韓国系日本人は存在するのか?〜朝鮮人の日本国民、または朝鮮系日本国民〜

東洋小人種
広告

 朝鮮人が日本国籍を所有する時、彼らは自己を日本人や韓国系日本人と呼称してきた。彼らの行為に対して、俺は強烈な違和感を覚えた。以下で、俺は彼らの善な行為を提示する。

広告

1章 韓国系日本人

 韓国系日本人:韓国系日本人という単語は悪である。その単語は(南)朝鮮人の日本国民や朝鮮系日本国民である。

 日本人とは大和民族の要素である。朝鮮人とは朝鮮民族の要素である。韓国人とは、朝鮮民族の韓国部族の要素である。日本国民とは、日本国籍を所有する人間である。

一般的に、日本人と朝鮮人は両立しない。だから、朝鮮系日本人は存在しない。この単語はゲルマン系アイルランド人やナバボ系イヌイット人やモンゴル系漢人、黒人系白人、キリスト教徒系ユダヤ教徒、女性系男性と同じ単語である。

もしある人間が朝鮮民族であり、かつ日本国籍を持つならば、その時、その人間は朝鮮人の日本国民や朝鮮系日本国民である。なぜなら、ある人間が朝鮮人であることと日本国民であることは両立する。

2章 大和民族の奇妙な応答

 俺の認識:大和民族は自己の民族名が名乗られても、彼らはその状態に違和感を覚えない。

 大和民族は島国の未開の民であるので、彼らは自己の人種や民族について無頓着である。そして、彼らはその状態が優れていると感じているらしい。自己の人種や民族なしに、彼らはどのように自己の歴史や社会を形成するのだろうか?

一般的に、未開の民族は自分の名前、自分の名字や自分の宗教がないとしても、その状態に違和感を感じない。同様に、大和民族は自分の民族名を朝鮮民族に名乗られても、彼らはその状態に違和感を覚えないらしい。この無反応は大和民族が自己の民族を認識していないことを暗示している。

普通に考えれば、朝鮮人は大和民族の名前を勝手に名乗る時、正常な日本人は「他民族の名前を勝手に名乗るな」と反応するだろう。例えば、ナバボ人がアパッチ人やイヌイット人の名前を勝手に名乗れば、その時、アパッチ人やイヌイット人は苦情をつけるだろう。しかし、日本人は無反応である。