リンクの日本語訳は電飛

言語
https://en.wikipedia.org/wiki/Hyperlink
広告

 以下で、俺はリンクの日本語訳を提示する。リンクの日本語訳は電飛である。

広告

1章 リンクの日本語訳

 リンクの日本語訳 リンクの日本語訳は電飛である。

 リンクの日本語訳は電飛である。俺らがリンクを押す時、俺らは異なるページへと電子的に飛んだように感じる。だから、俺らはリンクを電飛と名付ける。

実際、リンクを踏むやリンクに飛ぶという表現が日本語には存在する。だから、電飛は感覚的にも適切である。

俺はリンクの仕組みを知らない。もしかすると、リンクとは、俺らが信号を何かに送信した後、返ってくる情報を閲覧しているのかもしれない。つまり、俺らはリンクを踏んで、どこかに飛んでいるわけでない。しかし、もし俺らが男性器の管理を男性器に関する知識よりも優先するならば、俺らは上記の名付けを好むだろう。

タイトルとURLをコピーしました