種無し(しゅなし)〜自己の人種を認識していない対象〜

言語
https://en.wikipedia.org/wiki/Yanomami
広告

 大和民族の人種はモンゴロイド人種であり、その人種はアメリカ先住民やイヌイットの人種に等しい。俺が大和民族がアメリカ大陸の多様性を賛美するとき、俺は彼らは自己の人種をモンゴロイド人種と「認識」していないと審判する。なぜなら、アメリカ大陸の多様性は彼らモンゴロイド人種の虐殺と絶滅の結果である。

広告

種無し(しゅなし)

 種無し(しゅなし):種無し(しゅなし)とは、自己の人種を認識していない対象である。

 種無し(しゅなし)とは、自己の人種を認識していない対象である。自己の人種を一般化して、自己の生物種や自己の小人種や自己の民族を含める。個別には、生種なし、小種無し、民無し(みん)である。

具体例

 種無し(しゅなし)の具体例は大和民族である。彼らは彼ら自身の人種がモンゴロイド人種であることを認識していない。大和民族は自己の人種(モンゴロイド人種)を認識してない対象である。種なしの定義により、大和民族は種なしである。

なぜ大和民族が種なしであるのかは不明である。彼らは人種に関する鏡像認知を持っていないのかもしれない。あるいは、大和民族はソサエティ(社会)形成に必要な知能を持っていない。もし彼らが自己の人種を認識できないならば、彼らは自己のソサエティや歴史を認識できない。

例えば、例え俺らが上記のヤノマミ族の写真を大和民族に提示するとしても、彼らはその写真を見て、彼らをモンゴロイド人種と認識した後、彼らはヤノマミ族の人種(モンゴロイド人種)を自己の人種(モンゴロイド人種)と同じと認識できない。

具体例その2

 ライオンは種なしである。なぜなら、ライオンは自己の種や自己の生物種を認識していない対象である。ライオンは種なしであり、生種なしである。

種なしに関する推論運動

 種なしに関する推論運動:もしxが自己のソサエティ(社会)を認識していない対象であるならば、xは種なしである。

 もしxが自己のソサエティ(社会)を認識していない対象であるならば、xは自己の人種を認識していない対象である。「自己のソサエティ(社会)を認識していない→自己の人種を認識していない」を仮定すると上記が成立する。

また、もしxが自己の人種であるであるならば、xが自己のソサエティから導かれる対象であると仮定する。言い換えると、特定の条件下で、自己のソサエティを自己の人種に変形できると仮定する。

大和民族の科学者や数学者を見るとき、俺らは上記の推論行為の意味を把握できる。彼らはテクノロジー的な思考に長けているが、彼らは自己のソサエティを形成できていない。その結果、彼らは自己の人種や民族をうまく把握していない(そして、それが先進的でグローバルと誤認識している)。

言語
広告
広告
押せ
押せ
広告
俺らについて