ヌルハチはY染色体ハプログループC2系統を持つか?〜清王朝と愛新覚羅氏〜

東洋小人種
https://en.wikipedia.org/wiki/Puyi
広告
広告

ヌルハチ

Y染色体ハプログループ

 俺の認識 ヌルハチはY染色体ハプログループC2系統を持っていた。

 もし上記が事実であるならば、清王朝は漢人系統でなく、モンゴル人系統の王朝であった。一般的に、ヌルハチは満州人であったと指摘される。けれども、俺の感覚では、満州人のY染色体ハプログループはC2系統でない。満州人は朝鮮人と同様に実体不明の民族であるようにも見える。個人的な印象では、満州人のY染色体ハプログループは朝鮮人と同様にO1b2系統である。

漢民族のY染色体ハプログループはO2a系統である。だから、清王朝は漢民族系統の王朝でなく、実質的にはモンゴル人系統の王朝であった。漢民族は非常に文明的な民族であるが、彼らの王朝の多く(一部)はモンゴル人系統のC系王朝であるように見える。もし清王朝が満州人系統の王朝であったならば、そのY染色体ハプログループはO1b2系統であったように感じる。

電飛