女医問題ぶった斬り! 東京医大女性減点入試の真犯人[筒井冨美]

制度
twitter.com

 東京医大入試で明らかになった女医問題を、日本の医学部・医師教育問題の変遷とともに述べている。 同じ科、ほぼ同世代ということもあり、まったく意見は同じ。正論と感じた。 医学部入試の男女差別に言及するのであれば、勤務医(内科・外科・産婦人科・救急)の長時間勤務による過労死に対する現実的な対策を挙げるべき。 女医=男性医×0.8という現実、医局の戦力にならない「ゆるふわ女医」は淘汰されてもしかたないか。 とりあえず、知識とスキル向上続けよう・・・

 まさしく正論しか書かれていない。医師や医業は資格制、認可制だから、今までは国の施策でどうにでもコントロールできていた。しかし女医の出産育児は制御不能だ。女医が増えれば出産育児中の仕事を誰が肩代わりするのかという問題が起こるのは目に見えていたはずなのに。新専門医制度への批判も的を得ている。ちょっと残念なのは、男性医師だけでなく女医も、モチベーションは結婚、お金だけでなく、仕事の愉しみが第一だろうと思うのだが、そのことは最後にちょっとしか触れられていなかったことだ。

 医学部受験の女性差別について以前はマイナスなイメージがあったが、女性医師3人揃ってやっと男性医師1人分という意見を聞くと女性差別は必要だったのだなと。時短勤務ばかりで医療人として向上意欲の薄いゆるふわ女医が今後は淘汰されてジョブ型の成果ベースの環境になって欲しいと強く思う。現状のままでは患者側からしても男性医師が増えてくれた方が医療の未来は明るいと思うのは至極真っ当なことだ。問題の本質を鋭く突いているので厚労省も読んでほしい。そして、どんな職種でも20代の若いうちは特に女性は我武者羅に働くべきだと感じた。

 産婦人科医の過半数が女医なのに、過労死するのは男性医師ばかりとは…。医大入試が、事実上の採用試験となってしまうのも仕方ないのか。新研修医制度や新専門医制度も見直しが必要みたいだし、頭のいい人たちが考えてるはずなのに。

https://bookmeter.com/books/13965507

 女性医師の問題には、2種類の問題が存在する。1番目はシステムの問題、2番目は女性自身の問題である。以下で、俺はその2つの問題について述べる。

俺は上記の書籍を読むべきであると審判した。日本人女性はキリスト教でないので、まともな意見を提示できると俺は審判した。上記の女性は殺人鬼の子孫である白人に媚を売らない立派な人間であるだろう。

システム(制度)の問題

 システムとは、要素と集合と構造の組である。例えば、構造は法律や自然法則である。構造が要素の状態や行為を与える。

 人間社会では、要素は人間であり、集合は国家であり、構造は法律である。

女性医師の問題には、男女平等というシステムの問題が存在する。男女平等という制度はキリスト教由来である。その結果、日本国における医療制度が崩壊してきた。

男女平等という状態はキリスト教由来である

 男女平等の平等はキリスト教の概念である。これに反対する人間は差別主義者と呼ばれるが、その糾弾行為は中世における ‘ 異端 ‘ と同じである。東洋人にとって、男女公平や男女自立がより良いだろう。

平等という概念は女や子供の概念である。西洋文明は表面的にはマッチョであるが、実際は女々しく幼稚な文明である。だから、慈悲や平等が重視されてきた。その結果、西洋では、被害者が強くなってきた。

日本語では、西洋文明は甘えの文明である。黒人も女も白人男性の慈悲で生きてきた。その結果、彼らは被害者ビジネスを覚えてしまった。米国も欧州もめちゃくちゃであるが、その原因はキリスト教的な甘えと慈悲と平等の結果である。

大局的な自立の欠如

 女医は ‘ 大局的に自立 ‘ できない。だから、男性医師が大局的に自立できない負担を担ってきた。負担は男性医師に対する損害であり。女医はその損害の賠償をすべきである。

結局、女は自分で組織や人間社会を形成できない。だから、彼らは男性にそれらを作ってもらって、あとからその組織に入ってきて、 ‘ 平等 ‘を求める。その結果、組織がおかしくなってきた。

例えば、大局的に自立できない人間とは、子供や無職の引きこもりや介護老人や病人である。その種の人間に、選挙権や平等を与えれば、家庭が崩壊することは当然であるだろう。しかし、最高の偏差値を叩き出す医者ですらこんな簡単なことすら理解できない。

