大坂なおみが「日本国民である」と「日本国民的である」の違いとは?〜名詞と形容詞〜

言語
https://ja.wikipedia.org/wiki/大坂なおみ
広告

 日本語や中国語では、名詞と形容詞の区別が明確でないように見える。その結果、彼らは大坂なおみが「日本国民である」と「日本国民的である」ことの違いをうまく認識していないように見える。以下では、俺は「日本国民である」と「日本国民的である」を提示する。

広告

日本国民である

 俺の認識:対象xが日本国民であるとは、対象xが日本国籍を所有していることである。

 対象xが日本国民であるとは、対象xが日本国籍を所有していることである。言い換えると、日本国籍を所有している時、その対象xは日本国民である。この文章は日本国民の存在に関する文章である。

しかし、上記の文章だけでは、その対象は日本語を話す必要はないし、アラブ人視点で政治活動を実行して、好き勝手に振る舞うことができる。別に日本国の法律を守る意志を持つ必要もない。

例えば、朝鮮人の日本国民が日本語を一切話さず、韓国の国益ばかりを考えて、活動するとしても、その朝鮮人は日本国民である。なぜなら、その朝鮮人は日本国籍を所有する人間である。しかし、俺らがこの種の朝鮮人を見る時、俺らはこの朝鮮人は存在としては日本国民であるが、日本国民的でないと感じるだろう。

 上記の大坂なおみも同じである。彼女は日本語を話さないし、アメリカ国民の視点でBLM運動を応援している。この時、俺らは彼女はどこの国家の人間であるのかと疑問に思う。彼女は形式のみ、存在のみ日本国民であるように見える。

日本国民的である

 俺の認識:対象xが日本国民的であるとは、対象xが日本国民的に運動している状態である。

 対象xが日本国民的であるとは、対象xが日本国民的に運動している状態である。言い換えると、対象xが日本国的な価値観を持ち、日本国的な視点を持って、運動している。この時、俺らは彼らを日本国民的であると感じる。

当然、ある対象xが日本国民的であるためには、日本国民的に対する共通認識や定義が必要である。けれども、大和民族は国家概念を持っていないので、彼らは日本国民であること日本国民的であることの違いすら認識していない。実際、大和民族の日本国民は朝鮮人が朝鮮語を話して、韓国視点で物事を話し、韓国の利益ばかりを誘導するような政策を実行するとしても、彼らは何も感じないらしい。

彼らは「彼は日本国籍を持っているので、日本国民である」と返答する(その返答それ自体は間違いでないけれども)。実際、大和民族は大坂なおみが日本語を一切話さなくても、彼女と意思疎通できなくても、アメリカ国民視点で運動するとしても、大和民族は何か変だと感じないらしい。

日本国籍≠日本国民

 大和民族の日本国民は「日本国籍を持っていれば、日本国民だ!」と主張するが、彼らは国家概念や国民が何であるかを認識していない。だから、彼らは日本国民的であるとはどういうことであるかすらわかっていない(実際、彼らは日本国民的であるとは何であるか?に回答できない)。例えば、朝鮮人が日本国籍を取得して、韓国国民的に振る舞うとしても、彼らは疑問に思わない。

大和民族は形式的な意味での日本国民であることと日本国民的であることの違いすら認識していない。だから、彼らは大坂なおみなどの日本国籍の保有者がアメリカ国民的に振る舞うとしても、彼らはその状態に疑問を覚えない。彼らは「日本国籍を持っていれば、日本国民だ!」と言ってしまう。

大和民族の日本国民は国家概念を持っていない状態を「寛容」や「リベラル」や「左翼」と感じている。しかし、その状態は未開であり、野生のホモ・サピエンスである。もしあるアメリカ国民がアラビア語を話して、ヒンドゥー教徒であり、パキスタン国民の視点で、生きるならば、誰も彼をアメリカ国民的であると感じないだろう。

具体例

 例えば、あるサッカー選手が存在する。その選手はサッカー選手として登録している。その選手は選手国籍という書類を所有している。この時、その選手はサッカー選手である。

けれども、もしその選手が試合中にサッカー選手的に振る舞わないならば(例えば、試合中にラグビーを実行する)、その時、誰もその選手を「サッカー選手的である」と感じないだろう。その選手は選手国籍という書類を所有しているので、形式的にはサッカー選手である。

日本国民の存在と状態と運動の順序

 ある人間が存在して、その人間が日本国籍を所有する。その時、その人間は日本国の中に “存在” するようになる。そのあと、その人間は自己の肉体を彼らの意志で運動させて、日本国民的であるように競技する。

その時、その人間の状態は日本国民的である。この順序は存在→運動→状態である。しかし、もしその人間が日本国的に振る舞うという契約を事前に結んだならば、その時、その人間は運動なしに日本国民的であるようにも思える。その場合は「存在→状態→運動」の順序である。

「運動→状態→存在」の場合は、ある人間が日本国民的に振る舞ってきた。その結果、その人間は日本国民的である。その後、その人間は日本国籍を取得して、日本国民である(になった)。

言語
広告
広告
押せ
押せ
広告
俺らについて