H.S. Kim(xcvbnm67890)と朝鮮民族と日本国籍(日本国民)

広告

 H.S. Kimは朝鮮民族であり、彼はツイッター利用者である。以下では、俺はH.S. Kimに対する民族的な違和感を提示するつもりである。俺は彼の名前しか知らないが、俺は彼は朝鮮民族であるだろうと非常に強く感じる。

結論から言うと、俺は彼は日本国民をやめてアメリカ国民になり、東洋文明でなく西洋文明に所属するべきであると審判する。また、彼は(悪い意味で)典型的に駄目なアジア人である。世界において、モンゴロイド人種の社会的な地位がいつまでも上がらないのは、H.S. Kimのような存在が間接的な原因である。彼は白人の発言を右から左へと流しているだけであり、彼は自己の人工的な何かを持っていない。

広告

H.S. Kim

 彼の呟きを見ると、H.S. Kimは朝鮮民族の日本国民であるように見える。

遺伝

 俺系統の認識 H.S. Kimは朝鮮民族である。

 H.S. Kimの人種はモンゴロイド人種である。H.S. Kimの小人種は東洋小人種である。H.S. Kimの民族は朝鮮民族である。おそらく、彼の部族は南朝鮮部族である。彼の自己紹介はコロコロ変化する。彼は息を吐くように嘘を吐くが、彼にはその自覚が無いように見える。

H.S. KimのY染色体ハプログループは不明である。しかし、俺の憶測では、H.S. KimのY染色体ハプログループはO2a系統かO1b2系統かC2系統である。O2a系統は漢民族系統であり、O1b2系統は朝鮮満州系統であり、C2系統はモンゴル民族系統である。

投資家。2001年に300万円の元手で資産運用を始めて20年で約400倍。米国株、新興国株、日本株、債券、不動産。UCLA国際関係学。生まれは日本、育ちはカリフォルニア州の日本人です。

3rd Generation Korean Japanese、韓国系日本人3世、UCLA卒、国際関係学、相互フォローする方以外は非通知設定にしてありますのでお返事できません。ご意見のある方は私の呟きを引用してご自分のTLでおやり下さい。Twitterはストーレジとして使っていますので将来的に不必要な呟きは断捨離します。

投資家。米国株、新興国株、日本株、債券、不動産を運用。2001年に300万円の元手で資産運用を始め20年で約350倍。UCLA国際関係学。半島出身のKimという名の祖先にちなんでTwitter上ではその名を使っていますが実生活では普通の日本人です。通知多めですのでほとんどお返事できません。将来不要な呟きは断捨離します。

https://twitter.com/xcvbnm67890?

また、朝鮮人は相手から自分を区別されそうになると、自分の普段の行動は全く顧みずに必死になって「差別」だと訴え始めますが、これは彼らが自他の区別に非常に強い分離不安を覚えるためでしょう。朝鮮では自他の同化こそが信頼の証であり、自分と相手の間に境界が存在する事は決して望ましくないのです。

http://www37.tok2.com/home/koreanworld/analysis/01-world.html

人工

 俺系統の認識 H.S. Kimの国籍は不明である。

 おそらく、彼の国籍は日本国籍である。ただし、彼は米国籍やその他の国籍も持っている可能性がある。彼の宗教は不明である。けれども、俺が彼の発言を見ると、彼はキリスト教徒であるように見える。彼の文明的所属は東洋文明でなく西洋文明である。また、俺の印象では、H.S. Kimは通名(日本名)を悪用しているようにも見える。

H.S. Kimの思考

白人崇拝と植民地主義

 俺系統の認識 H.S. Kimは日本国を米国のようにしたいように見える。

 H.S. Kimは日本国民よりもアメリカ国民に近い。もしH.S. Kimが日本国をアメリカにしたいならば、彼は米国籍を取得するべきである。H.S. Kimは「日本は駄目、欧米では〜」と主張するが、彼の発言は俺を不快にさせてきた。

