孔子のY染色体ハプログループはC2系統であるか?O2a系統であるか?Q系統であるか?

漢民族
https://unsplash.com/photos/Y4dbJ43GabQ
広告

 東洋人の大部分は孔子のY染色体ハプログループはO2a系統であると憶測してきた。なぜなら、孔子は漢民族の象徴的な存在であってきた。しかし、俺が電街を探索した後、俺は孔子のY染色体ハプログループはC2系統であるかもしれないと知った。加えて、そのY染色体ハプログループがQ系統の可能性もあると知って、俺は驚いた。

広告

孔子

C2系統

 俺の認識 もし孔子のY染色体ハプログループがC2系統であったならば、孔子の父兄はモンゴル人であっただろう。

 俺がx系統の善悪を作る力をx系統の力とし、かつx系統の善悪を作る意志をx系統の意志と仮定する。その時、儒教に関するx系統の善悪はC2系統の善悪になる。そして、そのC2系統の善悪はC2系統の意志とその発現(C2系統の力)によって創造された。

In particular, we evaluated the candidate-specific lineage for the Dayan Khan family and the Confucius family, the descendants of the ruling family of the Chinese Shang dynasty. These findings suggest that ancient populations with varied C2b-F1067 sublineages played an important role during the formation of most modern populations in Eastern Eurasia, and thus eventually became the founding paternal lineages of these populations.

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32427951/

上記は有料であり、俺は全文を読むことができない。しかし、上記の文章のみから憶測すると、孔子や宋王家とダヤン・ハーンはY染色体ハプログループC2系統を持っていたように見える。もしこの憶測が実際であるならば、儒教及びその善悪は父系モンゴル人によって創造されたことになる。

つまり、モンゴル系統の善悪はモンゴル系統の意志とその発現(モンゴル系統の力)によって創造された。ただし、俺はモンゴル人に対する印象は農耕民でなく牧畜民であり、かつ彼らは自己の文字を持っていないことである。彼らは統治者や軍人としては優秀であるが、彼らは文字を巧みに扱ったり、宗教を創造するようにはあまり見えない。ただ、中東において宗教を創造した主体が牧畜民的であることを考慮すると、たとえモンゴル人父系が儒教を創造するとしても、俺はあまり驚かない。

O2a

 俺の認識 もし孔子のY染色体ハプログループがO2系統であったならば、孔子の父兄は漢人であっただろう。

 上記と同様に、俺がx系統の善悪を作る力をx系統の力とし、かつx系統の善悪を作る意志をx系統の意志と仮定する。その時、儒教に関するx系統の善悪はO2系統の善悪になる。そして、そのO2系統の善悪はO2系統の意志とその発現(O2系統の力)によって創造された。

漢系統の善悪は漢系統の意志とその発現(漢系統の力)によって創造された。この場合、俺の感覚はこの憶測に反しない。漢民族は文字を巧みに扱い、農耕民族的である。