社会(society)とは何であるのか?

言語
https://unsplash.com/photos/8FdEwlxP3oU
広告

 以下では、俺は社会について述べるつもりである。社会には、日本社会や中国社会やフランス社会がある。一般的に、社会は国家に強く関連づけられるように見える。また、社会には、イスラム社会やユダヤ社会や儒教社会がある。この時、社会は宗教にも関係しているように見える。

社会に類似した単語には、文明(civilization)や生活形態(PastroralismやAgricultureはpractice?)や文化(culture)がある。俺の印象では、社会は自己の宗教を持つが、文化は自己の宗教を必要としない。社会は競技的(システム的)である。また、社会はx系統の社会と表現される。

広告

定義

広義の定義

 俺系統の認識 x系統の社会とは、x教徒のy民族がz国家で形成する人間システム(人間競技)である。

 例えば、中国における儒教系統の社会(中国社会)とは、儒教徒の漢民族が中国で形成する人間システム(人間競技)である。サウジアラビアにおけるイスラム系統の社会とは、イスラム教徒のアラブ人がサウジアラビアで形成する人間システム(人間競技)である。

一般的に、宗教は善悪や労働観や刑罰、契約や富及び性に関する規範、死生観や世界観や目的を民に授ける。さらに、宗教は平等や公平性、家族やデザインにも関係する。言語が創造主の言葉として描かれるならば、宗教は言語も民に授ける。言い換えると、宗教はある種の社会性を民に授けている。

しばしば、日本社会という単語が使用されてきた。大和民族は日本社会という単語を使用して、LGBTや男女平等を語ってきた。しかし、LGBTや男女平等はキリスト教系統の社会における問題であり、儒教系統の社会における問題でない。俺が日本社会を語る時、俺は日本社会がどの宗教系統の社会であるのかを俺自身の言葉で表現する必要がある。

社会の具体例

 以下で、俺は社会の具体例を提示する。

電飛

言語
広告
俺らについて