ティムラズ・レジャバ(Teimuraz Lezhava)の人種と小人種と民族

地中海小人種
https://ja.wikipedia.org/wiki/ティムラズ・レジャバ
広告

 以下で、俺はティムラズ・レジャバ(Teimuraz Lezhava)の人種と小人種と民族をモンゴロイド人種かつ東洋文明の観点から提示する。俺はグルジアがジョージアになっていて驚いた。アメリカのジョージア州と混同する日本人の数は少なくないだろう。

広告

1章 ティムラズ・レジャバの人種と小人種と民族

 ティムラズ・レジャバの人種と小人種と民族:ティムラズ・レジャバの人種はコーカサス人種である。ティムラズ・レジャバの小人種は地中海小人種である。ティムラズ・レジャバの民族はアナトリア民族である。

 上記の画像を見れば、彼の人種はモンゴロイド人種でもネグロイド人種でもないのがわかる。彼の人種はコーカサス人種であるのは確定的である。コーカサス人種は欧州小人種と地中海小人種と中東小人種にさらに分類される。彼らは南北でなく東西に広がっている。

欧州小人種はイギリスからロシアまで東西に広がっている。地中海小人種はイベリア半島からコーカサス地域まで東西に広がっている。中東小人種は北アフリカからペルシア(パキスタンや北インドも?)まで東西に広がっている。

地中海小人種はイベリア民族とイタリア民族、バルカン民族、そしてアナトリア民族にざっと分類されるように見える。ティムラズ・レジャバを見ると、彼の民族はアナトリア民族であるように見える。なお、民族(sub-subrace)は小人種(subrace)の部分集合とした。小人種は人種(race)の部分集合であり、人種は生物種の部分集合である。

2章 ティムラズ・レジャバと同じ民族を持つ人々

1節 同じ民族(アナトリア民族)

 左がアルメニアの首相のニコル・パシニャンであり、右が彼の妻のハコビアンである。ティムラズ・レジャバと顔の系統が似ている。俺はこの種の顔を見るとき、コーカサス地域に住んでいるような人々であると感じる。目元が似ている。

左はスターリンであり、彼はジョージア(グルジア)に住んでいたらしい。そして、右が強姦で逮捕されたトルコ人であるらしい(後に不起訴)。彼らの顔、特に目元もティムラズ・レジャバに似ている。

2節 ティムラズ・レジャバと同じ小人種(地中海小人種)

 左がイタリア人の政治家であるサルヴィーニである。右がサッカー選手のロナウドである。彼らの小人種は地中海小人種である。サルヴィーニの民族はイタリア民族であり、ロナウドはイベリア民族である。