薛剣(xuejianosaka)〜中国駐大阪総領事〜

漢民族
https://unsplash.com/photos/naOfJ3DlfPM
広告

 薛剣は中国の外交官である。彼の発言は少し過激であり、しばしば炎上してきた。しかし、俺が彼の発言を見る時、彼の発言の一部はそれほどおかしくないように見える。

広告

発言

害虫

 俺の認識 国際人権団体は東洋文明では害虫である。

 薛剣のこの発言は過激で、炎上した。けれども、国際人権団体が害虫であるのは事実である。この団体は21世紀における宣教師それ自体である。

実際、人権という考えはキリスト教的単語である。この団体はキリスト教の考えである人権を東洋文明における中国や漢民族に押し付けようとしている。この行為はスペイン人宣教師によるアメリカ先住民へのキリスト教の押し付けに等しい。

そもそも、西洋人がキリスト教系統の団体(人権団体)を中国の香港において、宗教的な活動を実行している。この行為それ自体が国家破壊行為それ自体である。21世紀における人権団体は日本人奴隷を売り買いしたキリスト教宣教師のスペイン人やポルトガル人に近いように見える。豊臣秀吉や江戸幕府がキリスト教を禁教にしたことを思い出すと、薛剣の発言は過激な表現を無視すればそれほどおかしくない。

 さらに、薛剣は次の投稿を投下した。俺が彼の投稿を読む時、彼の発言は正当であるように見える。実際、彼がいうように、この人権団体は他国政権の転覆を実行してきた正真正銘の政治団体である。実際、この団体はキリスト教の考えを悪用して、他国への干渉のきっかけを掴もうとしてきた。

中国がこの種の団体を破壊工作を繰り返す団体として注意するのは自然である。また、キリスト教の破壊工作の一つとして、無抵抗な状態を作り出すというものが存在する。例えば、彼らは人権侵害や報道の自由を悪用して、相手を無抵抗にさせて、他国の政権の転覆工作を実行しようとする。