エックスサーバー

女医の問題

 女性の問題は集合というシステムの要素の問題である。女性の劣等さの問題は遺伝的なものでなく、社会性の欠如である。女性の優秀さは古代ゲルマン人の優秀さであった。

職業の概念の欠如〜女医が働きやすい職場?〜

 女性の大部分は職業の概念を認識できない。だから、彼らは医者を労働 ‘ 義務 ‘ でなく、自己実現やちやほやされるための手段であると感じる。たとえ俺らが女医を増やすとしても、女医は職業を身分やちやほやのための手段であると誤認するので、女医が増えると、 ‘ 患者 ‘ が死ぬ。

医者という職業が成立するのは患者が存在するからであり、その逆でない。しかし、女医は患者のことを考えずに、自分のことしか思考できない。だから、女医が増えると、医療社会がおろそかになり、結果として、患者が死ぬ。

また、女医は女性が働きやすい職場という文句を好んできた。この行為に対して、俺は女性は男性や社会が働きやすい環境を女性のために作るべきと感じてきると審判した。女性は自分自身の職場を彼女ら自身で作るつもりがない。結局、女性は男性に甘えて、男性が働きやすい環境を作ってくれると期待するのだろう。

白人様
白人様

 日本人の知の肉便器にとって、科学や数学は白人ごっこするための手段であるように、女医にとって、医者という職業はちやほやされるための何かでしかない。医者も科学者も身分でなく職業であるが、女は職業の概念すら認識できない。

社会性の欠如〜人間社会を維持するつもりがない〜

 女医は外科などの辛い仕事には従事しようとしない。戦争や土木工事に従事しようとしない。女医は耳鼻科ばかりに行こうとする。結局、女性は彼女ら自身が人間社会を維持しようとしてこなかった。

女性は人間社会の維持に伴う負担を全て男性に押し付けてきた。負担は損害であり、損害には賠償が必要である。損害には、暴力や強姦や殺人行為が含まれる。女性は社会性を持たないので、損害を認識できないし、損害に伴う刑罰すら認識できない。

結局、彼女らは人間社会を維持しようとしてこなかった。だから、女医が増加するとき、日本国における医療制度が崩壊した。なぜなら、彼女らは持続可能な社会を認識できない。

乞食体質

 女医は彼女らの組織や人間社会を彼女ら自身で作ろうとしてこなかった。彼女らは男性が組織を作ってもらって、その後、彼女らはその組織に入ってくる。彼女らは平等という単語を好む。

もし彼女らが拒絶されるならば、女性は差別されたと被害者ぶる。たとえ女性が平等という乞食行為に成功するとしても、女性は人間社会を維持するつもりがないので、女性の数が増加する組織は必ず崩壊してきた。たとえ人間社会が崩壊するとしても、女性は他の男に股を開いて、被害者として迫害されてきた人間として逃げれば良いと考えてきた。

女は自分で家を作らないが、男性に家を作ってもらって、家の中での平等を主張する。拒否されると、彼女らは被害者ぶる。まるで寄生虫や乗っ取り行為と同じである。

エックスサーバー

解決案

大局的な自立〜トイレ法〜

 女医の問題の全ては女性の大局的な自立の欠如である。だから、男性と女性がトイレのように別々の社会を形成するとき、女医の問題のすべてが解決されるだろう。女性が男性医師から大局的に自立するとき、女性が皮膚科などの楽な場所へと流れことが禁じられる。

なぜなら、そのとき、女性は女性だけで医療社会を形成できない。女性が大局的に自立するとき、女性自身が人間社会の維持を考えて、人間社会の持続性を考える。

もし女性自身がその能力を持たないならば、自然の摂理に沿って、その社会は滅亡する。女性は男性から大局的に自立してこなかったので、女性は人間社会を形成できてこなかったのに、彼女らは生存できてきた。

分岐法〜ちんぽ騎士防止法〜

 女性は女性自身の入試制度と大学、そして女性のための医師免許を作るべきである。男性は女性を甘やかして、女性を男性の組織に向かいいれようとするので、女性がつけあがる。女医の問題の大部分は ‘ 分岐 ‘ の欠如である。

男性と女性はトイレのように、分岐されなければいけない。結局、男性が女性を甘やかすから、日本の医療がおかしくなる。普通に考えれば、男性が作った組織に女性を迎い入れる必要はないだろう。

女性は女性の大学と女性の入試制度と女性の医師免許と女性の国籍と女性の国家を彼女ら自身で形成すれば良い。

タイトルとURLをコピーしました