東洋小人種の分類〜12億人の大陸東洋人は本当に漢民族であるか〜

東洋小人種
https://ja.wikipedia.org/wiki/王毅
広告

 12億人の大陸東洋人がなぜか中国人と呼ばれてきた。しかし、中国人とは漢民族の要素であり、彼らはかつて漢人と呼ばれてきた。12億人の大陸東洋人の全てが漢民族でない。

以下では、俺らは東洋人を分類する。東洋人はモンゴル民族と華北民族と朝鮮民族、漢民族と大和民族とチベット民族、そして華南民族とイヌイット民族に分類される。俺らは北方系、漢民族、南部系、そしてその他に分類する。

広告

東洋人

 俺らの認識:東洋人とは、東洋小人種の要素である。

 東洋人とは、東洋小人種の要素である。東洋小人種はモンゴロイド人種の部分集合である。もしxが東洋人であるならば、xはモンゴロイド人である。モンゴロイド人とは、モンゴロイド人種の要素である。

東洋人の生息地は東洋地域(シベリアから香港、日本列島あたり)と北米のカナダ地域である。東洋小人種はモンゴル民族と華北民族と朝鮮民族、漢民族と大和民族とチベット民族、そして華南民族とイヌイット民族に分類される。東洋小人種の人口は約12億から15億である。

北方系の東洋人

モンゴル民族

 モンゴル人とはモンゴル民族の要素である。俺は満州人やシベリアの東洋人もモンゴル民族に含める。この時、モンゴル民族の人口は約1億人になる。

モンゴル民族はモンゴル平原と満州地域、そしてシベリアに住んでいる。彼らは軍事的に強く、統治上手であるが、漢民族と比較するとあまり文明的でない。長い間、彼らは彼ら自身の文字をもたず遊牧民であった。彼らは農耕民でなかった。

彼らの顔は最も東洋人種的である。最も細い目とその周りの脂肪。頬骨の隆起。切れ長の目。しかし、彼らの体格は東洋人種的でない。彼らは東洋人の中で最もがっしりした体格を持つ。彼らの骨格も立派であり、骨が強そうに見える。これはポリネシア人にも言えるけれども。肌の色や髪の色もより明るい。茶髪や明るい目がしばしば登場する。俺の記憶によると、中国北東部の最北端の緯度はモスクワのそれと同じ、または同程度である。

華北民族

 華北人とは華北民族の要素である。彼らの生息地は黄河周辺(北京)やモンゴル平原南部、北朝鮮北西部あたりでである。

彼らは軍事的に優れている。彼らは統治にも比較的に長けている。有名な学者はこの地域から排出されないように思える。

彼らの目はより細く、彼らはよりがっしりした体格と長身を持つ。上記は習近平であるが、彼の外見は下記の蒙民族であるように見える。

朝鮮民族

 朝鮮人とは朝鮮民族の要素である。彼らの生息地は朝鮮半島である。

朝鮮民族は北方から半島へと南下した。これは彼らのがっしりとした骨格や体つき、筋肉質さを見れば、俺らは推測できる。また、有名な学者は存在しないように思える。これもまた北方の特徴である。

以下の動画は朝鮮人の体型を見るときに、非常に参考になる。彼女の体型はより良く、この種の体型は日本列島にはあまりいない。彼女の肩はなで肩でなく地面に水平であり、彼女の骨格はしている。これはより強い寒冷適応の結果であるはず。彼女の美しい体つきは北方っぽい。

漢民族

漢民族

 漢人とは漢民族の要素である。

漢民族の生息地は中原である。

イヌイット民族

南方系の東洋人

大和民族

記は鳩山元総理である。彼の顔はすこし東南アジア人っぽい。別名、東洋のフィリピン人、東洋のロシア人。なぜなら、白人に対する彼らの態度(劣等感よりも変身願望に近い)はフィリピン人に類似する。また、日本列島は海によって中原から遮断されていて、ロシアと同じように、日本列島は東洋文明から最も遠い位置にある。そのため、文明の発達が最も遅れた。彼らも大陸東洋人でなく列島東洋人であり、彼らの生息地は日本列島である。海洋民族。

 彼らの体格は北方的でなく南方的である。彼らの肩はなで肩であり筋肉質でない。また、彼らの骨格は非常に華奢である。これは南方の特徴である。ある程度有名な自然科学者や数学者の数は他の東洋人と比較すると少なくない。彼らは漢民族よりも文化的文明的でないが、朝鮮民族よりも文化的文明的であるように見える。これらから、俺は大和民族の先祖は殷王朝あたりから日本列島へと移動したと推測する。当然のことながら、当時、漢民族も朝鮮民族もまた分岐していなかったはず。なぜか大和民族は長江文明の子孫を名乗らない。彼らは長江文明の後継者を名乗る資格を持っているように思える。これは日本列島が日本海によって遮断されてきたからかも。

 大和民族の特徴は縄文人の遺伝子である。これによって、彼らは東南アジア人っぽさやアメリカモンゴロイド人種っぽさを持った。くせげ、体毛の濃さは彼ら由来である。歯並びの悪さは混血による遺伝子の制御不能の結果であるかも。

 彼らは軍事的に強いのか弱いのかわからない。白村江の戦いや元寇、内戦、秀吉による西への移動、日中戦争、日露戦争、アメリカ合衆国や大英帝国との戦争がある。戦争すべきでない相手と戦争してきたように見える。臆病さと被害妄想の強さからか、、、。外交下手なのは今も相変わらず。

チベット民族

彼らの生息域は中国の南西部からチベット地域にかけてである。仏教の印象が強い。ダライ・ラマが代表的である。俺は俺らの外見に関する知見を持っていない。

 彼らの一部は大和民族と共通した遺伝子を持っているかも。ただし、俺はこの分野に明るくない。遺伝学者に尋ねるべし。おそらく、大和民族とチベット民族は殷王朝の始まりまたは崩壊あたりからチベット地域と日本列島へと移動した。だから、彼らは共通した遺伝子を持つと俺は憶測する。3000年から3500年以上の時間が経過したので、その時間は民族の分岐には十分であ』

華南民族

  華南民族の生息地は華南地である。テレンス・タオは漢民族でなく華南民族である。彼らは頭が良く商売上手である。目が東南アジア的で、鼻が横に広がっている。

  それは高温多湿のためである。台湾や華南民族の一部は離れ目である。その原因は不明である。彼らは漢民族と同様に文化的であり文明的である。俺の憶測によると、有名な数学者や学者の大部分は華南地域や華中地域から排出されてきたはず。ただし、華南民族は軍事的に強くないように見える。ちなみに、大和民族(日本人とは大和民族の要素)は漢民族と次の華南民族の中間に配置されるように見える。