プロトコルの日本語訳は話法

カタカナ用語
https://en.wikipedia.org/wiki/Hypertext_Transfer_Protocol
広告

 プロトコルまたはプロトコール英語: protocol 英語発音: [ˈproutəˌkɔːl][ˈproutəˌkɔl]フランス語: protocole フランス語発音: [prɔtɔkɔl])とは、複数の者が対象となる事項を確実に実行するための手順について定めたもの。

https://ja.wikipedia.org/wiki/プロトコル

 以下で、俺はプロトコルの日本語訳は話法を提示する。プロトコルの日本語訳は話法である。なお、以下では、電子計算機におけるプロトコルを重視する。

広告

1章 プロトコルの日本語訳

 プロトコルの日本語訳 プロトコルの日本語訳は話法である。

 プロトコルの日本語訳は話法である。日常的には、プロトコルとは他の対象との話し方である。一般的に、プロトコルは外交儀礼や外交儀礼における手続きとして認識されているように思える。

21世紀における電子計算機の発達に伴い、プロトコルの意味は通信プロトコルになった。この時、俺は電子計算機同士のプロトコルは「話法」と別に訳されると良いと審判する。電子計算機におけるプロトコルは外交プロトコルに日本語世界では一致しない。

おそらく、2以上の電子計算機が相互的な通信を実行する時、それらは外交におけるプロトコルのような手続きを必要としているかもしれない。けれども、日常的には、その通信は話し方に近いように思える。俺らがプロトコルを「話法」と訳す時、俺らはプロトコルの意味を感覚的に把握できるだろう。

 もっとも、大和民族は会話における話法を持っているのかは不明である…。httpの日本語訳は「ここ」から。