朝鮮人の通名制度(偽名制度)の異常性と日本国の政治家の無能性

大和民族
https://www.amazon.co.jp/小保方晴子日記/dp/B07N7ZX53X

 朝鮮人の通名制度(偽名制度)は朝鮮民族の悪い意味での異常性と世界での浮きっぷりの象徴の一つである。彼らが彼らの出自を隠すとき、誰も彼らと歴史的な話を交わせない。彼らは拉致問題について語るとき、彼らは自己を日本人(日本国民でない)と呼んで彼らの出自をごまかす。

彼らが朝鮮併合について話すとき、彼らは目本名を名乗りながら、彼らは日本人を民族的に侮辱する。当然、日本人は彼らが日本人でなく、朝鮮人であることをなんとなく感じ取る。加えて、彼らは日本人によって暴行されたり、殺されるとき、彼らはなぜか朝鮮人名を名乗り始める。

以下で、朝鮮人の偽名制度の問題点を提示する。さらに、俺は偽名制度における日本政府の無能性についても提示する。大和民族の一部は朝鮮人の偽名制度に関して、朝鮮人を批判するが、こんな馬鹿な行為すら適切に管理できない日本政府にも問題が存在する。

1章 偽名制度の問題点

 偽名制度には、朝鮮自身の問題と日本国の統治者の問題が存在する。始めに、俺は朝鮮人自身の問題を提示する。その後、俺は日本国の統治者の問題を提示する。

1節 朝鮮人の問題

 偽名の問題は「人種的・民族的な侮辱」と「歴史における主体と客体が定まらない」ことである。朝鮮人が日本人を名乗り、他者への損害的な行為を実行する。これは民族的な侮辱である。なぜなら、そのとき、日本人が朝鮮人の行為の責任をつける必要がある。

これは日産自動車の社員がトヨタ自動車の社員を名乗り、他者への損害的な行為を与えた。俺は法律に詳しくないが、このとき、日産社員はトヨタに損害を与えているので、彼の行為は法律で罰されるように思える。これは民族名だけでなく、個人名や異教徒名を名乗り、朝鮮人的な行為を実行すると、なんらかの法律を破るように思える。

 朝鮮人が日本名や朝鮮名を悪用するとき、誰も彼らと歴史の話を交わせない。もし俺らが文明や歴史それ自体を認識し、それらを重要であると判断するならば、この種の行為は厳しく罰される必要がある。例えば、もし白人がユダヤ教徒とキリスト教徒を悪用して、キリスト教徒名やユダヤ教徒名を使い分けるならば、誰もナチスやホロコーストについて真剣に考えないだろう。

むしろそのとき、色付きの大部分は彼らの不誠実さを厳しく批判するだろう。色付きがホロコーストをある程度真剣に考えるのは、白人が彼らの宗教に関して真面目であるからである。たとえキリスト教徒の白人がユダヤ教徒の白人を殺すとしても、もし彼らがユダヤ教徒やユダヤ教徒名と名乗るならば、誰も彼らの歴史について真剣に考えない。

もし朝鮮人が日本人を殺すとき、彼らが日本名を名乗るならば、彼らは厳しく罰される必要がある。また、そのとき、たとえ彼らが日本人によって殺されるとしても、彼らは朝鮮人を決して名乗るべきでない。

2節 日本政府の問題

 日本国の統治者は完全に無能であり、偽名制度すら禁止する統治能力を持っていない。偽名制度を認めるとき、誰も歴史や文明に関する話を交わせない。もし朝鮮人が日本名を名乗るならば、日本人も朝鮮名や中国名を名乗れる。

人間たちはその状態で東洋史に関してどうやって会話するのだろうか?普通に考えれば、朝鮮人の偽名は法律で禁じられるべきである。しかし、日本政府はこんな簡単なことすら管理、統治できない。 

この状態は、日本人が他人の名前を名乗って、背乗りしている状態である。もしこの行為が許されるならば、誰も朝鮮併合や原子力爆弾の投下すら語れないだろう。それだけでなく、民族名の悪用は個人名の悪用に近く、もし個人名が固定されないならば、人間社会が正常に機能しない。

 もし日本国の統治者が偽名制度すら撤廃できないならば、大和民族も縄文人の血の濃い人々も日本政府を必要としない。逆に無能な統治者が存在するからこそ、偽名制度が残り続ける。

偽名制度の責任は朝鮮人に存在する。しかし、愚かな彼らを適切に統治できない日本国の統治者にも問題が存在する。もし日本国の統治者が偽名制度すら禁じるつもりがないならば、彼らは彼らによる統治の正当性を彼ら自身で捨て去ることになる。

2章 朝鮮民族の典型的な反応(差別)

 大和民族が朝鮮民族の偽名制度を批判するとき、朝鮮民族はなぜか差別という単語を持ち出す。彼らは「差別されてきたので、仕方がなく通名を名乗ってきた」と日本人を悪魔化して民族的に侮辱して、加害者に仕立て上げる。

朝鮮民族はまるでユダヤ教徒の白人を悪魔化したドイツ人のように、大和民族を日本列島で悪魔化する。しかし、これはおかしい。以下で、その理由を見てみよう。

1節 なぜ朝鮮民族だけ?

