社会(society)

文明
広告

 人種や宗教や文明が異なるとき、社会に対する定義や認識も異なる。だから、俺らは任意の場所で共通する社会に対する定義や認識を提示できない。以下で、俺は社会に対する俺の認識を提示する。

社会が何であるかは難しい。しかし、俺が東洋人やホモ・サピエンスのメスを眺めるとき、彼らは高い労働性や知的能力を持つが、彼らは社会性を持っていないように見える。つまり、彼らは人間社会における言語や歴史、責任の所在や平等や公平性、そして善悪に一切興味を持っていないように見える。

広告

1章 社会(society)

 共通認識 社会(society)とは、集合(社会的境界)と人間と約束の組みである。

 社会(society)とは、集合(境界)と人間と決まりの組みである。つまり、社会とは一つの競技家である。

人間は宗教文明によって人工的に与えられる。社会的境界は国家や文明の部分集合である。約束も宗教や文明によって異なる。一般的に、社会は国家の部分集合として存在するように感じる。

約束は決まりや習慣や慣習でも置き換えられるかもしれない。

1節 社会と国家及び宗教

 社会は国家の部分集合である。国家は文明の部分集合である。だから、社会は文明の部分集合である。社会は宗教の部分集合である。

日常的には、社会があって、国家や文明や宗教が生まれるのでなく、国家や文明や宗教の部分集合として、社会が存在するように見える。もし国家や文明や宗教が存在しないならば、社会それ自体も存在しない。

サッカー業界なしに、サッカーの試合が存在しないように、文明や宗教なしに、社会は存在しない。

2節 動物の群れと社会

 ホモ・サピエンスを含む動物は群れを形成する。一方、人間は動物的な群れでなく、人間社会を人工的に形成する。つまり、ホモ・サピエンスの群れは人間社会でない。

社会は人工的な対象である。それに対して、ホモ・サピエンスの群れは動物的な対象である。もし俺らが人間社会を俺らの意志で形成しようとしないならば、人間社会は形成されない。もし俺らがサッカーという運動競技を人工的に形成しようとしないならば、その運動競技は自然には形成されない。

3節 社会性

 社会性は何であるかは難しい。しかし、俺らが東洋人を見るとき、彼らは労働性を持つが、社会性を持たないことに気づく。社会性が欠如するとき、次が生じる。

言語の未発達。平等や公平の未発達。約束やお金の概念の未発達。会話作法の未発達。性規範や刑罰の未発達。死生観の未発達。家族や子孫の未発達。デザインの意味発達。善悪の未発達。

2章 社会(society)の具体例

 以下で、俺は社会の具体例を提示する。

1節 漢社会(漢民族社会)

 漢社会とは、漢境界と漢人と漢民族の儒教の組みである。漢社会は一つの競技家である。漢社会は中国の部分集合である。漢社会は中華文明または東洋文明の部分集合である。

2節 日本社会

 日本社会とは、和境界と日本人と儒教(または仏教)の組みである。日本社会は一つの競技家である。日本社会は日本国の部分集合である。日本社会は東洋文明の部分集合である。

3節 ユダヤ社会

 ユダヤ社会とは、ユダヤ教的境界とユダヤ教徒のコーカサス人とユダヤ教の組みである。ユダヤ社会は一つの競技家である。ユダヤ教社会は国家の部分集合でないが、ユダヤ教社会はコーカサス文明の部分集合である。コーカサス人種の存在なしに、ユダヤ社会は成立しないだろう。

タイトルとURLをコピーしました