ジャン・ベレニュク(Zhan Beleniuk)とウクライナ国民、そしてゼレンスキー大統領〜ウクライナ唯一の金メダリストでアフリカに帰れ〜

ネグロイド人種
https://unsplash.com/photos/ziSQbFF1HJ4
広告

 東京五輪レスリング男子グレコローマン87キロ級で金メダルを獲得したジャン・ベレニュクウクライナ)が、帰国後にキエフ中心部で若者に人種差別を受けたことを明かし、同国のゼレンスキー大統領が怒りを見せている。ベレニュクは黒人としては同国初の国会議員で、五輪金メダリストという人物。ロシア「RT」によると、ベレニュクは若者に「アフリカに帰れ!」などと罵声を浴びせられたことをSNSに投稿した。(省略)この事実は同国で大きな波紋を呼び、すでに警察当局は捜査を開始。ウクライナのボロディミル・ゼレンスキー大統領はツイッターで「ジャン・ベレニュクのおかげでウクライナの国歌が流れた! 彼はウクライナの最も価値のある人間の一人です! 私たちの人々は彼を誇りに思っています! そして、ウクライナでは人種差別や排外主義は受け入れられない!」と怒りをあらわにしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4d272bf64e39e31656b2375d33c492e9dee6de62

 以下では、俺は上記の速報の読み方を提示する。大和民族は宗教に無知であるが、この状態は非常に悪い。キリスト教徒の白人とユダヤ教徒の白人の仲の悪さは知識としては知っておいた方が良い。

広告

ジャン・ベレニュク

ジャン・ベレニュク

 俺の認識 ジャン・ベレニュクはネグロイド人種のウクライナ国民である。

 ジャン・ベレニュクはウクライナ人でない。ここでは、ウクライナ人とは、東スラブ民族である。ジャン・ベレニュクはルワンダからのネグロイド人種であるので、彼の小人種は中南部小人種であるように見える。

上記では、「アフリカに帰れ」と言われたらしい。けれども、ジャン・ベレニュクの自然な生息地はサブサハラであり、欧州でない。東洋文明における儒教では、この種の発言は失礼であるかもしれない。しかし、ジャン・ベレニュクがウクライナの自然民でないことは事実である。

また、ジャン・ベレニュクは差別されたと主張した。けれども、ジャン・ベレニュクは東欧の白人は黒人奴隷によって繁栄してきていなことを考慮する必要がある。黒人奴隷は西側白人の行為であり、東欧は無関係であるので、ネグロイド人種に同情する歴史的な正当性は存在しない。差別に関しては、ウクライナはキリスト教国家であるので、正当であるかもしれない。

 国としての歴史・ストーリーに乗ってない人種だと共感しづらく違和感を覚えるのは事実だろうな。フランスやイギリス等でのアフリカ系は植民地支配の歴史があるので、彼らが自国選手として出ることに違和感を感じないが。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4d272bf64e39e31656b2375d33c492e9dee6de62/comments

ゼレンスキー

宗教

 俺の認識 ボロディミル・ゼレンスキーはユダヤ教徒の白人であり、ユダヤ教徒の白人とキリスト教徒の白人は非常に仲が悪い。

 上記の速報を読むとき、俺らはゼレンスキーの宗教がユダヤ教徒であることを考慮する必要がある。上記の速報では、彼は「ジャン・ベレニュクのおかげでウクライナの国歌が流れた! 彼はウクライナの最も価値のある人間の一人です! 私たちの人々は彼を誇りに思っています! そして、ウクライナでは人種差別や排外主義は受け入れられない!と白々しく述べた。

しかし、俺らはゼレンスキーはキリスト教徒のウクライナ人を宗教的にかつ相互的に嫌っているかもしれないことを考慮する必要がある。口語的には、ゼレンスキーは彼の民を歴史的に、かつ宗教的に嫌っているので、ネグロイド人種を持ち上げて、キリスト教徒のウクライナ人を差別主義者や排外主義者と下げたいように見える。ジャン・ベレニュクは黒人としては同国初の国会議員であるらしいが、”誰” が彼を議員にしたのかをよく考える必要がある。

考えられる手法としては、間接統治と人種浄化である。ユダヤ教徒の白人がキリスト教徒の白人を直接的に統治するとき、彼らは非常に恨まれる可能性がある。だから、モンゴル帝国がペルシャ人を間に入れたように、ユダヤ教徒の白人は黒人を緩衝材として入れたいように見える。

 その他の可能性は復讐である。キリスト教徒の白人はユダヤ教徒の白人を虐殺してきたので、彼らは黒人やその他の有色人を持ち上げて、キリスト教徒の白人はユダヤ教徒の白人を虐殺してきたので、彼らは黒人やその他の有色人を持ち上げて、に復讐したいように思える。たとえ上記が事実であるとしても、宗教的に無関係な有色人は彼らの宗教問題に干渉すべきでないだろう。ただし、知識としては彼らの心理を把握する必要があると感じた。