日本語(日琉語族)の起源は謎であるか?〜Y染色体ハプログループD〜

言語
https://unsplash.com/photos/Gr8ktXvU4HM
広告

 現在、日本語の起源は不明である。以下では、俺は日本語の起源に関するいくつかの案を提示する。個人的には、俺は日本語はシナ・チベット語族、正確にはチベット語族に所属すると憶測する。

広告

日本語の起源

チベット語族の場合

 可能性:日本語はチベット語族に所属する。

 日本語はチベット語族に所属する。言い換えると、日本語はY染色体ハプログループD系統の言語に所属する。俺は語族の数え上げ(仮説)を使用すると、俺らは「語族の数はY染色体ハプログループの数に一致する」と理想的には言える。

チベット人のY染色体ハプログループはD系統である。日本人のY染色体ハプログループはD系統である。上記の仮説を使用するとき、チベット人の語族は日本人の語族に等しい。なぜなら、理想的な条件下では、語族の数はY染色体の数に一致する。

上記の仮説を変形すると、語族はY染色体ハプログループに対応する。ただし、この定理は理想的な条件下である。現実には摩擦が存在するように、現実には征服や虐殺や強姦が存在するので、上記の仮説は厳密には成立しない。

O系統の場合

 可能性:日本語はO系統語族に所属する。

 日本語はO系統語族に所属する。口語的には、日本語は漢民族や朝鮮民族や東南アジア小人種の語族に所属する。大和民族の雄の6割はY染色体ハプログループOに所属する。

だから、大和民族がO系統の言語を持ってきたことは不思議でない。ただし、この場合、Y染色体ハプログループDはY染色体ハプログループOに文明的に敗北したことを暗示する。例えば、Y染色体ハプログループIは自己のY染色体ハプログループを残すことができた。

けれども、Y染色体ハプログループIは印欧語族に言語的に敗北して、自己の言語を失った。その結果、Y染色体ハプログループIの言語は基層言語としてゲルマン語に残った。日本語もまた、Y染色体ハプログループDはY染色体ハプログループOに文明的に敗北して、Y染色体ハプログループDの言語が基層言語としてのみ残った可能性もあるだろう。

寄付

言語
広告
俺らについて