Lloyd Austin(ロイド・オースティン)の国防長官起用か〜オースティン元中央軍司令官起用〜

ネグロイド人種
https://en.wikipedia.org/wiki/Lloyd_Austin
広告

 【ワシントン=黒瀬悦成】CNNテレビなど複数の米メディアは7日、次期大統領に就任する見通しとなった民主党のバイデン前副大統領が次期政権の国防長官にロイド・オースティン元中央軍司令官を指名する見通しだと伝えた。上院の承認が得られれば初の黒人国防長官となる。

ただ、国務長官や財務長官など主要閣僚やホワイトハウス高官への起用が発表された人物に白人が多いことから、民主党の黒人有力議員などから「不公平だ」とする声が上がっており、こうした事情からオースティン氏が有力候補として急浮上した可能性もある。

https://www.sankei.com/world/news/201208/wor2012080013-n1.html

 ロイド・オースティンはネグロイド人種のアメリカ国民であり、黒人国防長官になりそうである。上記の速報に関して、俺は手放しで賛成しない。以下で、俺はその理由を提示する。

広告

1章 上記の問題点

 上記の問題点 アメリカ先住民やイヌイットがアメリカ大陸で大統領や国防長官になれないことは不自然であり、悪い。

 アメリカ先住民やイヌイットが大統領や国防長官になれないことは不自然であり、悪い。これはアメリカ大陸だけでなく、オーストラリア大陸にも言える。現在、アメリカ先住民やイヌイットは統治者や国防長官になれない。

この状態はサブサハラ大陸で、ネグロイド人が大統領になれないことに似ている。この状態は「不自然」であり、奴隷的な状態である。21世紀における現在の状態は、モンゴロイド人種への奴隷的な状態である。

ただ、俺らは有色人種である。もし白人の米国民ばかりが権力者であるならば、その状態は人種的な損害を俺らに与えるだろう。その意味では、俺は彼の抜てきを歓迎したい。彼がモンゴロイド人種に好意的な範囲で。

2章 上記の反応に対する正当な反応

 正当な反応 正当な反応とは、アメリカ先住民やイヌイットが国防長官や大統領になれないことは奴隷化であり、悪いと判断することである。

 正当な反応とは、アメリカ先住民やイヌイットが国防長官や大統領になれないことは奴隷化であり、悪いと判断することである。上記の採用に関して、モンゴロイド人種が善と判断することは悪く、奴隷化の肯定である。もしネグロイド人がサブサハラで大統領になれずに、白人やモンゴロイド人ばかりが大統領になるならば、その状態は狂っているだろう。

大和民族の一部は上記を見て、多様性は素晴らしいと反応する。しかし、その種の反応は、モンゴロイド人種、特にアメリカ先住民に対する人種的な侮辱である。例えモンゴロイド人がサブサハラで大統領や国防長官に採用されるとしても、俺らはその状態を多様性は素晴らしいと賛美すべきでない。