戦争における西洋白人の思考と彼らの世界観〜分析的思考と構成的思考と対決世界観

数理情報と軍事
https://ja.wikipedia.org/wiki/ガイウス・ユリウス・カエサル

 ドイツ人は戦闘に強いが、戦争に弱い。だから、彼らは戦争にいつも敗北してきた。白人が戦争に強いが、生存競争に弱い。つまり、ドイツ人は戦争に弱く、生存競争にも弱い。ドイツ人の将来は死であるだろう。

by 俺
  1. http://oreranitsuite.com/2019/12/18/孫武による孫子兵法とクラウゼヴィッツ戦争論〜/
  2. http://oreranitsuite.com/2019/11/06/西洋人の分析的思考と東洋人の包括的思考/

 戦争における西洋人の思考は分析的思考と構成的思考と対決世界観の3つである。ただし、上記のカエサルは白人小人種でなく地中海小人種であった。

1 分析的思考

 分析的思考とは、白人が対象それ自体を分析する思考である。関係性思考とは、東洋人が対象と対象の関係を把握する思考である。

http://oreranitsuite.com/2019/11/06/西洋人の分析的思考と東洋人の包括的思考/

 君が白人の行為を観察するとき、君は白人は対象を分析することを得意としていると審判する。なぜなら、白人の思考は分析的思考である。

その結果、白人は戦争を分析することを得意としてきた。それに対して、東洋人は戦争を把握する、認識することを得意としてきた。東洋人は戦争それ自体を分析するのでなく、人間同士の関係や国家同士の関係や人間同士の心理戦などを把握してきた。

2 構成的思考

 構成的思考とは、白人が対象を局所から大局へと論理的に構成する思考である。把握的思考とは、東洋人が対象を大局から局所へ把握的に認識する思考である。

http://oreranitsuite.com/2019/12/18/孫武による孫子兵法とクラウゼヴィッツ戦争論〜/

戦術と戦略と戦争

 構成的思考では、戦術は局所から大局へと構成的に拡張されて、戦略になる。戦略も同様に拡張されて戦争になる。

戦場(戦争)を構成するのが上手

 白人は戦場を構成することを得意とする。だから、アメリカは他の領土へと赴いて戦場を構成してきた。

ただし、構成的思考は物事を把握することを苦手とする。だから、アメリカは他の人間の領土で何をやってきたのかを批判される。

イスラエルや十字軍国家

 イスラエルや十字軍国家も白人の構成的思考の産物である。彼らは何かを構成することを非常に得意とする。だから、中東に白人国家がなぜか生じる。

しかし、君はなぜ白人があそこに国家を作っているかと疑問に思う。なぜなら、白人は把握的思考を持たない。

3 対決世界観とその弱点

 対決的世界観とは、白人が彼らの敵と対決して勝利するという価値観である。大局図的世界観とは、東洋人が大局的な世界を描き、彼らの目的を達成する世界観である。別名は大洪水的世界観

http://oreranitsuite.com/2019/12/18/孫武による孫子兵法とクラウゼヴィッツ戦争論〜/

 西洋白人の弱点はこの対決世界観に存在する。人間は他人と争い続けることができない。だから、争いがなくなり他人と対決できない時、彼らは弱くなる。

生存競争に弱い

 白人は生存競争に弱い。そして、彼らはその弱さを本能的に知っているので、彼らはゾンビ映画を恐れてきた。なぜなら、白人は大洪水のように溢れ出るゾンビと対決できない。

白人は宗教戦争に弱い。モンゴル帝国も結局仏教やイスラム教に改宗した。欧州もキリスト教に改宗した。欧州はイスラム教に改宗するだろう。

タイトルとURLをコピーしました