借金について

広告

Author: Kato Kazuya
Date: 2024. 04. 01
Place: Japanese Archipelago
Language: Japanese language

目的
 この文章では、俺は借金を定義する。

背景
 俺は負の富を定義した。俺はこの定義を使用して、俺は借金を定義する。

単語
 借金は負債とも呼ばれる。借金の英語はdebtである。負債の英語はliabilitiesである。

広告

1章 借金の定義

目標
 この文章では、俺は借金を定義する。

引用
 俺はKato KazuyaのOn the signs of wealthを引用する。

定義
 俺が金貨1 kgを君から借りる。このとき、俺は紙を作る。この紙は負の富である。この紙には、借りた富の大きさが負の符号として書かれている。借りた金貨は正の富である。つまり、俺が何かを借りるとき、俺は紙を作る。その紙が負の富であり、借りた対象が正の富である。
 俺はこの紙を借金紙(しゃっきんかみ)と便宜的に呼ぶ。俺は借りた物を借り物と便宜的に呼ぶ。借金紙は負の富である。借り物は正の富である。

借金紙は負の富である、かつある主体がある対象を借りた後に作られる。
借り物は正の富である、かつその主体が借りる。

 上記が定義である。

現実例
 現実例は次である。お金それ自体、書籍、文房具、家、車、服。

現象
 次は当然である。

借り物の大きさと借金紙の大きさの和は0に等しい。

 (+x)+(-x)=0。例えば、(+1000万円)+(-1000万円)=0万円。

書き込み欄

タイトルとURLをコピーしました