精子バンクとハイ・テクノロジーの行方〜白人男性の精子とハーフの子供が欲しい?〜

文明
https://togetter.com/li/1368128
広告

 西洋文明はハイ・テクノロジー・ロウ・ソサエティの文明であった。彼らは遺伝子テクノロジーを開発して、精子バンクを作り上げた。精子バンクテクノロジーによって、ホモ・サピエンスの雌はそれらの望む精子を獲得できるようになった。

大和民族の雌の中には、金髪碧眼の白人男性の精子を望んだ。そして、それらは白人のような容姿を持った中央アジア的中間種の子供を獲得しようとしてきた。なぜなら、その時、それらは雌の中でのママ地位を上げることができるようになった。

当然であるが、この種の白人至上主義的な行為を繰り返すと、大和民族の男は日本社会それ自体(ソサエティ)が崩壊するだろうと予想する。以下では、精子バンクを例にしながら、俺らはテクノロジーとソサエティを観察してみよう。個人的には、俺はソサエティそれ自体が男性的であり、テクノロジーは(少しホモ・サピエンスに近いが)人間的(雌的、オタク的)であると感じる。

広告

テクノロジー的な思考

 テクノロジー的な思考:もし(有色人種の)ホモ・サピエンスの雌が金髪碧眼の高IQ・高身長の白人男性の子供を産めば、人類(日本人)がイケメンで優秀になり、人類が発展する。

 精子バンクはハイ・テクノロジーの産物である。そこでは、大和民族の雌はそのテクノロジーを使用して、彼女らは白人男性の精子を獲得して、中央アジア的中間種を生み出そうとする。そして、彼女らは生まれてきた子供を「日本人」と呼び、日本人が美男美女になったような気分を味わおうとする。

男性の大部分はそれをやると、歴史や(東洋)文明や土地の先住権の話はどうなるのだろうかと疑問に思う。しかし、歴史や(東洋)文明や土地の先住権はソサエティの産物であり、テクノロジーの産物でないので、テクノロジー思考では考慮されない。

ソサエティ的な思考

 ソサエティ的な思考:大和民族の雌が大和民族の男性に依存しながら、白人男性の精子を求めるならば、その時、日本社会というソサエティが崩壊する。だから、その行為が禁止される。

 ソサエティ思考では、大和民族の雌が大和民族の男性に依存しながら、白人男性の精子を求めるならば、その時、日本社会というソサエティが崩壊すると考えられる。なぜなら、誰も(白人との中間種を見せびらかしたい)大和民族の雌のために、日本社会(ソサエティ)を維持しようと感じない。もし大和民族の雌が白人を好むならば、白人の養子を取れば良い。そして、彼女らは白人社会や欧州社会へと入っていけば良い。

大和民族の雌の行為は、イスラエルに依存しながら、「ユダヤ教徒の白人の鉤鼻が嫌、キリスト教徒の白人のハーフが欲しい〜」と言っているようなものである。カメルーンのネグロイド人に依存しながら、「黒い肌は嫌、白人ハーフの子供欲しい〜」と言っているような行為である。もし俺らがソサエティ的な思考を持つならば、誰もこの種のエヴァブラウンのために人間社会を維持しようと考えないだろう。

第一、この種の行為や発言、そして意図は明確な人種的な侮辱である。ソサエティ的な思考では、行為の善悪やソサエティの維持や継続、歴史や歴史や(東洋)文明や土地の先住権、漢民族との外交が重視される。ほとんどの男性は、中卒ですら、精子バンクで白人男性の精子に乞食するとしても、まともなソサエティは形成されないと直感的に認識する(雄は産む性でないけれども…)。

なぜホモ・サピエンスの雌は人間扱いされないのか?

 理由:ホモ・サピエンスの雌はソサエティそれ自体を認識できず、またソサエティそれ自体を人間から大局的に自立して形成できない。

 イスラム教では、現在でも、ホモ・サピエンスの雌は人間扱いされていない。なぜなら、ホモ・サピエンスの雌はソサエティそれ自体を認識できない。また、それらはソサエティそれ自体を人間から大局的に自立して形成できない。

ホモ・サピエンスの雌は「それをやったら、ソサエティ(運動競技)が壊れるだろう」ということを平気で実行する。だからこそ、この種の生物は「アジア人は嫌、白人ハーフの子供が欲しい」と有色人種に依存しながら、恥ずかしもなく言ってしまう。そして、例え理性的な人間がその種の人種侮辱的な行為を咎めるとしても、彼女らは何を指摘されているのかを理解できない。

だからこそ、彼女らは「日本人男性は持てない」や「嫉妬している」とトンチンカンな返答を繰り返す。人種的な侮辱や社会の維持はテクノロジーでなく、ソサエティに関する対象である。ホモ・サピエンスの雌は男性よりも動物に近く、それらはソサエティそれ自体を扱えない。