彼の思考には、白人崇拝と植民地主義の傾向が観察される。彼は味方のふりをしながら、彼は彼自身の富を維持したり、富を増加させるために、彼は大和民族や大和民族を含む東洋人、そしてモンゴロイド人種の人間性を破壊しようとしてきた。

例えば、H.S. Kimは彼自身の株価のために、日本語を廃止して、英語を公用語にしようとしてきた。彼のやってることは、H.S. Kimの短期的な利益のために、土着の原住民の言語や宗教を含む人間性を破壊しようとしてきた。上記の発言が典型的であるが、俺は「何が解決するが」なのかわからない。自己の言語を重視するのは、ネット右翼だけでないだろう。彼の発言は民族的な侮辱に該当する。

結局、H.S. Kimは大和民族でないので、H.S. Kimは土着の原住民の言葉や文化や慣習を一切重視するつもりがない。加えて、彼は土着の原住民の言葉を民族的に侮辱しているように見える。彼は日本語がなくなっても、日本名がなくなっても、神道がなくなっても、着物がなくなっても、彼に取っては富のためならば、どうでも良い。

人種浄化や民族浄化

 俺系統の認識 H.S. Kimは大和民族を劣等な存在とみなしているので、彼は優秀な白人と交雑させたいように見える。

 H.S. Kimは「純血」と言う単語を繰り返ししようする。そして、H.S. Kimは大和民族は「純血」だから駄目であると匂わそうとしているように見える。しかし、この種の発言もまた民族的な侮辱である。

H.S. Kimは「純血のままなら絶対変えられない」と侮辱したが、この発言は「黒人のままなら絶対変えられない(だから、白人と交雑しないと…)」と言っているようにも聞こえる。これは明確な民族侮辱である。そもそも、H.S. Kimのような異民族がなぜ大和民族をH.S. Kimの意志で交雑させようとしているのかが不明である。

H.S. Kimは黒人奴隷の値段を上げるために、黒人を白人と結婚させるような発言である。H.S. Kimは「日本が駄目になる!」と嘘を繰り返しているが、H.S. Kimは「俺の株価が駄目になる!」が正解であるように見える。もしH.S. Kimが自己の富を維持したいならば、彼は朝鮮民族の言語を英語に変えたり、劣等な朝鮮民族(=劣等な大和民族)を白人と結婚させて、韓国を発展させれば良い。

非自然民(移民)

 俺系統の認識 H.S. Kimは自己の富(株価)を維持したいために、彼は非自然民を日本列島へと流入させたいように見える。

 アメリカ大陸の多様性はH.S. Kimを含むモンゴロイド人種の虐殺と絶滅の結果である。けれども、H.S. Kimは「移民」を入れようとする。なぜなら、その時、H.S. Kimは株価や土地の値段から富を獲得することができると感じているように見える。

しかし、H.S. Kimは日本列島の原住民でないのに、彼自身がなぜ異民族や異人種を日本列島へとアメリカのように移動させようとしているのかが不明である。加えて、H.S. Kimはたとえ民族問題や人種問題、そしてその後のアメリカ先住民(モンゴロイド人種)のような虐殺が発生するとしても、H.S. Kimは応答義務を果たすつもりがないように見える。

H.S. Kimは社会的な交通事故の応答義務を土着のアメリカ先住民やイヌイットに押し付けて、H.S. Kimはシンガポールへと逃げる。上記では、H.S. Kimはシンガポールへと移住すると言ったが、彼はその方が良いだろう。

2-2.目先の利益が最優先

朝鮮人は自他を区別できない幼稚な利己主義者であるため、彼らにとって最も重要なのは自分の「目先の利益」です。また、彼らはそもそも我慢する事に価値を認めておらず、実際に朝鮮の家庭教育では我慢や感情のコントロールについて躾ける事は無いため、彼らは常に楽をして目先の利益を得るためにあらゆる手段を講じ、またその行為に対して悪びれる事がありません。

http://www37.tok2.com/home/koreanworld/analysis/02-egoism.html#02-02

上記の発言は本当に的をいているように見える。H.S. Kimを見ると、俺はH.S. Kim、もっというと朝鮮民族は目先の利益しか考えていないように見える。この性質は東南アジア人に似ていて、彼らも計画性が全くないように見える。つまり、H.S. Kimは移民→株価upや土地の値段upという本当に単純な流れしか見えていない。そこには、歴史や民族やホモ・サピエンスの原住民に対する視点は存在しない。

