ワールドワイドウェブ(www)の日本語訳は電飛網

カタカナ用語
https://ja.wikipedia.org/wiki/World_Wide_Web
広告

 俺はワールドワイドウェブ(www)の日本語訳を提示する。ワールドワイドウェブ(www)の日本語訳は電飛網である。省略形は電網である。

広告

ワールドワイドウェブ

ワールドワイドウェブ

 The World Wide Web (WWW), commonly known as the Web, is an information system where documents and other web resources are identified by Uniform Resource Locators (URLs, such as https://example.com/), which may be interlinked by hyperlinks, and are accessible over the Internet.[1][2] The resources of the Web are transferred via the Hypertext Transfer Protocol (HTTP), may be accessed by users by a software applicationcalled a web browser, and are published by a software application called a web server. 

https://en.wikipedia.org/wiki/World_Wide_Web

 俺は上記の英文をうまく理解できない。俺の解釈によると、ワールドワイドウェブは情報システムである。その情報システムでは電子的な文書(document)がURLによって定義されている。電子的な文書は互いに電飛(hyper link)で結びつけられていて、電街(internet)を通じて接続することができる。

俺らはこの hyperlink または link を「電飛」と翻訳する。systemを家と翻訳する時、情報システムは情報家となる。まとめると、ワールドワイドウェブは電子的な文章(document)が電飛によって結びつられている。そして、その文書の結びつきは一種の電子的な網(web)を形成している。

上記では、ワールドワイドウェブはシステムと書かれている。けれども、俺はワールドワイドウェブはシステムよりも網(web)に近いように感じた。インターネットはよりシステム的である。ワールドワイドウェブはインターネットというシステムの中の部分システム(部分情報システム=partial infomation system)であるように感じる。

ワールドワイドウェブの日本語訳

 ワールドワイドウェブの日本語訳:ワールドワイドウェブの日本語訳は電飛網である。

 ワールドワイドウェブの日本語訳は電飛網である。省略形は電網である。網は電飛同士が相互的につながって、蜘蛛の巣を形成していることを表現する。電飛網を英語に直すと、電飛網はhyper-link webである。

ワールドは不要であると審判したので、俺はワールドやワイドの日本語訳を提示していない。なお、俺はwwwとinternetとの違いをうまく認識していない。俺の勝手な印象では、wwwには、メールのような世界が含まれていない。

それに対して、internetには含まれている。wwwはあくまで電飛が作る蜘蛛の巣のような世界であると感じた。だから、俺はワールドワイドウェブ(www)の日本語訳は電飛網とした。