 偽名制度を悪用するのは、朝鮮民族に特有である。漢民族もモンゴル民族もこの種の行為をしない。たとえ彼らが日本名を名乗るとしても、彼らは自己の民族に誇りを持っているので、彼らは出自をきちんと明らかにする。

実際、朝鮮民族の偽名制度はひどく嫌われているのは、その行為が朝鮮民族に特有であり、東洋文明における東洋人の中でも異常であるからである。それだけでなく、タイ人もベトナム人も彼らの出自はきちんと明らかにする。

もし偽名制度が認められるならば、朝鮮民族のみに適用されるべきでない。中国人も日本人もベトナム人も彼らの出自を隠して、複数の名前を持ち、朝鮮併合に関しては、中国人だから知らないと言えるだろう。

2節 朝鮮民族は拉致問題の加害者主体

 朝鮮民族は大和民族の差別により偽名を使用したらしい。彼らはこの種の「民族的な侮辱」を頻繁に繰り返す。この種の侮辱は朝鮮民族の異常性を暗示する。

朝鮮民族は大和民族を拉致して、ミサイルを現在でも日本列島へと発射している民族である。本来であれば、大和民族は朝鮮民族に拉致されるのが怖いので、大和民族こそが偽名を朝鮮民族の前で名乗るべきである。しかし、大和民族はより文明的であり、この種の卑怯な方法を採用しない。

朝鮮民族は彼らの意志で日本列島へと侵入して、彼らの意志で偽名を名乗り、他人を欺き、日本列島の原住民を民族的に侮辱して悪魔化している。偽名を名乗りたいのは、大和民族や縄文人の血を持った人間であるだろう。

3章 解決案(厳しい刑罰)

 以下で、俺は偽名制度の解決案を提示する。偽名制度を認めると、東洋文明の正当性が朝鮮民族によって破壊される。その結果、東洋文明が西洋文明によって破壊される可能性が上昇する。

俺らは偽名制度の問題に厳しく取り掛かる必要がある、もし君らが西側白人崇拝者でないならば。

1節 刑罰や刑事罰

 偽名を悪用する人間には、刑罰が必要である。これは日産社員がトヨタ社員を名乗り、損害的な行為を実行するとき、その社員は訴えられるだろう。人種や民族に関係する場合、この種の行為はさらに厳しく罰されるべきである。

刑罰の目的は人間の統治である。大和民族、特に菊池誠(キクマコ)のような学者は人間社会を認識できないので、それから導かれる刑罰それ自体を認識できない。もし俺らが刑罰を軽視するならば、偽名制度はいつまでもなくならない。

偽名制度を禁じる刑罰を実行するとき、もし朝鮮民族がナチスやヒトラーを持ち出すならば、その行為も民族的な侮辱として刑事罰を科す。朝鮮民族は半島の原住民であり、日本列島の原住民でない。彼らは日本列島へと侵入して、その土地の原住民をナチスやヒトラーと侮辱する。

 この行為もまた歴史に刻まれるべき民族的な侮辱である。人間社会を機能不全にするような行為は薬物と同様に、死刑のような厳しい罰を科されるべきである。たとえ大和民族が朝鮮民族を正しく批判するとしても、天罰は朝鮮民族に勝手に落ちない。

2節 擁護者も刑罰

 偽名制度の擁護者もまた刑罰を科されるべきである。この種の人間は日本人にマウンティングを仕掛けて、日本人を支配しようとする。彼らは偽名制度の正当性を決して主張しないが、他人を侮辱するレッテルを貼って、他人による社会形成行為を妨害しようとする。

適切な刑罰が存在しないので、この種の妨害者が蔓延する。大和民族は狩猟民族的な性質を強く残すので、彼らはこの種の愚か者をきちんと管理できない。彼らの行為は煽り運転や妨害運転に近い。

3節 大局行為法

 俺らは民族を小人種の部分集合とする。部族を民族の部族集合とする。個族を最小の集合とする。個族⊂…⊂部族⊂民族⊂小人種⊂人種⊂…。

個族とはその要素を個人とする集合である。例えば、安倍晋三の個族は安倍晋三族である。安倍晋三とは、安倍晋三族の要素である。

大局行為法 もしある人間が2種類以上の民族名を使い分けるならば、その時、任意の人間は民族以下の集合名を使い分けれる。

 上記の意味は次である。もしムン・ジェインという朝鮮人が朝鮮人や日本人、佐藤和也とムン・ジェインを使い分けるならば、日本人も朝鮮人や日本人、関東人や関西人、北朝鮮人や南朝鮮人、パク・ヨンハと安倍晋三を使い分けれる。

タイトルとURLをコピーしました