95歳元ナチス女性秘書を訴追、1万超の殺人ほう助 ドイツ〜95-year-old Irmgard F〜

欧州小人種
https://newamericangovernment.org/germany-political-dissident-ursula-haverbeck-sent-back-to-prison-may-become-oldest-female-inmate-in-the-world/
広告

 【2月6日 AFP】ドイツの検察当局は5日、ナチス・ドイツ(Nazi)の強制収容所の秘書だった女性(95)を1万人以上の殺害をほう助したとして訴追したと明らかにした。ナチスの戦争犯罪で女性の訴追は近年ではまれ。元秘書は、ナチスに占領されていたポーランドのグダニスク(Gdansk、ドイツ語ではダンチヒ Danzig)近郊にあったシュトゥットホーフ(Stutthof)強制収容所で働いていた。

https://www.afpbb.com/articles/-/3330420

 上記の行為に対して、大和民族のほとんどは違和感を覚えて、批判的である。以下では、俺はドイツ人の行為の意味を提示する。なお、モンゴロイド人種にとって、ユダヤ教徒の白人はユダヤ人でなく、ユダヤ教徒である。

また、ナチスにおける虐殺は白人による白人への虐殺・絶滅政策にしか見えない。だから、モンゴロイド人種にとって、ナチスによるスラブ民族の虐殺もユダヤ教徒の虐殺も同じである。どちらか一方を特別扱いすることはできない。

なお、俺はドイツ人を好まないので、ドイツ人によるドイツ人への糾弾に反対しない。もし俺がユダヤ教徒であったならば、俺は核爆弾を落として、ドイツ人を絶滅させただろう。東洋人には、慈悲は存在しない。

広告

1章 ドイツ人の行為の意味

 ドイツ人は殺人鬼の子孫である。にも関わらず、彼らはナチスの関係者をまるで他人事のように糾弾している。彼らの行為に対して、東洋人の大部分は未開っぽいと感じてきた。

実際、ゲルマン民族は遺伝的には優秀であるが、文明的には未開の民族である。だからこそ、彼らは彼らの遺伝子に縋り付いて、ゲルマン至上主義を賛美した。以下では、俺は彼らの行為の意味を提示する。

1節 自己の欠如

 ドイツ人は自己それ自体をうまく認識していない。だから、彼らはナチスやナチス関係者をまるで他人事のように糾弾している。上記の糾弾に対する違和感の原因とは、ドイツ人は彼ら自身がナチスであることをうまく認識していないように見えることである。

この性質はおそらく白人の遺伝的な性質である。だから、彼らは彼ら自身を古代ギリシア人や古代ローマの遺伝的な後継者と認識する。加えて、ユダヤ教徒の白人は自己をユダヤ人と認識しているように振る舞う(彼らは遺伝的にはほぼ白人)。

実際、ドイツ人は他人、ひどい場合には、有色人種を差別主義者やナチスと糾弾してきた。しかし、人々は「ナチスはお前だろ」、「差別主義者はお前だろ」と逆に突っ込みたくなってきた。彼らの行為はまるでワキガの人間が東洋人を臭いと言っているような行為である。ワキガである自己を認識できないので、他人をワキガと侮辱してしまう。

2節 先祖の欠如

 ドイツ人は彼ら自身の先祖(もっというと自己の過去)をうまく認識していない。その結果、ドイツ人は彼ら自身の先祖がナチスであることをうまく認識できていない。だから、彼らは他人事のようにナチスを糾弾する。

なぜなら、彼らは自分の先祖がナチスと感じていない。彼らにとって、先祖は文字の上の何かである。彼らは先祖に関する知識を持っているが、彼らは先祖それ自体を “認識” していない。

3節 キリスト教

 ドイツ人の行為に対する文明的な違和感はキリスト教由来である。その宗教では、ドイツ人は過去を否定して、贖罪して、生まれ変わった気分を味わおうとする。

だから、ドイツ人は自分たちは自己の罪を償い反省したから、ナチスでない、ナチスを糾弾する立場であると感じている。その結果、彼らはまるで他人事のようにナチスを糾弾し始める。

さらに、キリスト教では、彼らは先祖を否定したり、家族から引き離して、過去を断絶させる。過去の断絶と家族からの隔離はカルト宗教の特徴である。