Elite(エリート)とは何か?〜ムハンマド・ビン・サルマーンとエリザベス・アレクサンドラ・メアリー・ウィンザー〜

言語
https://ja.wikipedia.org/wiki/ムハンマド・ビン・サルマーン
広告

 以下で、俺はエリートとその意味を提示する。大和民族は単語の意味を生得的に把握する能力を持たないホモ・サピエンスである。だから、彼らはエリートを勉強できる人間やお金持ちと誤解しているように見える。

広告

1章 Elite(エリート)〜正当な統治者〜

 俺の認識 Elite(エリート)とは、人間を統治する正当性を(ほぼ生得的に)持つ人間である。

 Elite(エリート)とは、人間を(ほぼ生得的に)統治する正当性を持つ人間である。Elite(エリート)とは、高い能力を持った人間でない。Elite(エリート)とは、お金を持つ人間でない。

1節 具体例(ムハンマド・ビン・サルマーン)

 上記の画像はサウジアラビアの王様である。エリートとは、彼のような人物である。なぜなら、彼はイスラム教徒やサウジアラビア人を統治する正当性を持っている。

俺はイスラム教に無知であるが、彼はイスラム教の聖典の中に登場する人物に関係している、またはその子孫である。だから、上記の王子様はイスラム教徒を統治する正当性を持っている。

イスラム教は一神教であるので、彼らの創造主がこの世界を創造した。その創造主は目的を持って、この世界をその意志で創造した。サウジアラビア人の王様は創造主によって「選ばれた」特別な人間である。だから、彼はイスラム教徒を統治する正当性を持っている。

2節 具体例(エリザベス女王)

 英国のエリザベス女王もまた本物のエリートである。なぜなら、彼女は英国を統治する正当性を持っている。彼女の先祖はゲルマン民族であるかもしれない。けれども、先祖の統治の正当性はキリスト教の創造主の目的や意志に関係するはずである。

ただし、彼女らの先祖はキリスト教における聖書の人物に無関係であるだろう。その意味では、サウジアラビアの王様はよりエリートである。

当然であるが、人間が他の人々を統治する時、その人間は統治の正当性を持つ必要がある。統治の正当性は人工的な概念であり、生物的な事実でない。だから、人間は創造主を信仰して、宗教を持ち、その正当性を獲得する必要がある。

2章 Elite(エリート)と能力

 俺の認識 Elite(エリート)とは、他人よりも高い能力を持った人間でない。

 Elite(エリート)とは、他人よりも高い能力を持った人間でない。大和民族の大部分はエリートを試験を通過して、選ばれた(誰に?)人間であると感じているように見える。エリートは統治の正当性を持つ人間であるので、彼らはエリートでない。

もしエリートが高い能力を持った人間であるならば、東洋人がサウジアラビアを統治する正当性を持つだろう。しかし、サウジ人の大部分はイスラム教徒ですらない東洋人による統治を絶対に受け入れない。その東洋人はイスラム教に改宗することなしに、彼らはサウジアラビア人を統治できないだろう。

たとえある東洋人がアインシュタインやニュートン程度に高い能力を持つとしても、その東洋人はイスラエルやサウジアラビアにおける統治の正当性を持たないので、サウジやイスラエルで統治者にはなり得ない。

3章 Elite(エリート)と創造主

 俺の認識 エリートはこの世界の創造主の意志や目的を託された人間である。

 コーカサス人種の社会では、エリートは創造主の目的や意志に密接に関係してきた。創造主は宇宙と物質と自然法則の組みという競技家(system)を創造した。そして、その創造主は統治の正当性をサウジの王様やエリザベス女王に与えた。だから、彼らはイスラム教徒やキリスト教徒を統治する正当性を持ってきた。

彼らはこの世界の”唯一”の創造主によって文字通り「選ばれた」人間である。だからこそ、彼らは全ての人間を統治する正当性を持っている。全てを創造した創造主が彼らを統治者として選択した。

タイトルとURLをコピーしました