スティービー・ワンダーのガーナ移住と民主主義の弊害

ネグロイド人種
https://ja.wikipedia.org/wiki/スティーヴィー・ワンダー
広告

(CNN) 米歌手スティービー・ワンダーが、西アフリカのガーナに移住する計画を明らかにした。米国の政治的混乱を理由に挙げている。

司会者のオプラ・ウィンフリーとのインタビューの中で、「この国の笑顔がまた見たい。ガーナに移住するため旅立つ前にそれが見たい。なぜなら僕はそうする予定だから」と語った。ウィンフリーから「ガーナに永住するつもり?」と尋ねられたワンダーは「その予定」と応じ、「自分の子どもたちの子どもたちの子どもたちが、『私を好きになって、私を尊敬して、私が大切なことを知って、私を尊重して』と言わなければならないのは見たくない」と言い添えた。

ワンダーがガーナ移住を検討していると打ち明けたのは今回が初めてではない。1994年にも、ガーナの方が米国よりも地域社会の一体感があると語っていた。

https://www.cnn.co.jp/showbiz/35166857.html?ref=rss

 現在、米国は政治的に混乱している。その状態に対して、スティービー・ワンダーはガーナに移住するつもりであるらしい。俺が彼の行為を見た後、俺は民主制度それ自体に反対する。

以下では、俺は民主制度の問題点を提示する。アメリカ国民を見ると、俺は彼らは責任能力それ自体がないように見える。彼らは部屋や先住民の土地を荒らして、どうしようもなくなったら、別の場所へ逃げて、また民主制度を実行する。

拒否されると、わめいたり、彼らは差別されたと他人を悪魔化したり、独裁と人種的に侮辱し始める。

広告

1章 後始末や後片付けの欠如

 後始末や後片付けの欠如:民主制度には、投票者の後片付けや後始末が存在しない。

 国民は彼らの統治者を投票で選択する。しかし、彼らはその統治者が引き起こした状態や国民が引き起こした状態を後片付け、後始末をつけない。彼らは彼らの統治者を選択して、米国が荒廃すると、彼らは他国へと逃げようとする。

実際、米国は衰退しているので、ワンダーはガーナへと逃げようと考えている。そして、新たな土地において、彼はまた民主制度を要求する。同様に、社会が腐敗すると、彼は後片付けや後始末をつけずに、彼は新たな国家へと旅立っていく。

しかし、ワンダーもまた米国の荒廃した状態の責任や後始末をつける必要がある。しかし、西洋人やその影響下にある人間が後片付けや後始末の責任をつけることができない。個人的には、国民が引き起こした状態の後始末や後片付けをつけれないならば、彼らは投票行為をそもそも実行すべきでない。

1節 具体例

 ワンダーに対する違和感は家庭内(一族)における投票行為に似ている。両親と子供が投票権を持つが、子供は自己の投票行為の後始末や後片付けを彼自身でつけれない。部屋を荒らしたら、子供はその部屋を元どおりにしようとしない。

荒れた部屋の後に、子供はその部屋から逃げて行って、一族の先住民である両親に部屋の後片付けを押し付けようとする。もし米国が混乱して、荒廃するならば、米国民はその状態を元どおりにするか、きちんと後片付けや後始末をつけるべきである。

そもそも、後片付けや後始末できないならば、子供は家庭内の投票権を持つべきでない。たとえアメリカが荒廃するとしても、彼らはその状態の後始末や後片付けを実行しないし、彼らはその場所から逃げて、被害者ぶり、責任や対峙を回避しようとする。そして、彼らは新たな場所でもまた民主制度を実行しようとする。