土着の民族文化への侮辱

 右の発言では、Kimは日本から経済力を取ったら何も残らないと言っている。この種の発言は大和民族に対する民族的な侮辱である。

彼が何も残らないと感じるのは、彼が朝鮮民族であり、大和民族の社会に所属していないからである。日本語も神道も日本食もその他の歴史もKimそれ自体でない。経済力を取ったら何も残らないのはKim自身である。実際、彼の富が彼から無くなれば、彼には何も残らない。

また、Kimは彼自身の願望と現実を区別することができない。彼は投資家であるので、彼は日本国の経済力の維持や発展を望んでいる。しかし、彼は自己の意見を表現することができないので、彼は日本から経済力を取ったら何も残らないという表現を繰り返す。

朝鮮民族による大和民族への民族的な侮辱

 右の発言では、Kimは大和民族の日本国民を「愚民」と呼んだ。彼は朝鮮民族であるので、彼の行為は大和民族に対する民族的な侮辱である。結局、Kimは相手が自分の想い通りにならないと、彼は異民族や異人種を侮辱し始める。

彼の行為は朝鮮民族に頻繁に観察されるように思える。Kimは「俺はこの支持率の高さに賛成しない」と言えば良いだけであるのに、彼は大和民族を「愚民」と民族的に侮辱している。

右の図もまた、そうである。彼は相手が自己の想い通りにいかないと、彼はまるで幼稚な関西人のように他者を貶して、侮辱する。そして、この種の朝鮮民族は他人を民族的に侮辱している認識を持っていない。言い換えると、彼は認識を持っていない。

さらに、彼は日本人(大和民族)を装い、彼が大和民族を「愚民」と民族的に侮辱する事は非常に悪質である。彼の行為はキリスト教徒のドイツ人がユダヤ教徒を装って、ユダヤ教徒を侮辱するような行為である。彼は大和民族を侮辱する時、彼は大和民族に成り切って、大和民族を侮辱する。

このような卑怯な行動を外国人に指摘されると、彼らは必死になって反論をします。しかし、その場合も「どうやら攻撃されている」事に対して反応しているだけであり、彼らには何が問題なのかすら、そもそも全く理解できていないと考えた方が良いでしょう。

http://www37.tok2.com/home/koreanworld/analysis/02-egoism.html

上記のKimの行為も卑怯である。彼は大和民族を装いながら、彼は異民族を「愚民」と民族的に侮辱している。この行為は卑怯であるが、彼は卑怯を認識することができないだろう。

加害者認識の欠如

 俺系統の認識 H.S.Kimは加害者認識を持っていない、かつ被害者を侮辱する。

 一般的に、朝鮮民族は強い被害者認識を持ち、彼らは他人を加害者として悪魔化する。加えて、彼らは自己の加害を認識できず、自己の加害を他者に投影したり、彼らは自己の加害による被害者を侮辱し始める。

右の呟きが典型的である。彼は異民族をネトウヨとすぐに侮辱するが、彼の発言はKimを誘拐犯や金正日と呼ぶ程度には失礼である。加えて、Kimは「統一教会でもバカにされているよ」と行っているが、彼は統一教会に関して民族的な加害者であり、被害者でない。

実際、Kimが「統一教会でもバカにされているよ」と言うべきでない。彼は統一教会に搾取された被害者に残念であると思うと述べる必要がある。実際、民族的には、彼は加害者側であり、被害者側でない。Kimは自己の発言の異常性を認識していないように思える。殺人犯の家族はその被害者に「君も俺の家族にバカにされているよ」という程度には、彼は狂っている。

