ルーシー・ブラックマンさん事件〜織原城二と金聖鐘と韓国人(朝鮮人)の通名制度〜

東洋小人種
https://unsplash.com/photos/eVa2FK83K6w
広告

 ルーシー・ブラックマンというイギリス人が織原城二に殺害された。しかし、wikipediaの日本語版英語版によると、織原城二は日本名(通名)を持つ朝鮮民族の日本国民であるように見える。日本国の報道では、彼の出自がほとんど隠蔽されている。その一方、英国の報道(全部は読めない)では、彼の出自が Korean-Japaneseと報道されているらしい。

上記の情報がどこまで正しいのかは不明である。俺の印象では、織原城二の民族が朝鮮民族であるのは事実であるように思える。以下では、俺は朝鮮民族による違法行為に関する報道や日本社会の奇妙さ、そしてなぜ朝鮮民族の違法行為(犯罪行為)が大和民族に擦りつけられる状況が維持されるのかについて述べるつもりである。

広告

織原城二

人種的な形質

 俺の認識 織原城二の人種はモンゴロイド人種である。織原城二の小人種は東洋小人種である。織原城二の民族は朝鮮民族である。

 織原城二の部族は南朝鮮部族であるかもしれない。ウィキペディアによると、織原城二は大阪生まれである。織原城二の両親が在日韓国人であった。下記では、織原城二は Korean-Japaneseになっているが、この日本語訳は朝鮮民族系日本国民、または朝鮮民族の日本国民である。

Joji Obara (織原 城二, Obara Jōji), born Kim Sung Jong (Korean: 김성종; hanja: 金聖鐘)[1] is a Korean-Japanese serial rapist who may have raped between 150 and 400 women. 

https://en.wikipedia.org/wiki/Joji_Obara

人工的な概念

 1971年まで、織原城二の国籍は韓国籍であった。1971年まで、織原城二は韓国国民であった。その後、織原城二の国籍は日本国籍になった。その後、織原城二は日本国民であった。織原城二の名前は織原城二である。wikipediaによると、織原城二の朝鮮名は金聖鐘(Kim Sung Jong)である。織原城二の宗教は不明である。けれども、俺の憶測(霊感)では、織原城二の宗教はキリスト教でないかと勘ぐる。

ルーシー・ブラックマン事件における民族的侮辱

民族的侮辱

 俺の認識 もし織原城二が彼の強姦行為を大和民族がやったように装うならば、その行為は日本列島の上の大和民族(原住民)に対する明確な民族的な侮辱である。

 また、もし織原城二が朝鮮民族の日本国民であるならば、彼の強姦行為は大和民族に対する民族的な侮辱にも該当する。この行為は大和民族の韓国国民が朝鮮半島の上の朝鮮民族の雌を強姦したことに対応する。欧州で例えると、この行為はドイツ人のロシア国民がロシア人女性を強姦した行為に対応する。または、キリスト教徒の白人の強姦行為がユダヤ教徒の白人の強姦行為として処理されている。この種の行為はアメリカ大陸では、アメリカ先住民を強姦した後に、その行為をアメリカ先住民の強姦行為のように装うことに似ている。

さらに、織原城二の本当の名前は大々的には報道されていないように見える。その結果、織原城二の異常な行為は大和民族の異常な行為として報道されている。この状態は大和民族の韓国国民が朝鮮半島の上の朝鮮民族の雌を強姦したのにも関わらず、その行為が朝鮮民族の行為として処理されている状態である。

織原城二

犯人1952年大阪府生まれ[2]で、在日韓国人の親を持つ[3]貸しビル会社社長[3]貧しい移民[4]から不動産会社・駐車場タクシー会社・パチンコ屋の経営者となった父を持ち、裕福な環境で育った[2]。17歳のときに父を亡くし、2人の兄弟とともに莫大な遺産を相続した[5]

慶應義塾高等学校入学とともに単身上京し、父親から与えられた田園調布の家政婦つきの一軒家で生活していた[7]。高校在学中、1969年頃からアルコールクロロホルム睡眠薬の使用による昏睡レイプを始め、1995年まで209人の女性に対する性的暴行をノートに記録していた[8]1971年韓国籍から日本国籍に変更[9]

https://ja.wikipedia.org/wiki/ルーシー・ブラックマンさん事件

 上記では、「貧しい移民から」という文句が登場する。この単語はアメリカ合衆国における表現を真似ているように思える。特に、ユダヤ教徒の白人のアメリカ国民が貧しい移民から這い上がって裕福になったという逸話を真似している。けれども、この種のユダヤ教徒の白人のアメリカ国民は強姦していない。

俺が「貧しい移民から」という文句を見ると、織原城二は被害者ぶっているようにも見えてしまう。織原城二(の父)は貧しかったのだから、息子の強姦行為は仕方がなかったと言って欲しい。しかし、209人の女性に対する性的暴行という記述を見ると、織原城二は決して被害者でなく、加害者である。

個人的には、俺は上記の文章を好まない。なぜなら、織原城二が可哀想な被害者であるような記述がなされている。しかし、この事件における被害者は強姦された女性や亡くなった女性であり、織原城二でない。織原城二は明確な加害者である。

織原城二の行為

 織原城二が逮捕された後、織原城二は嫌韓流の作者の山野車輪を訴えている。その理由の一つには、山野車輪が織原城二が朝鮮民族であることを書いたのは名誉毀損でありプライバシーの侵害であるからである。損害賠償の請求額は5000万円である。普通に考えれば、山野車輪の行為が5000万円の損害を織原城二に与えていないだろう。逆に、織原城二の行為自体が被害者に5000万円以上の損害を与えている。

俺は織原城二の行為を非常に悪いと判断する。なぜなら、織原城二は自己の民族的な出自を隠蔽して、織原城二の行為を大和民族の行為になすりつけようとしているように見えてしまう。また、織原城二の行為には、織原城二の強姦行為に対する反省が見られず、まるで被害者ぶっているようにも見える。だからこそ、織原城二は山野車輪を名誉毀損やプライバシーの侵害で訴えて、相手を黙らせようとした。織原城二は彼自身の民族的な出自を彼自身で明らかにする必要がある。

そして、織原城二は被害者に対する自己の行為を正確に反省する必要がある。また、織原城二は土着の原住民や異人種に対する自己の強姦行為をきちんと反省する必要がある。さらに、織原城二は自己の民族的な出自を明らかにせずに、自己の行為を大和民族に押し付けた可能性があることをきちんと申し訳なく感じる必要がある。

けれども、織原城二は訴訟を起こした。この種の行為は織原城二が「山野車輪のやつ、俺の民族的な出自をばらしやがって、けしからん」と言っているようにしか見えない。織原城二は他人を訴える前に、織原城二は被害者にちゃんと謝る必要がある。織原城二の行為を見ると、織原城二は彼自身を被害者であると感じているように見える。

電飛

書籍

外部電飛