芥川賞の李琴峰(台湾人)と〜美しいニッポンと安倍晋三に対する侮辱や中傷〜

東洋小人種
広告

 李琴峰(台湾人)が芥川賞を受賞した。その後、李琴峰(台湾人)による民族的な侮辱発言が実名twitterで発見された。以下では、俺は李琴峰(台湾人)の問題と李琴峰(台湾人)に対する大和民族の問題点を提示するつもりである。

広告

李琴峰(台湾人)

李琴峰(台湾人)

 李琴峰(台湾人):李琴峰(台湾人)の発言は日本国に対する諜報行為や破壊工作的な行為に該当する。

 李琴峰(台湾人)の発言は大和民族に対する民族的な侮辱に該当する。一国の総理を刑務所に入れることを望む発言を実行することは非常に悪い。また、李琴峰(台湾人)は台湾国民であり、日本国民でない。

彼女が安倍晋三を刑務所に入れようとすることは諜報行為や破壊工作的な行為である。李琴峰(台湾人)の発言は国家的な敵対行為である。他国の統治者を刑務所に入れようとする行為は破壊工作や国家転覆工作に等しい。

李琴峰(台湾人)

 李琴峰(台湾人):李琴峰(台湾人)の発言は大和民族に対する民族的な侮辱である。

 李琴峰(台湾人)の発言は大和民族に対する民族的な侮辱である。李琴峰(台湾人)は安倍晋三に対して、「腸を断って」を呟いた。この表現は「安倍晋三は彼の腸を実際に断って死んでくれ」と暗示する。

当然、この発言には、安倍晋三の大腸炎に対する揶揄も含まれている。異民族、かつ異国民が一国の総理に「腸を断って(死ね)」と呟いている。この種の発言は単なる民族的な侮辱である。加えて、大腸炎の患者に対する侮辱でもある。

大和民族

霊言

 霊言:大和民族は安倍晋三を自分で批判して、自分の発言に責任を負うことを嫌がるので、李琴峰(台湾人)に代弁させる。

 大和民族は安倍晋三を自分で批判して、自分の発言に責任を負うことを嫌がるので、李琴峰(台湾人)に代弁させる。李琴峰(台湾人)が選出されたのは、選出者に安倍晋三を嫌う日本人が存在したからである。

傍観

 傍観:大和民族は自己の民族が侮辱されているにも関わらず、彼らはその侮辱を傍観する。

 大和民族は自己の民族が侮辱されているにも関わらず、彼らはその侮辱を傍観する。または、大和民族は自己の民族それ自体を認識していないので、自己の民族に対する民族的な侮辱すら認識することができない。大和民族の学者(菊池誠牧野淳一郎田崎晴明)もまたこの種の民族的な侮辱発言を傍観して、避難しないので、胡散臭く見える。

大和民族は白人に人種的に侮辱されるとしても、彼らはヘラヘラ笑って、「日本はダメなんです〜」と白人に媚を売り始める。この種の行為はタイ人やフィリピン人の白人崇拝に似ている。けれども、大和民族が最も滑稽な点は、大和民族は白人と一緒になって日本人や日本国を批判することが先進的(左翼やリベラル)と感じているように見えることである。

しかし、先進的な行為とは、自己の人種や民族に対する侮辱をきちんと拒絶して、批判することである。

電飛