接に関係して、温暖と湿潤を連想させる。上記の画像は稲作(水田)に対する俺の印象である。水の存在が上記の写真にはあるので、水から俺は上記の写真は稲作であると感じる。

一方、麦は乾燥している土地でも育成するという印象がある。麦は乾燥と寒冷にも強いという印象がある。