宗教(religion)

文明
https://ja.wikipedia.org/wiki/神道
広告

 人種や宗教や文明が異なるとき、宗教に対する定義や認識も異なる。だから、俺らは任意の場所で共通する宗教に対する定義や認識を提示できない。

以下で、俺は宗教に対する俺の認識を提示する。俺の記憶では、religionの意味は人々をつなぐものであった。しかし、ここでは、俺は宗教をその種の意味で認識しない。

広告

1章 宗教

 共通認識 宗教(religion)とは、世界と人間(信者)と目的(決まり)の組みである。

 日常的には、世界は世界観である。人間は信者である。決まり(の善悪やその正当性)は宗教の目的や創造主の意志から導出される。

世界を集合と置く。人間を要素と置く。目的を決まりを置く。その時、宗教は一つの競技家である。日常的には、宗教は一種の運動競技や人工的な自然界である。

例えば、自然界には、宇宙という集合と物質という要素と自然法則という決まりが存在する。宗教には、世界(世界観)という集合と人間という要素と宗教的な戒律?という決まりが存在する。上記の認識では、宗教は自然界の上に作られた人工的な世界、または運動競技である。

2章 機能的宗教

  共通認識 機能的宗教とは、この世界で実際に機能する宗教である。

 当然であるが、世界観と信者と決まりが存在するとしても、その人工的な世界や競技は実際には機能しない。サッカーの試合が実際に機能するためには、背後でのお金の概念や約束の概念、または善悪というレッドカードが必要である。

同様に、宗教が実際に機能するためには、富に対する態度や約束の概念が必要である。その他にも、善悪や性規範、刑罰が必要とされる。この時、俺らは宗教という人工的な世界や運動競技を実際に機能させれることができる。

タイトルとURLをコピーしました