フェニキア人のY染色体ハプログループはJ2か?〜カルタゴ〜

広告
広告

フェニキア人

 A 2008 study led by Pierre Zalloua found that six subclades of Haplogroup J-M172 (J2)—thought to have originated between the Caucasus MountainsMesopotamia and the Levant—were of a “Phoenician signature” and present amongst the male populations of coastal Lebanon as well as the wider Levant

https://en.wikipedia.org/wiki/Phoenicia#Genetic_studies

 フェニキア人の人種はコーカサス人種であった。フェニキア人の小人種は中東小人種、または地中海小人種であった。フェニキア人の民族は中東民族?またはメソポタミア民族?、レヴァント民族?(部族)、またはメソポタミア民族?(部族)であった。フェニキア人のY染色体ハプログループはJ2系統であった。

フェニキア人の言語はセム語族であった。フェニキア人の文字はアルファベットであった。フェニキア人の宗教はユダヤ教でなく、多神教のバアル・ハモン信仰?であった。フェニキア人の所属文明は中東文明であった(はず)。

俺の認識では、フェニキア人はユダヤ教やキリスト教、そしておそらくイスラム教を創造した父系民族(Y染色体ハプログループJ2)であった。

フェニキア人はどこに行った?

 フェニキア人は自己の民族宗教を失った。そのため、彼らは自己の民族に対する認識も失った。その結果、彼らは異人種や異民族と交雑して、彼らは彼ら自身であるのかを認識することができなくなった。そうして、フェニキア人は周りの民族へと溶解していった。

フェニキア人がいなくなったのは、古代ローマ人がいなくなったことに似ている。フェニキア人も古代ローマ人も多神教徒であり、その多神教は自己の民族に対する自己認識をフェニキア人やローマ人に授けていた。しかし、キリスト教による敗北やローマによる軍事的な敗北は彼らの民族に対する認識を破壊した。

その結果として、彼らは彼ら自身が誰であるのかを認識できなくなり、周りの人種や民族と際限なく交雑して、さらに自己認識を失い、周りの人々に溶解して、消えていった。

電飛

タイトルとURLをコピーしました