キリスト教徒?の朝鮮民族の安田菜津紀の民族侮辱発言〜阪神・淡路大震災と東京大地震〜

東洋小人種
広告

 安田 菜津紀(やすだ なつき、1987年3月30日[5] – )は日本のフォトジャーナリスト東南アジア中東アフリカなどで貧困や難民問題などを取材している[6][7][8]NPO法人Dialogue for People所属、横須賀市出身、上智大学総合人間科学部教育学科卒業。父親は在日コリアン2世[9]

https://ja.wikipedia.org/wiki/安田菜津紀

 上記の安田菜津紀の発言は限度を超えた明確な民族侮辱的発言である。なぜなら、阪神・淡路大震災では、日本列島での朝鮮民族に対する殺害行為は発生していない。発生していない虐殺を発生したように装うのは、明確な民族侮辱である。

彼女の行為は「ユダヤ教徒がキリスト教徒を毒殺した」と匂わせ発言しているようなものである。以下では、俺は彼女の行為の問題点と解決案を提示する。阪神・淡路大震災では、多くの大和民族がなくなった日である。

その日に上記のような民族侮辱発言を繰り返すことは決して許されず、厳しい刑事罰が課される必要がある。

広告

1章 安田菜津紀の民族は?

 安田菜津紀の日本名:もし安田菜津紀が朝鮮民族の日本国民であるならば、彼女はその事実をきちんと明らかにして政治活動を実行する必要がある。

 安田菜津紀は「学ばなければならない」と主張するが、彼女はまるで大和民族を装って、大和民族の視点で提示している。しかし、もし彼女が朝鮮民族であるならば、彼女は拉致問題に関する加害者であり、被害者でない。だから、彼女が学ぶべきことは拉致問題の加害者としての視点である。

1節 大和民族を装って大和民族ばかりを批判する

 安田菜津紀は大和民族を装って、発言している。しかし、彼女は大和民族を常に加害者におき、外国人を常に被害者においている。しかし、日本列島の原住民は大和民族である。

彼女の行為の非常に卑怯な点は、彼女自身が自己の民族を明らかにせずに大和民族を装って反省をうながしている点である。安田菜津紀は日本人が外国人を殺すと常に批判するが、外国人が日本人を殺しても何も言わない。この種の行為は不公平である。加えて、彼女は大和民族を装って、在日朝鮮人を擁護しているが、この行為は悪質である。

彼女の行為はアメリカ先住民が白人を殺すと批判するが、白人がアメリカ先住民を殺しても何も言わないと行っているようなものである。そもそも、外国人による日本列島での原住民への損害行為は原理的にはあってはいけない。もし安田菜津紀が朝鮮民族であるならば、彼女は下記の人間を強く批判して、大和民族に彼の行為の非礼をきちんと謝るべきである。

2節 土着の原住民の悪魔化

 俺の印象では、安田菜津紀はキリスト教徒であるように見える。だから、彼女らは土着の原住民たる大和民族を悪魔化している。この種の行為は白人によるアメリカ先住民の悪魔化している。彼女の行為は民族的な侮辱行為それ自体である。

2章 なぜ安田菜津紀の発言が民族侮辱か?

 安田菜津紀の発言:安田菜津紀の今回の発言は民族侮辱かつ原住民侮辱であり罰されるべきである。

 彼女の発言は「ユダヤ教徒が毒を井戸にいれた」と言っているような発言である。発生していない虐殺行為を装っているが、この種の行為は明確な民族侮辱行為である。上記の発言は不必要な恐怖を外国人に与える。

彼女の行為は「日本人は災害時に虐殺する民族である」と宣伝している行為に等しい。日本人を黒人やユダヤ教徒の白人に置き換えれば、彼女の侮辱行為が明らかになるだろう。災害の記念日に黒人による略奪や殺人行為を強調する、あるいはユダヤ教徒の白人によるテロリズムに言及する。この種の行為は明確な民族侮辱である。

安田菜津紀の民族?である朝鮮民族で例えると、朝鮮戦争に関する記念日に大和民族が朝鮮民族によって拉致させたことを不必要に強調するような行為に等しい。安田菜津紀の発言行為は日本人は「安田菜津紀は大和民族を拉致した、誘拐した虐殺犯」であると言っている行為に等しい。

