在日3世で関西大非常勤講師、李月順(リウォルスン)〜在日女性の「複合差別」調査へ コロナ禍で市民グループ〜

東洋小人種
広告

  新型コロナ禍で在日コリアンの女性が直面する「生きづらさ」を明らかにしようと、大阪の市民グループが調査に乗り出した。コロナが女性により大きな打撃を与えていることが国際的な課題となる中、マイノリティーに属する女性の暮らしがどう変化したのかを可視化するのが狙いだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7b91cced682ff638035d3fa97ade396cd505d37e

 上記の行為は関西特有であるように見える。たとえ彼女が関東や東北で同じことを実行するとしても、彼女の行為は失敗に終わるか、または民族的な侮辱として逆に批判される。

以下では、俺は李月順の行為の問題点を提示する。この種の行為を実行する東洋人には朝鮮人が多い。俺の印象では、彼女らはキリスト教徒でないのかと憶測する。東洋人の中では、朝鮮民族はキリスト教化されている。

その結果として、上記の行為が生じる。モンゴル人や大陸東洋人やチベット人はこの種の行為を実行しない。

広告

李月順の問題点〜侮辱や中傷〜

 李月順の問題点:李月順の行為は日本列島の上の大和民族や縄文系民族に対する民族的な侮辱行為かつ宗教的な侮辱である。

 李月順は(キリスト教的な単語である)差別に反対すると主張している。しかし、彼女の民族は朝鮮民族であり、その自然な生息地は朝鮮半島である。大和民族の自然な生息地は日本列島である。

李月順は大和民族を「差別主義者」と言う悪魔に仕立て上げようとするが、自然なホモ・サピエンスに対するこの種の行為は単なる人種的・民族的侮辱でしかない。この種の人間の行為を見ると、彼らは先住民を常に悪魔側(差別主義者側)と置き、非先住民を差別されるかわいそうな人間に置こうとする。

けれども、本来であれば、非先住民側が先住民を侮辱しないように注意する必要がある。彼らは自己の意志で先住地へと入ってきた後、彼らはその土地の原住民を racist や noble savage と人種的・民族的侮辱している。李月順は大和民族に対する民族的な憎悪を「差別に反対する」と言う表現でごまかして、民族的な侮辱を繰り返しているように見える

李月順の問題点〜公平性の欠如〜

 李月順の問題点:李月順の行為は公平でない。

 李月順の行為には、公平性の欠如が存在する。彼女らは自分たちが拉致問題の加害者であることに言及せずに、彼女らは日本列島の上の大和民族を差別主義者と暗に仕立て上げて民族的に侮辱する。さらに、彼女らは日本列島における非先住民による損害行為に一切言及しない。

彼女らは「日本人は常に差別する側であり、自分たちは差別される側である」と暗に匂わせている。もし彼女らがこの種の行為を実行するならば、彼女らは拉致問題に言及した後、彼女らはそれを謝る。そして、その後、彼女らは「よりよい東洋文明を形成していきたい」と主張すれば良い。

俺が李月順の行為を見ると、彼女らはより良い東洋文明や日本社会を形成したいのでなく、差別という単語を悪用して、日本列島の上の大和民族を叩きたい、民族的に侮辱したいだけであるように見える。もし彼女が差別という単語を使用するならば、拉致被害者に謝り、日本列島の上のその他の朝鮮民族による損害行為を誤った後、彼女らは東洋文明においてどのような社会を形成したいのかを提示する必要がある。

刑罰の必要性

 刑罰の必要性:非自然民が自然民を人種的・民族的に侮辱・中傷するならば、非自然民は人種的侮辱や民族的侮辱に関して刑罰に科される。

 もし李月順の行為が朝鮮半島の上であるならば、その時、李月順の行為は正当である。しかし、李月順の行為は日本列島では正当でない。この種の人間はアイヌ差別などを悪用するが、アイヌ民族も大和民族も朝鮮民族から見れば、日本列島の自然な先住民・原住民である。

大和民族に対する民族的な侮辱はアイヌ民族に対する民族的な侮辱に等しい。俺は李月順のような行為や団体は東洋文明における礼に反する行為や団体として厳しい刑事罰に科される必要があると審判する。これは普通に考えればわかるが、アメリカ先住民やサブサハラにおける自然民が彼らの自然な生息地で「差別主義者」と人種的に侮辱されるならば、その時、その行為は歴史的な問題としてきちんと記録される必要がある。

そして、その種の行為は人種的、かつ民族的侮辱や中傷としてきちんと刑罰に科される必要がある。差別という単語は民族的な侮辱を覆い隠したり、歴史的な恨みや腹いせを実行するために単語でない。