戦場(battlefield)とは何?アルメニアとアゼルバイジャンにおけるドローンの利用

言語
https://ja.wikipedia.org/wiki/無人航空機
広告

 アルメニアとアゼルバイジャンは戦争状態にある。アゼルバイジャンはドローンを使用して、戦果をあげているように見える。俺がドローンの使用を見たあと、俺は戦場(battlefield)とは何であるかと疑問に思った。

以下で、俺は戦場をどのように認識する必要があるかを提示する。ドローンのような遠隔操作兵器を使用すれば、理想的には安全な自宅から敵を正当に破壊することができる。この時、一部の人間は彼らの行為に違和感を覚えて、卑怯であると感じるだろう。

このため、俺らは戦場(battlefield)に対する認識を変更する必要がある。

広告

1章 戦場(battlefield)とは?

 共通認識 戦場(battlefield)とは、戦争主体の意志が存在する位置である。または、戦場(battlefield)とは、戦争主体の意志が干渉する範囲である。

 戦争主体とは、日常的には、戦争の参加者である。戦争主体には、政治家や軍人、そして兵士たちが含まれる。しかし、戦争に無関係な民間民は含まれない。

戦争主体の意志に関する印象は次である。例えば、俺はドローンを使用して、自宅から敵兵を攻撃する。その時、戦争主体である俺の意志は俺の自宅の中に存在する。

だから、たとえ俺の自宅が閑静住宅街にあるとしても、その自宅は戦場として認識される。その時、敵国はその住宅街を正当に攻撃することができる。もし俺が住宅街を攻撃して欲しくないならば、俺は攻撃されても、良い場所に移動する必要がある。

 戦争主体の意志とは、戦争の参加者が戦争行為を選択する能力である。戦争主体の意志の位置とは、戦争の参加者が戦争行為を選択する能力の位置である。

2章 ドローンの戦場(battlefield)

 共通認識 ドローンの戦場とは、戦争主体の意志の位置とドローンの位置である。

 ドローンが位置aに存在する。ドローンの操縦者が位置bに存在する。この時、ドローンの戦場とは、位置a及び位置bである。

位置aはドローンの位置である。位置bは戦争主体の位置の位置である。この時、敵国は位置aと位置bの両方を正当に攻撃できると認識する。

昔の戦争では、戦争場所(戦闘場所)を運動競技の競技場のように定めることができた。しかし、移動能力や機械の自動化に伴い、戦場そのものが曖昧になっている。現在の戦場は明確な境界のない何かになっている。