メモリの日本語訳は手数

言語
https://ja.wikipedia.org/wiki/主記憶装置
広告

 以下で、俺はメモリの日本語訳を提示する。メモリの日本語訳は「手数」である。一般的に、メモリは主記憶装置と翻訳されているように見える。

広告

1章 メモリの日本語訳

 俺の記憶 メモリの日本語訳は「手数」である。

 メモリの日本語訳は「手数」である。その意味は次である。たとえ俺らがメモリを記憶と訳するとしても、俺らはメモリとハードディスクとの違いを認識できない。加えて、俺らはなぜメモリのGBが大きいと良いのかを感覚的に把握できない。

しかし、俺らはメモリを手数と訳す時、俺らはメモリの意味を感覚的に把握できるようになる。その時、俺らはこの単語を「管理」しやすくなる。

メモリは手数である。手数が多い(大きい)とき、俺らは情報を同時並行?で処理しやすくなるようになるのかもしれない。メモリが大きい=手数が多いので、料理人の腕が何本も存在するので、その料理人は同時並行で、様々な料理を処理できるようになる。

1節 メモリとCPU(はじき)

 俺はメモリとCPUの違いを認識しない。けれども、俺がメモリを手数、CPUを実行部(はじき)と翻訳する時、俺はその違いを感覚的に把握できる。正確には、脳内で管理しやすい単語が提示されるように感じる。

たとえCPUの処理性能(実行性能)が高いとしても、もし手数の性能(n-GB?)が悪いならば、実行部隊は命令を一本の手で一つづつ処理しなければいけない。しかし、もし手数が多い(容量が多い)ならば、CPUの処理速度が少し悪いとしても、同時並行(複数処理)できるので、全体の実行もそれほど悲惨にならない。

上記の文章は学術的には誤りであるだろう。しかし、男性生殖器の管理はその知識よりも優先されるように、メモリという単語の管理はその知識よりも優先される。あるいは、メモリは処理部が多くの命令を掴む手数であると認識するかもしれない。

言語
広告
広告
押せ
押せ
広告
俺らについて