プロバイダの日本語訳は電網敷設者(電敷者)

言語
https://en.wikipedia.org/wiki/Internet_service_provider
広告

 インターネットサービスプロバイダ英語: Internet Service Provider)とは、インターネット接続の電気通信役務を提供する組織のことである。プロバイダISPなどと略して呼ばれることが多い。日本では、電気通信事業者であり、インターネット接続事業者(略して接続事業者)と訳されることがある。回線事業者がプロバイダ業も兼ねて提供している会社と回線事業者の回線を使ってプロバイダ業のみサービスを提供する会社に分かれる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/インターネットサービスプロバイダ

 以下で、俺はプロバイダの日本語訳を提示する。プロバイダの日本語訳とは、電網敷設者である。その略称は電敷者(でんふ者)である。

広告

1章 プロバイダの日本語訳

 プロバイダの日本語訳 プロバイダの日本語訳は電網敷設者である。その略称は電敷者である。

 プロバイダの日本語訳は電網敷設者である。その略称は電敷者である。

例えると、プロバイダは家と街との間に道路を敷設する。サーバーは街の中の家を貸し出す。なお、俺はこの例えがあっているのかを知らない。

けれども、プロバイダは電子的な網を道路のように引いていると解釈する時、俺らはプロバイダという単語をうまく扱うことができる。

 プロバイダを調べるとき、俺らは回線業者とプロバイダの何が違うのかをいまいち把握できてこなかった。俺は前者を物理的な線を引く人々であり、後者を家を電網世界に組み込む、繋ぐ人々であると認識する。この認識が正当であるかは不明である。

まとめると、物理的な線を引く回線業者と電子的な電網世界を提供する人々に分かれる。前者は回線業者と呼ばれ、後者はプロバイダと呼ばれる。

「プロバイダ」ってなに?何のために必要なのか、意味を説明
回線の種類を問わず、基本的にインターネットを利用するためには回線事業者だけでなくプロバイダ事業者との契約も必要になります。しかしなぜ回線契約だけでなく、プロバイダサービスの契約も必要なのでしょうか。そもそも回線事業者とプロバイダ事業者の違いとは一体何なのでしょうか。
プロバイダーとは? インターネット接続に必須の知識をわかりやすく解説
インターネットを利用するにはプロバイダーと契約する必要があります。それとは別に回線事業者とも契約しなければなりません。プロバイダーとはどんな存在で、回線事業者とはどう違うのでしょうか。プロバイダーの選び方も含めて解説します。
タイトルとURLをコピーしました