「日本人は阪神大震災が発生した後、とっさに安田菜津紀に拉致されるかと思った。」

彼女の行為は上記である。

3章 安田菜津紀の心理

 安田菜津紀の心理:安田菜津紀は大和民族を嫌い憎悪しているように見える。

 安田菜津紀は日本列島の原住民である大和民族を民族的に憎悪している。だからこそ、彼女は日本人ばかりを不公平に侮辱する。たとえ朝鮮人が日本列島の上の大和民族を虐殺するとしても、安田菜津紀はその行為を咎めないだろう。日本人が何かした時にだけ、安田菜津紀はレッドカードをだす

この種の行為は明確な民族侮辱行為である。安田菜津紀の行為は黒人ばかりにレッドカードを出す白人の審判みたいな行為である。それもサブサハラでの試合中に!

安田菜津紀は自己の民族侮辱的な価値観を覆い隠すために、人権や人道を掲げて大和民族を批判しているように思える。逆説的に、人権や人道が大和民族を悪魔化し民族的に侮辱するための差別的道具になっている。実に耶蘇的。実際、彼女は耶蘇であるように見える。他民族を侮辱して悪魔化するための人権が生じている。ちなみに、日本人がユダヤ教徒側であり、朝鮮人がキリスト教である。

安田菜津紀と法的措置

 安田菜津紀は彼女の民族に対する民族的な侮辱に対して法的措置を取ったらしい。俺は条件付きで彼女の行為に反対する。以下では、俺はその理由を提示するつもりである。

宗教の隠蔽

 俺の判断 もし安田菜津紀が自己の宗教を明らかにしないならば、俺は安田菜津紀の行為を悪いと判断する。

 安田菜津紀は差別は日常を歪めると主張して、法的措置を取った。しかし、俺は差別それ自体をキリスト教徒の考えであると認識する。また、俺は差別はキリスト教における罪であり、罪は悪いので、差別は悪いとキリスト教圏では認識されていると認識する。もし安田菜津紀が差別を悪いと判断するならば、安田菜津紀は彼女自身の宗教的な出自を明らかにする必要がある。俺はキリスト教徒でないので、俺は差別を悪いと判断しない。

また、現在における日本国憲法はキリスト教系統の裁判である。キリスト教徒でない大和民族にキリスト教徒の異民族がキリスト教系統の法律を相互的に適用することは宗教的に正当でない。その行為はユダヤ教のイスラエル国民を仏教における死刑にかすようなものである。その時、ユダヤ教徒のイスラエル国民はその死刑と呼ばれる行為を単なる殺害と定義するだろう。

憎悪的な裁判

 俺の判断 もし安田菜津紀が日本列島の大和民族に対する憎悪で訴えているならば、俺は彼女の訴えを悪いと判断する。

 地震に関する上記の呟きを見るとわかるように、安田菜津紀は日本列島における先住民である大和民族を民族的に憎悪しているように見える。もし安田菜津紀が失礼な大和民族を罰したい、懲らしめたい、萎縮させたいと思って法的な措置をとるならば、俺は安田菜津紀の心理も安田菜津紀の行為も悪いと判断する。民族的な憎悪や人種的な憎悪のために、訴えを起こすことは「民族憎悪裁判」である。

また、安田菜津紀が大和民族を訴えたことに関して、大和民族の一部や欧州人や交雑種はやれやれと喜んでいる。この種の行為もまた非常に醜い。後に述べるように、大和民族はアメリカ先住民に該当する。アメリカ先住民に対する憎悪的な裁判は控えられるべきである。

先住民に対する裁判

 俺の判断 もし安田菜津紀が日本列島の原住民を訴えることの正当性を提示する必要がある。

 安田菜津紀は日本列島の上の原住民を差別主義者として訴えようとしている。けれども、この種の行為はアメリカ大陸のアメリカ先住民を差別主義者と言って訴えるような行為に似ている。または、北海道における大和民族がアイヌ民族を差別主義者として訴え出るような行為である。

安田菜津紀は日本列島の上の大和民族をアメリカ大陸における欧州人と感じているように見えるが、日本列島の上の大和民族はアメリカ先住民やイヌイットである。当然、先住民にも失礼な主体が存在するだろう。けれども、俺が上記の安田菜津紀の発言を見ると、安田菜津紀の訴えには、民族的な憎悪意識や差別によるキリスト教的な罪悪感の植え付け、大和民族に対する朝鮮民族の民族的な復讐心が入り混じっているように見える。

電飛