インフレ

 俺系統の認識 H.S.Kimは自己の社会を彼自身で形成するつもりがない。

右の呟きを見るように、彼は自己の社会や自己の国家を彼自身で形成するつもりがないように思える。彼は欧州人のアメリカ国民や大和民族に社会や国家を形成してもらって、彼はその恩恵のみを受けようとする。

だからこそ、彼は右のような発言を実行し始める。彼の発言を見ると、彼の日本国籍は剥奪されるべきであるように思える。そして、彼はアメリカ国民になるべきである。当然、たとえそうなるとしても、大和民族とKimが互いに喧嘩する必要はない。結局、朝鮮民族を甘やかすと、彼らはどこまでもつけ上がる。

投資家H.S. Kimの性質

維持の欠如

 俺系統の認識 H.S. Kimは物事の維持を認識することができない。

 一般的に、投資家は物事の維持を認識することができない。その結果、彼らは彼らの富を社会や国家の崩壊とともに失う。H.S. Kimは日本社会の維持をまるで考えていない。だからこそ、H.S. Kimは土着の原住民を「ネトウヨ」と民族的に侮辱する。北海道における大和民族は日本社会を維持する主体であるので、彼らはアイヌ民族を「ネトアイヌ」と民族的に侮辱しない。

俺の印象では、たとえ日本国や大和民族が分裂しそうになるとしても、H.S. Kimは「〜しないと〜になるぞ」と他人を脅して、何とかしようとする。もし相手がH.S. Kimの脅しに屈しないないならば、H.S. Kimは相手をネトウヨやナチスなどと侮辱し始める。それども、相手が屈しないならば、H.S. Kimはシンガポールへと逃げる。H.S. Kimは物事の維持を認識することができないので、日本国が分裂しそうになるとしても、相手を説得すれば良いと感じているように見える。

しかし、この種の行為や思考は無能な統治者の典型的な例である。無能な統治者は土着の民族を否定したり、侮辱し始めて、彼らは国家や社会を分裂に導く。当然、H.S. Kimは統治者でなく投資家である。

文明の欠如

 俺系統の認識 H.S. Kimは文明それ自体を認識することができない。

 H.S. Kimは新自由主義を採用しろと強制する。俺はもしH.S. Kimが新自由主義を善と判断するならば、H.S. Kimはキリスト教系統やユダヤ教系統の富の規範を持っているのかと疑問に思う。H.S. Kimだけでなく、朝鮮民族は文明それ自体を認識することができないように見える。例えば、H.S. Kimは彼自身が受けた教育をキリスト教系統の教育と認識しているのかすら不明である。

H.S. Kimは自己の富の規範を持っていないので、彼は新自由主義の善性を彼自身の言葉で正当化することができない。そのため、H.S. Kimは「新自由主義を採用しないと、日本が貧乏になるぞ!」というような幼稚な発言しか主張することができない。キリスト教徒の白人やユダヤ教徒の白人は資本主義の善性を彼らの宗教系統の富の規範で正当化するだろう。

対峙の欠如

 俺系統の認識 H.S. Kimは異人種や異教徒と文明的に対峙する事が出来ない。

 H.S. Kimは無自覚的な白人崇拝者であり、彼は日本国は駄目、アメリカでは〜と繰り返し呟いてきた。加えて、H.S. Kimは〜しないと〜になるぞと大和民族を唆してきた。なぜなら、H.S. Kimは白人と対峙する主体でない。

一般的に、大和民族を含む文明的な東洋人が白人の真似を実行しないのは、彼らが西洋文明と対峙する必要があるからである。彼らが西洋文明と対峙する時、彼らは白人の考え、例えば資本主義をそのまま白人と伝達する事が出来ない。だからこそ、彼らは自己の意見を提示する必要がある。

しかし、H.S. Kimは西洋文明と対峙する主体でなく、大和民族やその他の東洋人の陰に隠れて、蓄財する主体である。だからこそ、H.S. Kimは新自由主義を気軽に主張する事ができる。

電飛

内部電飛

外部電飛

タイトルとURLをコピーしました