ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル(http)の日本語訳は電飛話法

カタカナ用語
https://en.wikipedia.org/wiki/Hypertext_Transfer_Protocol
広告

 Hypertext Transfer Protocolハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル、略称 HTTP)とは、WebブラウザWebサーバと通信する際に主として使用する通信プロトコルであり、インターネット・プロトコル・スイートのメンバである。HTMLなどのテキストによって記述されたWebページ等のコンテンツの送受信に用いられる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Hypertext_Transfer_Protocol

 以下で、俺はハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルの日本語訳を提示する。ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルの日本語訳は電飛話法である。

広告

1章 ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルの日本語訳

 ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルの日本語訳 ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルの日本語訳は電飛話法である。

 ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルの日本語訳は電飛話法である。英語では、ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルはhttpやhttpsと省略されている。

プロトコルの日本語訳が話法であった。だから、ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルのプロトコルの部分は「ハイパーテキスト・トランスファー・話法」である。ハイパーテキストは超文書、トランスファーは転送である。しかし、誰も超文書・転送・話法を感覚的に把握しないだろう。

だから、電飛話法とする。電飛はリンクを表現する。ここでは、俺らはハイパーテキストを電飛と便宜的に訳する。ハイパーテキストの本質は文書を超えるよりもむしろ、link機能(電飛機能)に存在するように思える。したがって、俺らはhttpの日本語訳を電飛話法と約束する。